迅速・簡便な新型コロナウイルス人工合成技術を開発(松浦研がCell Reportsに発表)

中国外務省スポークスマンは、世界保健機関(WHO)はコロナウイルスの人口合成という説を認めていないと示唆。 SARSウイルスはコウモリからハクビシンを媒介してヒトに感染したことが突き止められているため、今回の新型ウイルスもコウモリなど自然動物に由来するものだと考えられた。

8
「エイズ HIV ウイルスの配列との類似性があまりにも少なすぎて、遺伝物質の重要な交換があると結論付けることはできません」。

「新型コロナは人工ウイルス」と告発した中国人研究者の背後に、トランプ氏の元側近バノン氏の影あり(飯塚真紀子)

背後には、やはり政治的思惑があったのか? 米国時間9月15日夜、米フォックスニュースのタッカー・カールソン氏が司会を務める「タッカー・カールソン・トゥナイト」に、香港大学公共衛生学部のウイルス研究者で米国に亡命した閻麗夢(イェン・リーモン)博士が登場(下記の動画)、「新型コロナウイルスは自然由来ではなく、武漢ウイルス研究所で作られたもので、中国が意図的にウイルスをばらまいた」、「ウイルスの本来の性質は、中国共産党の抑圧のため、世界には明らかにされていない」などと告発して大きな注目を浴びた。

その中で何人が民衆の側に立っているのか? 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• ノンフィクション作家の河添恵子氏が迫った。

速報!共産党が認めた事実「新型肺炎ウイルスは人工合成の産物」|豊田 / ユアログ運営&ライフキャリア・エージェント|note

、このインドの「論文」なるものは、科学誌に掲載されたものではない。 この発表では、新型コロナウイルス SARS-CoV-2 のタンパク質のアミノ酸配列が、エイズウイスル VIH-1 のそれと「奇妙な類似性」があり、「偶然である可能性は低い」と言っている。 オニシェンコ氏は、が人為的に作られたり、操作された人工物であることを裏付けする証拠は一切ないとの考えを示している。

1
当初は武漢の海鮮市場で取引されていたコウモリがその発生源だとされたものの、後に最初の感染者は市場に出入りしていなかったことが判明し、さらには、そもそも同市場ではコウモリは扱われていなかったという報告まで出た。 ネットで拡散する記事の信憑性をチェックする組織は、日本のメディアにはないのだろうか。

検証:ノーベル賞受賞の仏ウイルス学者「コロナは武漢研究所の人工操作」発言をどうみるべきか(今井佐緒里)

イタリアや韓国で、感染者や死者が激増するなど、世界は「パンデミック(爆発的大流行)」直前といえそうだ。 さらに、共通したシーケンス(配列)が短いため、このリストすらそれほど重要ではないという。 まず、ヤン博士らは、「フューリン(Furin)切断部位という、ウイルスが人間の細胞に感染できるようにする部位は、他のコロナウイルスには見られないため、(人工的に)設計する必要がある」と主張しています。

7
上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 急性経口毒性試験、皮膚一次刺激性試験、皮膚感作性試験、変異原性試験をすべてクリアしたうえで、JNLS認定の試験機関で公正な試験を行っていなければ登録することのできないSIAAという狭き門をクリアしています。

いまだ蔓延る「新型コロナウイルス人工説」。世界の医師・研究者の見解は? « ハーバー・ビジネス・オンライン

ロバートソン博士の「ネイチャー・マイクロバイオロジー」の報告によると、新型コロナウイルスに最も近い既知の祖先である「RaTG13」と呼ばれるウイルスは、何十年にもわたってコウモリの群を循環してきました。 また、バノン氏自身も「中国政府が新型コロナの情報を隠蔽し、パンデミックが広がったことを問題視している人物がいる」と言及していた。

18
また、中国の外務省代表は、ウイルスの起源が研究所だとする情報には根拠がなく、この問題は政治家でなく専門家が研究すべきだと主張した。

やはり、新型コロナは人工ウィルスだった!?

中国の習近平国家主席は、被害が深刻な韓国とイタリア、イランの各首脳に「心からの見舞い」を伝える電報を送ったというが、初動対応の遅れは「人類に対する罪」ではないのか。

16
現在も名誉教授ではあるのだが。 2つのインタビューを視聴したが、本当かどうか疑うのに十分な内容だった。

“新型コロナウイルス 人工のものではない” 米情報機関が声明

この度、奈良県立医科大学 医学部 微生物感染症学講座において、世界で初めてナノダイヤモンド触媒による新型コロナウイルス SARS-CoV-2 の不活化効果を確認いたしました。 株式会社ダイヤニウムは、ウイルス・菌・有害物質から大切な人を守ことを使命としたナノダイヤモンド触媒のメーカーです。 また、米カリフォルニア州スクリプス研究所免疫学微生物学科教授クリスチャン・アンデルセン博士は、フューリン切断部位は、「組織培養で減少してしまう」「それでもおそらく人々に感染する可能性がありますが、効率ははるかに低いと思います」と指摘します。

17
2012年には、約40人のノーベル賞受賞者が、「彼は専門ではない分野で発言することによって、科学的および医学的な欺瞞をつみかさねている」と嘆願書に書いた。 本研究ではこのCPER法を新型コロナウイルスにも応用できないかと考えて研究を進めました。