岡田有希子の自殺の原因はいまだに不明ですが、遺書はサンミュージ...

あんな出来事はもう起きてほしくない。

1度目は「関係を噂された男性への一途な思いが遂げられない葛藤に悩んだ末の行動」。

岡田有希子の顔が変わった、2年間でまるで別人に

逝去2週間前に撮影された 『週刊ポスト』の表紙に掲載されるはずだった 微笑んでいるのに影をとらえた 決定的な写真。 しばらくすると外にいた 相澤から電話が入ったので、私が 隣室に移った。 学業と芸能活動を両立しながら日々、3時間程度の睡眠時間で殺人的過密スケジュールを熟していた娘の身体を御両親は心配して、揚句の果てに最愛の娘に先立たれたのですよ。

13
愛称はユッコ。

死から35年・岡田有希子さん 意外に知られていない「遺書の中身が明かされた1冊の本」 片岡 健 : デジタル鹿砦社通信

「あの時すぐに駆けつけてくれればこんなことは起きなかっただろう」と。 そうしたネガティブイメージのせいなのか、岡田有希子さんに関しても変な噂があるようです。

2
岡田有希子さんのプロフィールですが、本名は佐藤佳代さんと言って、1967年8月22日、愛知県一宮市に誕生しました。

岡田有希子の母親の死因は?遺書の相手は峰岸徹で内容は?

その隙に彼女はスウッといなくなってしまったのです」 引用: 岡田有希子さんは、この状況にもあるように、サンミュージックの元専務の福田時雄さんたちが病院に駆けつけると、傷の具合もたいしたことなかったので、本人の希望もあり、 四谷にある事務所へ連れて帰りました。 レンズを通して小さくなった目が なんとも可愛かった」 と回想している。

6
ですが、どうしても芸能人になりたかった岡田有希子さんは、猛勉強をして三つの条件をクリアすることになります。

岡田有希子の母親の死因は?遺書の相手は峰岸徹で内容は?

中学3年のときには、大阪城で開催された「ニコン 中・高生のためのカメラ教室」の写真モデルになったのでした。 1986年4月、18歳の人気アイドルの「岡田有希子」さんが飛び降り自殺を遂げました。

4
番組を見ないと何とも言えませんが、これも有名な話ですが岡田有希子さんの遺書は 「大事にサンミュージックが保管していた」とされていますから、その真相にも注目です。 「本当に恋心を寄せていた相手は、事務所の先輩・松田聖子の夫である神田正輝であり、峰岸徹はダミーだった」という説だ。

【真相】岡田有希子の遺書に峰岸徹の名前!自殺の新事実も総まとめ

しかし、実は既に松田聖子とも関係を持っており、 岡田有希子が自殺する前日の1986年4月7日に 聖子が妊娠していることを発表したのだ。 さらに、その子の父親が峰岸徹さんではないかとも。

17
遺書の内容には、峰岸徹さんにフラれたことや、「もう一度会いたかった……勝手なことをしてごめんなさい」と書かれていたそうです。

【真相】岡田有希子の遺書に峰岸徹の名前!自殺の新事実も総まとめ

峰岸さんは2008年に65歳で亡くなったが、いまだにその「峰岸ダミー・神田本命説」はネット上で流布し続けている。 そして、見事すべての条件をクリアし、本戦出場を果たしたのです。 ビルから投身という、あまりにもショッキングな方法でした。

4
そして本では、岡田さんの母・佐藤孝子さんが生前の岡田さんを振り返った長文の手記を寄せており、岡田さんの遺書の主要部分はその冒頭で次のように明かされている(以下、〈〉内は『岡田有希子 愛をください』より引用。

神田正輝と岡田有希子の接点とは?! 遺書に隠された真相がありえない!

いまだに伝説のアイドルとして扱われているだけに、想像もつきませんけどね。 デビューして2年数ヶ月間で岡田有希子は、急激に顔が変わった 高校生の時期の女性は、 成長とともに顔つきは 誰でも変化する時期だ。 神田正輝と岡田有希子の接点とは? そんな岡田有希子さんには、父親と母親の両親と姉が1人います。

13
そして遺書は彼女が病院に搬送された後に警察署員によって発見されました。