熊本弁一覧

時代は昭和の初め。 「ぐすと」=とても、めいっぱい(ぐすと押さんの!=めいっぱい押しなさい!)• 「あんパンば下さい」は「あん入り」パンか?それとも「あの」パンなのか?(投稿) あ あんまし あまり,それほど 「あまり」の撥音化した「あんまり」が更に音変化。 「しょんなか」=しょうがない• 「ごうほ」=とても大きい、とても太い• 13 とあり、一部地域で使われているため、現在では方言と とらえられているようです。

13
「げんしょんかな(ゎ)ん」=大変困り果てる、どうにもお手上げである• 「西の家に女の子、東の家に男の子が産まれ、西の家では三味線や歌でお祝いをしていたため幸をつけてきた。 【解説】ひもじい、空腹だという意味。

ひもじいの意味と語源、方言ではない

「ウツ+動詞」は多い,動詞を強調する接頭語。 「たぎらかす」=沸かす、沸騰させる• そういえば、京都のあるデパートでは、お客様に 聞こえる声で「トイレに行く」とは言いにくいので隠 語が用意されていて、「サンサン」と言うと、トイレの ことだと聞いた事があります。

1
イッパイコッパイ,イッペコッペとも い いっぺんたくりん 一度にまとめて イッペンタクリンに言うケン分からんタイ(一度にまとめて言うので分からないよ) イッショクタンとも い いとしか 気が強い イトシカおなごバイ(気が強い女性だよ) 共通語「いとしい」は「かわいい」,「可愛い」と「気が強い」関連は? い いなう かつぐ,になう イナウは天秤(てんびん)棒を用いて運ぶもので,カタグル(カタゲル)は肩に乗せて運ぶ場合に使うとも い いぬる 行く,帰る そろそろ イヌロカ(そろそろ帰ろうか) 「居なくなる」からか? 飲んだ時,よく口にした友が懐かしい い いばしか 威勢(いせい)がいい,凄(すご)い 荒っぽい,いかついイメージ。

「心がひもじい」とは?意味や類語!表現の使い方

会話がはずむこと間違いありません。 。 イロク,ヒアガルとも い いんね いや(否),違う イヤ,インヤ,インニャ,ウンネ,ウンニャ,ンニャ,ンネなども い いんのくそ ものもらい,麦粒腫 まぶたの一部が赤くはれる病気。

6
アンしたエシャクのヨカばい(あの人は愛嬌があって人当たりがいいよ) え えしれんこつ つまらない事,分からない事 エシレンコツあ シナスな(つまらないことはしないよ)(投稿) 「得知れん(得体の知れない)こと」から? え えずか,えじい 怖い,気味が悪い あんシはエズカ(エジイ)ばい(あの人は怖いよ 他にエスカ(県北)やオジー(阿蘇)を使う地域も え えだ 腕(うで) エダん痛ウしてオコナエン(腕が痛くて仕方ない) 枝みたいな手足から,関西では足をエダというらしい(投稿) え えぼし 鶏(にわとり)のトサカ 普通の意味の外,鶏のトサカ(鶏冠)のことを県北ではエボシ,県南ではカブトと言う え えらしこ たくさん,ひどく エラシコおごられた(ひどく怒られた) エライシコとも,エライシコがエラシコに。 「こけ」「そけ」「あすけ」「どけ」=ここ、そこ、あそこ、どこ• 方言とされる由来 「ひだるい」は徳島や兵庫県北部でも よく使われているほか、佐賀や熊本では 「ひだるか」として「ひもじい」の意味で用 いられている。

熊本弁一覧

「かたす」=参加させる(かたしてー!=さんかさせてー!)• 特徴的なのが「閉める」の意味で「堰き止める」からか セセル いじる、触(さわ)る ソラ セセランデ(それは触らないで)、セセグル、セセクリマワスとも セビラカス からかう、じらす ソギャン セビラカスナ(そんなに からかわないで) 赤ん坊や子供に対して ゾータン 冗談、デタラメ ゾータンノゴツ(冗談だろう、冗談じゃない) 動詞はゾウクル ソーニャ 大変、とても ソーニャ ウマカバイ(とても美味しいです)、ソウナとも、玉名では「ソーン」とも ゾウクル ふざける、からかう ヒトバ ゾウクット イカンバイ(他人を馬鹿にしたらだめだよ) ソウヨ、ソウヨウ 全部、みんな ソウヨ持ッテイキナッセ(全部持っていきなさい) 総容 ソストシャガ そうすると ソストシャガ良カロ(そうすると良いだろう) ストシャガ(スットシャガ)とも ソズル、ソゼル 傷む、古くなる ソギャンコツ(ッ)スッと畳がソズロゥが(そんな事をすると畳が傷むじゃないか)他動詞はソザス ソネクリカヤル 反り返る ソネクリカヤルとも。

