地方公務員災害補償法

地方公務員法28条(降任、免職、休職等) 2項「職員が、左の各号の一に該当する場合においては、その意に反してこれを休職することができる。 この著作物は、日本国10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、の状態にあります。

4
2 前項の任命権者は、同項に規定する権限の一部をその補助機関たる上級の地方公務員に委任することができる。 )に適用する。

地方公務員法

(競争試験の目的及び方法) 第二十条 競争試験は、職務遂行の能力を有するかどうかを正確に判定することをもつてその目的とする。

16
4 この法律の施行の際現に係属している訴訟の管轄については、当該管轄を専属管轄とする旨のこの法律による改正後の規定にかかわらず、なお従前の例による。

地方公務員法

)、第56条第1項の改正規定、同条第2項の改正規定 (「満12才」を「満13歳」に改める部分に限る。

9
4 公平委員会を置く地方公共団体は、議会の議決を経て定める規約により、公平委員会を置く他の地方公共団体と共同して公平委員会を置き、又は他の地方公共団体の人事委員会に委託して次条第二項に規定する公平委員会の事務を処理させることができる。 5 人事委員会又は公平委員会は、登録を申請した職員団体が前三項の規定に適合するものであるときは、条例で定めるところにより、規約及び第一項に規定する申請書の記載事項を登録し、当該職員団体にその旨を通知しなければならない。

地方公務員等共済組合法

6 人事委員会又は公平委員会は、人事行政に関する技術的及び専門的な知識、資料その他の便宜の授受のため、国又は他の地方公共団体の機関との間に協定を結ぶことができる。 4 前項に規定する訴願等で、この法律の施行後は行政不服審査法による不服申立てをすることができることとなる処分に係るものは、同法以外の法律の適用については、行政不服審査法による不服申立てとみなす。

1
13 地方自治法第二百四条から第二百六条までの規定は、常勤の人事委員会の委員に、同法第二百三条及び第二百六条の規定は、非常勤の人事委員会の委員及び公平委員会の委員に準用する。 以下同じ。

地方公務員法|条文|法令リード

)の副学長、学部長その他政令で指定する部局の長をいう。 2 この法律の施行の際現に存する旧法第五十三条第一項の規定により登録を受けた職員団体で前項の規定による登録の申請をしないものの取扱いについては、この法律の施行の日から起算して三月を経過するまでの間、同項の規定による登録の申請をしたものの取扱いについては、同項の規定により登録をした旨又はしない旨の通知を受けるまでの間は、なお従前の例による。 以下この条 (第7項を除く。

16
第五章 大学院修学休業 (大学院修学休業の許可及びその要件等) 第二十六条 公立の小学校等の主幹教諭、指導教諭、教諭、養護教諭、栄養教諭、主幹保育教諭、指導保育教諭、保育教諭又は講師(以下「主幹教諭等」という。 戒告と訓告 (2009年05月20日 朝刊) 戒告は 地方公務員法上、免職、停職、減給に次ぐ懲戒処分の一つ。

地方公務員法|条文|法令リード

4 採用候補者名簿又は昇任候補者名簿に記載された者の数が人事委員会の提示すべき志望者の数よりも少いときは、人事委員会は、他の最も適当な採用候補者名簿又は昇任候補者名簿に記載された者を加えて提示することを妨げない。

9
以下同じ。 雇用保険法等の一部を改正する法律• (任命権者) 第十条 大学の学長、教員及び部局長の任用、免職、休職、復職、退職及び懲戒処分は、学長の申出に基づいて、任命権者が行う。