謎が深まる新型コロナウイルスの真相

新型ウイルス最初の感染者といわれる、武漢病毒研究所の黄燕珍氏も行方不明という情報もある。 人類は何万年もの間、こうした感染症とつきあってきた。 他にもインドのデリー大学、インド理工学院の研究者たちが「2019新型コロナウイルスのスパイクタンパク質に含まれる独特の挿入配列と、エイズウイルスのHIV-1 dp120、Gagタンパク質との間で見られる奇妙な相似性」という研究論文を発表(ただしバッシングを浴び2日後に削除)。

17
その際、石氏は1000近くもの極秘書類を持って保護を要請した」という。

新型コロナウイルスは「中国人のDNA」を狙った生物兵器だった!? 真相と米国の思惑…ジェームズ斉藤が徹底解説!

massive MIMOでは、100本以上のアンテナを組み込んで通信を行う見込みです。 成立したスーパーシティ法案の問題点と法成立後の課題。 首都の中心部は、身動きできないほどの市民たちが抗議の行進をしている。

4
新型コロナウイルスの遺伝子は検出されるが、新型コロナウイルスは分離されてないし、肺炎や酸欠、血栓症などの症状が発症していることも確かめられてないので、コッホの四原則により新型コロナウイルス自体が確認にされていない。

新型コロナウイルス騒動の真相を医学、科学的にほぼ完全解明、スーパーシティの危険性|坂崎文明|note

コロナウィルスは中国人のDNAの特徴を突いた生物兵器である可能性が高く、 非中国人で感染した人はもともと中国人のDNAを持っている可能性があるという情報も入ってきています。 どうやらこうした状況を見てみると、新型コロナウイルスの発生源が中国であろうが米国であろうが、 いまの米国はトランプ大統領が馬鹿にしている中国政府に、なめられた状況に陥っていることは確かのようである。 1月16日に閻氏再び自分の発見を責任者に報告した。

17
19年9月、Global Preparedness Monitoring Boardでは「危機に直面する世界」と題する報告書を作成。

コロナの真実・真相を探求 コロナウイルスは存在しない!?

新型コロナウイルスの遺伝子は検出されるが、新型コロナウイルスは分離されてないし、肺炎や酸欠、血栓症などの症状が発症していることも確かめられてないので、コッホの四原則により新型コロナウイルス自体が確認にされていない。 コロナパンデミックは、まさに壮大なるペテンだったからだ。 私たちは至近距離から指向性のある強い電磁放射線を浴びる危険性があるということです。

5
子宮頸がんワクチンの全身麻痺や痙攣が止まらないなどの被害が、何百倍もの規模で発生します。

コロナの真実・真相を探求 コロナウイルスは存在しない!?

それによると「武漢にあるウィルス研究所の研究員である石正麗氏が家族と共に、フランスのアメリカ大使館に亡命。

ポンペオ氏も「中国に責任を取ってもらう」とも語り、中国への追及を強める立場を改めて表明した。 そのなかで世界的なパンデミックを予測し、「ロックダウンと経済の崩壊により独裁的な支配体制が誕生する」と分析。

コロナウイルスの真相 裏側②

これ証拠になるので残しておきます。

13
TVによる洗脳効果があるうちに、例えばワクチンで一儲けしよう・・・などといったことは考えられます。 他にもインフルエンザや梅毒など他のウイルスでも陽性反応が出てしまう可能性があるのです。