低用量ピルと併用禁止の薬について、医師が解説します。

市販薬やサプリメントは「何で作られていて、どのように服薬するか、服薬の際の注意点」など表記するように法で決められているので、できればパッケージ表記などを確認してから購入、服薬するようにしましょう。

イブプロフェンやロキソニンなどが飲んでも良い例として挙げられます。 子宮頸がんの発生には、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与しています。

ピルとバファリンの飲み合わせ|【CARADA 健康相談】 医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

しかし、HIVを含めたその他の性感染症リスクの増加とピル服用との間には関連は無いと報告されています。

13
この物質のほかにも、ピルのはたらきを妨げる物質が含まれていることがありますので、サプリメントとの飲み合わせの際には 各販売元にしっかり確認をするようにしてくださいね。 経口避妊薬そのものが発作を増悪させる可能性はありません。

低用量ピルとの併用や飲み合わせに注意が必要な薬や成分とは? 市販薬は併用できる?

適量摂取を心がけましょう。 アルコールは薬と同じ肝臓で分解されるため、低用量ピルとアルコールを一緒に摂ると、低用量ピルの分解が遅れてしまうため、低用量ピルの血中濃度が高くなってしまい、作用が強く出てきてしまうことがあります。

20
つまり、時間の経過と共にアフターピルの避妊効果が低下していく為、アフターピルを服用する上で一番大切な事は、出来るだけ早くアフターピルを服用する事です。

経口避妊薬と抗てんかん薬について

またバストアップ系のサプリメントでよく含有されている、女性ホルモンをよく似た働きをする「大豆イソフラボン」や「プエラリア」にも、女性ホルモンの過多によって体調を崩すケースがあるため、注意が必要だと話す医師もいます。

19
ビタミンCとピル併用には注意 美肌サプリの定番といえば ビタミンC。 ただし、低用量ピルと柑橘類全般の飲み合わせが悪いというわけではなく、レモンやかぼす、温州みかんなどは、低用量ピルの摂取前後に食べても特に問題はありません。

ピルとの飲み合わせ

低用量ピルとの併用が問題ない薬は? 市販の薬は、飲み薬でも塗り薬でも基本的に低用量ピルと併用して問題ないとされています。 モルヒネ(医療用麻薬)• 例えば、精神状態を安定させる セントジョンズワートはピルとの飲み合わせが悪いものです。 今回は一般的に注意が必要な成分を紹介しましたが、これ以外にも、体質によって組み合わせによる副作用が表れる可能性もあります。

そのほか、月経前の不快な症状を引き起こすや、月経過多やなど月経に伴う困難症状などを緩和することができます。

低用量ピルと飲み合わせ

どの漢方を選択すれば良いのかわからないという方はドラッグストアや薬局のスタッフに相談してみましょう。 そのビタミンCですが、ピルとの併用にはちょっと注意が必要そうです。 フルコナゾール・ボリコナゾール・イトラコナゾール(水虫やカンジダ症などの治療に使う抗真菌薬) など 併用すると併用した薬の効果が低下するもの 以下のような薬と低用量ピルを併用すると、併用した薬の効果が低下することがあります。

ご心配な場合には、産婦人科への受診をご検討ください。

ピルと風邪薬は飲み合わせてもいいの?飲み合わせが悪いものについても解説します!

担当医師や薬剤師にかならずピルを服薬していることを伝え、ピルへの影響を配慮した薬を処方してもらいましょう。 こちらも薬の作用が強くなりすぎて体に悪影響を与えることがあるため、併用には注意が必要です。 なお、現在乳がんに罹患している方は禁忌であり、乳がん家系の女性に対しては慎重投与になっています。

ヴィキラックス配合錠(C型肝炎の薬)• さらに、年齢と喫煙本数に比例してVTEリスクが上昇します。

低用量ピルとの併用や飲み合わせに注意が必要な薬や成分とは? 市販薬は併用できる?

ピルを服用すると、女性の体のホルモンのバランスは黄体ホルモンが優位な状態、つまり排卵後の状態になります。 スルフォンアミド系薬剤(やけどや膣炎の治療に使う抗菌薬)• またペランパネル、トピラマート、ラモトリギン、ルフィナミドは別な機序で経口避妊薬の濃度を低下させる場合があり、経口避妊薬の効果が減弱する可能性があります。

9
同じくバストアップサプリの「ピンキープラス」にはイソフラボンが含まれています。 アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬) 低用量ピルとの併用によって効果が弱くなってしまう薬 以下の薬は低用量ピルと併用することで、効果が弱くなってしまう可能性があります。

ピルとビタミンCなどのサプリメントの併用時の注意点 [美容サプリメント] All About

ペニシリン・テトラサイクリン系抗生物質 細菌を殺傷する効果を持つ抗生物質ですが、そのなかで、「ペニシリン系」と「テトラサイクリン系」のものはピルと併用してはいけません。 しかし、血栓症や乳がんのリスク、肝障害などの副作用が相次いで報告され、今度はエストロゲンの量が問題になりました。 ただし、医療機関で処方される薬の場合は、併用することで低用量ピルの効果が変化したり、併用した薬の効果が変化してしまったりする場合があります。

16
モルヒネ塩酸塩• ピルは、アセトアミノフェンの効果を半減させることが分かっていますので、併用は避けましょう。