厚生年金と国民年金の違いとは?手帳の色や番号についても解説

この手続きは会社がするものですから、自分で年金事務所などに出向く必要はありません。

9
出産や育児休業を取っている間、保険料の支払いは免除されますが、介護休業を取得したときは免除されないので注意しましょう。

【図解】よくわかる年金の仕組み(厚生年金・国民年金)|みんなの介護

国民年金の被保険者区分と、それぞれの納付方法は以下の表で確認してください。 該当する場合、「時効消滅不整合期間に係る特定期間該当届」(以下、「特定期間該当届」という)の記入・提出などの手続が必要となります。 また、被扶養者の収入が年間130万円を超えるようになり、扶養対象から外れたような場合にも、第3号被保険者からの切り替え手続きが必要となる。

9
しかし法改正により、2017年1月からは、企業年金に加入している会社員をはじめ、公務員や専業主婦なども加入できるようになっています。 【参考】厚生労働省「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」詳しくは 会社員だった期間が10年未満だと、厚生年金はもらえない? 老齢基礎年金は国民年金の加入期間が10年以上ある場合に、繰り上げ受給をしなかった場合、基本的に65歳から支給されるものです。

「厚生年金」加入期間と受給資格の関係とは?国民年金との関係も

第3号被保険者 納付する必要はありません。 そのためには本人、配偶者、世帯主の前年所得が、それぞれ一定の金額以下であることが条件になります。 国民年金を支払う人 原則では、日本に住んでいる人で20歳以上60歳未満の人が支払うことになっています。

11
またそれにより主婦・主夫の方が「第1号被保険者」となった場合は、本人が保険料を支払うことになります。 これは被用者年金の一元化に伴い、平成27年10月1日に厚生年金保険に統一されました。

国民年金と厚生年金の仕組みとは?|わかりやすくFP解説

国民年金基金• 企業年金 企業年金は、企業が通常の年金制度に上乗せして年金を支給するものであり、公的なものではなく民間の私的な年金制度です。 このことは「年金定期便」でも確認できるし、定期便で確認できない場合は、お近くの年金事務所に問い合わせることで自分の加入記録を確かめることができるので、該当しそうな人は一度ご確認されることをお勧めする。

16
一方、厚生年金は、会社に勤務する人や公務員などに加入が義務付けられている。

【厚生年金と国民年金の違いとは?】基礎知識から分かりやすく解説!|奈良県の賃貸なら【賃貸のマサキ】

年金は難しいからと放っておくのではなく、正しい仕組みや制度をしっかり理解して、将来、自分自身や家族が損をしないように備えることが大切です。

9
どちらの年金を受給するかは、病気や怪我で初めて医師に診てもらった際に加入していた年金制度に左右されます。

厚生年金と国民年金の切り替え手続き方法は?就職、退職時は要注意

それを裏付けるもう一つの根拠が、遺族厚生年金の年金額は「本人が受け取る予定だった年金額の4分の3を基準としている」ということからもわかる。 保険料は2. 退職日から14日以内に、居住地の市区町村役場の国民年金担当窓口で手続きをする。

13
扶養者が新たに厚生年金に加入する場合でも、すでに加入済みの場合でも同様である。

厚生年金と国民年金の切り替え手続き方法は?就職、退職時は要注意

そしてさらに大事な注意点は「老齢厚生年金の支給要件は、老齢基礎年金が受給できることという規定がある」ということである。 そのため、受給開始になるまで確定した数字はわかりません。 以下に3つを端的に説明します。

保険料の計算方法は、毎月の給与とボーナスに対して共通の保険料率を掛けて算出し、雇用主が半分を負担した額である• 平均標準報酬月額と加入期間から計算した厚生年金の金額は次の表の通りです。 第2号被保険者が国民年金 基礎年金 に加えて受け取ることのできる厚生年金の額は、以下の計算式で概算できます。

厚生年金と国民年金の違いとは?手帳の色や番号についても解説

厚生年金制度に加入するということは、国民年金に自動的に加入していることになる。 この手続きは自身で行う。

「厚生年金」は、「国民年金部分 + 報酬比例部分」から成り立っているからです。 「厚生年金」は、その国民年金に上乗せされて、会社員や公務員が受けられる年金のことです。

【厚生年金と国民年金の違いとは?】基礎知識から分かりやすく解説!|奈良県の賃貸なら【賃貸のマサキ】

厚生年金を例にとって見ると、現在(平成29年9月を最後に厚生年金保険料率は18. (2)「国民年金保険料還付請求書」に記入して年金事務所に提出 本人の場合は、振込を希望する口座情報を記入するだけです。

20
「国民年金」は日本に住んでいる20歳以上60歳未満の国民すべての人が入るもので、「厚生年金」とはその上乗せということになります。 また、 病気や事故によって家族を残して死亡したときは、 残された子供が18歳になるまで「遺族基礎年金」の支給を受けられる点も、国民年金の強みです。