ClariS素顔ライブの写真が到着

アニメ第2話において、すり傷から侵入した細菌から逃げている際に転倒したAE3803を助けた一般細胞は彼である。

この話は単行本第6巻に「特別編」として収録された。 (こうくうのねんまくさいぼう) 声 - 斎藤寛仁 出張版に登場。

はたらく細胞BLACK

第3話で初登場。 劇中ではモンスターや怪人として描かれる。

16
(マラセチアきん) を出し、肌荒れとニオイの原因になる。

ClariS素顔ライブの写真が到着

血小板たちの活動を主軸とした日常系4コマ漫画。 (ふくこうかんしんけい) 自律神経の一種で、身体の鎮静を担う。 悪玉菌の勢力拡大に勤しむ一方、宿主のことも少なからず心配している。

10
(かのうレンサきゅうきん) 声 - レンサ球菌の一種。

ClariS素顔ライブの写真が到着

細菌に敗れれば死亡し膿となる。

20
2020年9月23日発売 、• 服装などが違う(帽子が無い、色が異なる)• 読切版でも主人公を務めている。

はたらく細胞BLACK

『アクリルキーホルダー付き特装版』 同日発売 、• 2019年6月7日発売 、• によって運ばれる。

20
白血球(2145) 右目が髪で隠れた好中球。 第26話では1146番を介さず、単独でAE3803と交流する様子が描かれている。

ClariS素顔ライブの写真が到着

キラーT細胞・単球・マクロファージは複数個体のチームで登場することが多いが、それ以外の免疫細胞はほとんどの場合単体で登場しており、主要キャラクター以外の個体が登場することは稀である。 具体的にどの細胞かは明記されていない。 腸炎ビブリオとほぼ同時に来襲し、胃壁を食い破って大暴れするが、好酸球に撃破される。

第19話では、をおびき寄せるためのに仲間のB細胞が複数登場している。

ClariS素顔ライブの写真が到着

それにより同細胞だが別の性格のキャラクターが登場するほか、第1部とは別の健康問題を扱う。

4
のような格好。

はたらく細胞BLACK

頭部の損傷による出血性ショックの際に、他のメンバーに対応を求められた長官が体内に「緊急事態」を宣言し発令した。 容赦なのない可愛い子達が一生懸命、体の修復をしていると思うと、感無量ですね。 2021年1月13日発売 、• じとめちゃん 見習い血小板。

細胞に寿命がある• 白血球に寿命を告げ、脾臓へ案内する。 コマの中に英語に訳したセリフを、コマの外に元の日本語を記している。

はたらく細胞BLACK

3104の長い髪を三つ編みにするなども上手。 制服は「KILL」と書かれた黒い帽子と黒い半袖長ズボンの作業着 で、サングラスを掛けたり、黒い戦闘用ヘルメットや防護服を着用した個体も確認できる。 血球・免疫細胞・一般細胞以外はほとんどが単発登場のゲストキャラクターである。

1
音楽プロデューサー - 山内真治• 普段はにこやかで優しいが、訓練開始と同時に鬼の形相で赤芽球たちを追いかけ回した。 その中では数十兆個もの細胞が年中無休で働いている。