岸辺の旅

優介が新聞配達の仕事をしていた時に世話になった島影を訪ねます。 積んで置く状態だった作品に、やっと目を通した。 ヘアメイク - 細川昌子• 見どころ 『アカルイミライ』がパルムドールにノミネートされた経験もある黒沢清監督が、湯本香樹実が2010年に上梓した小説を映画化。

口調も態度も往時と変わらない彼に、すでに死んだ身だと説明され混乱する瑞希だが、思い出の地をめぐる旅に出ようと持ち掛けられ、そのことばに従う。

岸辺の旅

音響効果 - 伊藤瑞樹• いつでも読める、内容は予想がついている、楽しい話ではない、といったことが分かっているときに、私の「直ぐにやらない脳」が発出する。 第37回(2016年)• ちなみに2003年に製作された『アカルイミライ』は第56回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式に招待されている。

5
だから観客は「何かおかしい」という違和感を伴うビジョンに敏感になり、誰が幽霊なのか分からない不安感で胸が苦しくなるのです。 瑞希は、優介がいなくなってから優介を偲ぶ手がかりになればと優介の恋人の朋子に会ったりもして、瑞希は朋子にはわだかまりはありませんでしたが、優介の魂に朋子の話をすると、優介の魂は、「あの人も……朋子さんのことだが、親との関係が複雑でね」と告げてきたりしていました。

岸辺の旅(映画)結末を解説!ゆうすけの病気や死因とは?最後のエンディングの評判についても

出来事と出来事の境目は曖昧で、何かを表す描写も時にひどく迂遠な印象を受けます。

18
最優秀女優賞(蒼井優、『』『』と合わせて受賞。

岸辺の旅のあらすじ/作品解説

Contents• 星谷は義娘・薫と薫の息子・良太と3人で暮らしていました。 大好きな白玉を用意すると優介が3年振りに戻ってきます。

12
2人は、夫が戻ってくるためにたどった道を、さかのぼる旅へ出る。

岸辺の旅 あらすじ ネタバレ

何もかも忘れて、今日を今日一日のためだけに使いきる。 海の底で蟹に食われたから探しても見付からないよ」 病気だった優介に気付いてあげられなかった瑞希はそれでも良いから消えないでと抱きしめると、三年間の旅路を辿る旅に出ないかと誘われます。

2015年5月18日閲覧。

岸辺の旅 (2014):あらすじ・キャスト・動画など作品情報|シネマトゥデイ

3年間失踪していた夫が当然帰ってきて、いきなり自分は死んでいると告げ、そして妻を「きれいなところがあるんだ」と言って旅に誘って、失踪中に関わった人たちのところに妻を連れていく・・・。

19
でも、観てみたらいつもの黒沢清でした。 優介は私塾を開いており、宇宙の話などを聞かせていたのでした。

岸辺の旅(映画)結末を解説!ゆうすけの病気や死因とは?最後のエンディングの評判についても

失踪した夫・優介をずっと探していて人と笑顔で接する事ができなく … 「岸辺のアルバム(漫画)」あらすじと結末のネタバレ. 妻でピアノ教師の瑞希(深津絵里)は夫の帰りを待ち続けていました。

7
…瑞希が目を覚ますと、あたりは夜になっていて、優介の姿はなかった。 「いのちの停車場」 C 2021「いのちの停車場」製作委員会. ほか「フラガール」の蒼井優、バレエ・ダンサーの首藤康之、「カンゾー先生」の柄本明らが出演。

岸辺の旅/湯本香樹実のあらすじと読書感想文

義務なんだ」 その夜、瑞希は優介と同衾しようとしたが、断られてしまった。 「お経じゃないよ。 プロデューサー - 松田広子、押田興将• 観終わった後には、いろんなことを考えさせられる…そんな映画になりそうですね。

「ちゃんと、あやまりたかったんだ」 瑞希「行かないで」 「みっちゃん、とどまってるのはもう限界だと思う」 2人は流木に腰かけて、空を見ながら優介が持ってきた熱いコーヒーを飲む。

岸辺の旅 (2014):あらすじ・キャスト・動画など作品情報|シネマトゥデイ

本作でのある視点部門で日本人初となる監督賞を受賞したことからもわかるように、黒沢清監督は「独自で特異な」作品を世に送り出している。 ベストテン・6位• 「本当は適当なこと言っただけなんだ。 一方で、「家に帰ろう」「ずっと旅を続けよう」「行かないで」と訴え続ける瑞希の声をずっとスルーして、見知らぬ土地まで連れてきたあげくすっと消えてしまう優介はただ自己中心的な行動をしていただけにも見えるような…。

5
そして彼らは、旅の終わりの場所にやって来た。