「辟易する」とはどんな意味?「辟易」の正しい読み方と使い方

わずらわしい 「相手の勢いに圧倒される、引きさがる」という意味では• うんざりする• また、嫌なことばかりでなく同じことが続いて飽き飽きしたようなときにも「嫌気がさす」もので、このようなときにも「うんざりする」「げんなりする」という表現の使用が可能です。 面と向かって、軽蔑する言動や態度を見せることをいいます。

要は「辟易する」と文中に出てきた場合は、「うんざりする」と置き換えても意味はほぼ同じですので、覚えておくとよいですね。 とかげは光線具合で色が変化するように見えることから「変わる」「変える」といった意味を持つようになりました。

「辟易する」の意味は「うんざりする」?正しい使い方と類語は?|語彙力.com

「倦怠」の使い方と例文 「倦怠感」とは「だるい、疲れたと感じる状態」のこと 「倦怠感」とは「倦怠を感じている状態」つまり、「だるい、疲れたと感じること」を意味します。 似た意味の言葉には、「身がすくむ」という表現もあります。 つまり、「辟易」とは、直訳すると「避けるために道を変える」という意味で、そこから「相手を恐れ逃げる」「たじろぐ」という意味でつかわれるようになったそうです。

「足がすくむ」も「辟易」の類語のひとつ 「辟易」には「うんざりすること」という意味のほかに、「相手の勢いに圧倒されてしりごみする」という意味もあります。

「倦怠」の意味は?「倦怠感」「倦怠期」など例文と類語・対義語

単に「疲れた」という意味で使うこともできれば、風邪症状など病的なだるさを指して「倦怠感」と使うことも可能です。

どうやら英単語の暗記は覚えるより忘れるほうが早いようで、ぼちぼち嫌気がさしてきた。

「辟易する」とはどんな意味?「辟易」の正しい読み方と使い方

「fatigue」には「疲労、疲れ」という意味が、「weary」にも「疲れた、疲労した」という意味があります。

19
「道を避けて場所を変える」という意味だったそうです。

「辟易する」とはどんな意味?「辟易」の正しい読み方と使い方

The rumor about the incident quickly spread throughout the town. 「倦怠」の類語と例文 「怠惰」の類語は「飽き飽きする・うんざりする」 「倦怠」と似た意味の表現は「飽き飽きする」「うんざりする」が挙げられます。

ほめたてる」です。 別の支配に明け渡す の意• また、相手の勢いに圧倒されるなどしてしりごみしたり、気後れしてためらったりすること、たじろぐことも「辟易」ということがあります。

「囃し立てる」の意味と恋愛での使い方、類語を例文付きでわかりやすく解説

(彼女はそのアイディアにすかさず飛びついた)• 「嫌気がさす」の逃避的な意味での使い方と例文• 「囃し立てる」の意味は「盛んにはやすこと」 「囃し立てる」の意味は「盛んにはやすこと」です。

単に「うんざりした気持ち」「嫌気」「ためらい」「気後れする心情」などといった意味として使う言葉です。

「辟易」の意味と語源とは?正しい使い方や類語も例文で解説

仕事において一時的に「嫌気がさす」ような状態になることは誰にでもあり、特別なことではありません。 この二字を重ねることで、「飽きて嫌になる」「だるい」という2通りの意味を持つ単語になっています。

3
「野次る」は当て字で、「彌次る」とも書きます。

「すかさず」とは?意味や使い方を類語を含めてご紹介

ただし、「囃」は常用漢字ではないため、「はやし立てる」と書くことが多いです。 飽きる• 「倦怠期」は結婚生活、恋愛に使うことが多い 「倦怠期」は、一般に結婚生活や恋愛関係において「飽きや慣れから(関係に)嫌気がさすこと」を意味します。 目まぐるしい都会生活に嫌気がさしたので、しばらく南の島で過ごすことにした。

9
なお「嫌気がさす」は、自分自身に対して使うこともできる応用範囲の広い言葉ですが、周囲にネガティブな印象を与えるため、使う相手やシーンに気を配る必要があります。