3
オヒメサンのデケタごたる(ものもらいができたようだ) インノクソとも お おむか 重い こらオムカ,ヒトッじゃ抱えキランばい(これは重い,一人では抱え切れないよ) オモカとも お おもさん 思う存分,たくさん オモサン 食べちハイヨ(思う存分食べて下さい) 「思うしこ」「思う様」から(?)「重さん」じゃないよ お おゆる 生える/植える 草ンいっぴゃオエとる(草がいっぱい生えている) 松ばオエたバイ(松を植えたよ) お おらす 居られる 一般的には敬意が低いようだが,敬意を高くみる地域も 「先生がオラシタ」は使えない地域が多い お おる 私(男)/居る オルがオルばってんダルモこん(私が居るけど誰も来ない) 居るの敬語「オンナハル」の短縮形疑問文「オンナッカ?」が「女か?」と笑い話にも(投稿) オンナサルカは「女猿か」 お おるげんと 私の家の オル(私)+ゲ(の家)+ント(の物)ですが,外国語みたい (投稿) 「あなたの家の」はアタゲントやワルゲント お おろ 少し,完全でない オロ痛うなった(少し痛みが減った),オロ甘か(余り甘くない) 「少しは」という意味を付加する半否定かつ半肯定の接頭語 お おろよか 良くない,新しくはない こらオロヨカばい(これはあまり良くないよ}「オロ」は少量の良さを付加。

「ひもじい」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

鹿児島弁検定は鹿児島弁のすばらしさを多くの人に再認識してもらうとともに、受験することで鹿児島弁の温かさ、おもしろさを学びながら次世代に継承していくことを目的として開催されます。

18
「ひもじい」という言葉はどのような語源があるのでしょうか。 明治以降は教科書にも載り全国共通語になりましたが、現在では日常会話で「ひもじい」を使う人は、ほとんど消滅したでしょう。

「ひもじい」とは?意味や類語!「貧乏」との違い

ソシコ,コシコ,ドシコも あ 足のはら 足の裏 足のハラばアルーテかる上ガンなっせ(足の裏を洗ってから上がりなさい) 足指を頭や手とすれば足の腹? あ あすなさ 明日の朝 あすのあさ(ASUNOASA)が長ったらしいので,連続母音を詰めて(Oが抜け)ASUNASA(あすなさ)に あ あせぐる かき回す そぎゃんアセグランでちゃヨカ(そんなにかき回さなくてもいい) アセル+強意のグル。 もともと『ひだるし』と言ったのを、その頭文字の『ひ』を取って『ひ文字』と言った。

17
自らの決断を促す自問の掛け声 え えしゃくのよか 愛想がいい 愛嬌があって人当たりが良い。 [かーかーしー]・・・ひもじい、意地汚い 「昼時だんて かーかーしく なってきた」 [がらい] ・・・つい、うっかり、すっかり (東部地方でも使用) (ひもじいの?目に力がないよ) 3)そがんかつれごんごつ食べんでちゃ。

ひもじいという言葉の意味は?実は誤解されやすい正しい使い方

「みみる」=聞こえる (「みみらんばい」=聞こえないよ)• 頭ン毛ンウズク(名前をどうしても思い出せない。 「~でん」「~どん」=~でも(めしどん食おうか=めしでも食おうか)• 女房言葉とは「中世女性語」ともいいます。 文字詞とは、物の名を直接言うことを避け単語の語頭音節だけを残しているものです。

2
「どんこんこんこん」=どうにもこうにも• 「ひだるい」ってなに? 聞いたことない人もいると思いますが、「ひだるい」というのはおなかが空いて体を動かすのもつらい状況を表した言葉です。 「だけんね」「そいけんさい」=だからね(理解されていない時にさらに詳しい説明など)• 「おせこせなる」=あれこれ忙しい• 朝鮮語ではkom、関連は? コマンチョカ 小さい、(背が)低い 単なる「小さい」以外に、「縦に小さい、背が低い」の意味があるのが特徴、コマンカやコマカとも コヤラシカ 可愛らしい,愛らしい 小さなものや子どもに対して使う コルモン 沢庵漬け コンコルモンナ コリコリシテウマカ(この沢庵はコリコリしていて美味い) サ行 サカタクリ 反対に、逆さまに サカタクリヤラレタ(逆にやられた) サカタクリン(真っ逆さま)も サシヨリ とりあえず、当面 サシヨリ コルバ着ヨンナッセ(とりあえず これを着ておきなさい) サス (花が)咲く シガンバナンサシトル(ヒガンバナの花が咲いている) サイトルはシャアトルとも ザゼマメ 大豆の甘辛煮 大豆を醤油と砂糖で甘辛く煮たもの、「座禅豆」から サヅル、サデル かき集める アルシコサデチキタ(あるだけ全部かき集めてきた) サデ集ムル、サデ寄スルも サデヨスル かき集める(強調) サデ:サデコクル、サデマワス、サデクリカヤル、サデクリオチル サバケン (仕事が)はかどらない イッチョンサバケンオソナルバイ(全く仕事がはかどらないので遅くなるよ) サブクルル 錆びる サブクレチシモトルバイ(錆びてしまっているよ) 名詞はサブクレ ザマーニャー 見っともない、見掛け倒し 太カバッカシデ ザマーニャーナ(大きいだけで見掛け倒しだね)。

「心がひもじい」とは?意味や類語!表現の使い方

ひもじいの意味と語源、方言ではない 🌭 「御目にかかる」の「おめ」+文字• では、なぜ方言だと認識されるのでしょうか。 「けそけそする」=そわそわする、落ち着きが無い• でも 「貧乏」にまでイメージを膨らませるということは、逆に想像力が豊かということかも? 入社2年目の N アナウンサー に、 「『ひもじい』の意味を知ってる?」 と聞くと、即座に、 「空腹で死にそうなくらい」 と答えた後に、続けて、 「貧乏、貧しい」 と付け加えました!やっぱり!正解を言うと、 「そうなんですか!?」 と言っていました。 まず 「女房詞」(御所言葉)の説明からしなくてはなりませんね。

4
現在位置: サイト内検索 Google 方言 ら行 あ行 「あ」 方言 意味 あご 饒舌家、多弁家 荒けねえ 乱暴な、厳しいこと あわつる あわてる あてんぼう あて推量 あらかた だいたい あぶら ガソリン 「い」 方言 意味 いぬる 帰る いくち 行くそうです いうちょる 言っている いっちょん 少しも 「う」 方言 意味 うちんがた 私の家 うっさい まずい うらめしい きたない うてあう 相手になる、かかりあう うたう 死ぬ、敗ける うんと たくさん 「え」 方言 意味 えずい こわい 「お」 方言 意味 おごる 叱る、供応する おらぶ 叫ぶ おろいい いやしい、下等な ら行 か行 「か」 方言 意味 がと ほど かぎる ひっかく からう 背負う ~がた ~の家 「き」 方言 意味 きにょう 昨日 き から きばる 精を出す きびる 束ねる、くくる ぎょうらしい おおげさな、やかましい、騒々しい きょそきょそ 落付かない きさん あなた 「く」 方言 意味 ぐらぐらする 腹が立つ、気分をこわす くらす なぐる、叩く くんない 下さい くるる くれる、やる 「け」 方言 意味 げさくない 下品な げな だそうだ けそけそ 落着きのない様子 げってん 偏屈 げっそり がっかり 「こ」 方言 意味 こしい こすい こそばいい くすぐったい こまい 小さい こらいい 許してくれ ごてえしん 不精者 こぎる 値切る ごねる 死ぬ、意地を張る こしい けちんぼ ごて 身体 ごっちん 固い炊きそこないの飯 こまめる (小さいお金に)両替する ら行 た行 「た」 方言 意味 たち 性格 たいらく 我儘放題 だらしい だるい たくる まくりあげる たまがる おどろく 「つ」 方言 意味 つまらん おもしろくない、駄目 つぶす とじる つえる つぶれる つやつける かっこつける 「て」 方言 意味 てんくら うそ、おおげさ、ひたい てれっと ぼんやりと てえことまわす 手こずる てれんぼれん のらりくらり てれさく ボャーとしている人 「と」 方言 意味 どげん どんな、どう どまぐれ なまけもの どべ 最後 とっぺん 頂上 とんぴんはる 調子にのる ら行 な行 「な」 方言 意味 なし なぜ なおる 座につく なぐるる 仕事にあぶれる なんかかる 寄りかかる なば きのこ 「に」 方言 意味 にくじ 故意、いたずら、意地悪 「ね」 方言 意味 ねぶる なめる 「の」 方言 意味 のおなる なくなる ら行 は行 「は」 方言 意味 はさかる 挟ます はらかく 腹を立てる ばたばた さっと ばたぐるう じたばたする ばてる つかれる はがいい くやしい はわく (ホウキなどで)掃く 「ひ」 方言 意味 びきたん かえる びったれ だらしない ひもじい 腹がすく ひょくらかす からかう ひっぱり 親せき ひらくち まむし ひちくでえ 同じことを繰り返す ひょこっと 思いがけず、突然、だし抜け ひねきる つねる 「ふ」. 「じご」=内臓、わた。