初心者マークの正しい位置|前後の貼り付ける場所をチェック

車両前後の見えやすい位置に貼り付けられていれば、特に左右の縛りはありません。

なので、月に1度くらいを目安に、ときどき剥がして、マグネットと塗装がくっついてしまわないようにすると良いですよ。 『初心運転者に対する罰則』と『を表示して運転している運転者の周囲を運転していた運転者に対する罰則』の2種類があります。

初心者マークの正しい位置|前後の貼り付ける場所をチェック

また、貼る高さに関しても指定があり、 『地上0. 前後に一枚ずつ• 貼っていい位置と貼ってはいけない位置が決められていて、間違った位置に貼ってしまうと、警察から取締りにより罰則が科される場合もあるので注意が必要です。 逆に初心者マークを貼り続けてもいいのか 中には期間を過ぎてもなお、全く運転していなかった人やまだ運転に慣れていないという人もいると思います。 初心者マークを手にした皆さんなら既に知っている内容かもしれませんが、 初心者マークを付ける位置は実は法律で決められているのです。

初心者マークには周囲の車に注意を促すという大切な役割があります。 これらは法令で「貼っていいもの」として定義されているから、貼っていいんです。

【初心者マーク】貼り付け位置・掲示義務ルールを解説!

なお、もみじマークを表示している車に幅寄せや割り込みなどの行為を行った場合も、初心者マークの場合と同じく道路交通法で罰せられます。 1年間使えば役目を終えますので、どの商品を買っても問題ありません。 例えば、ペーパードライバーで免許取得から1年以上経ってるけど、運転が不安だから初心者マークを貼っておく、というのはダメではありません。

14
ペーパードライバーをはじめとする運転に不慣れで自身がない方が初心者マークをつけているケースもあります。 「どこに貼ればいいか分からない」という方は、基本的にはボンネットに貼っておけば大丈夫な可能性が高いです。

前と後ろの初心者マークを貼る位置。フロントガラスに吸盤は違反?

初心者マークには主にマグネットタイプと吸盤タイプ、貼って剥がせるタイプの3種類があります。 結論的には、 『運転に自信が無ければ免許取得から1年以上経過していても付けて問題ない』という事になるようです。 まずは、吸盤タイプについての注意点です。

2
ヘッドライトやブレーキランプなどの灯火類 前面の側面ガラスに貼り付けてはいけない理由として、 「運転時の視界を妨げる」というものが挙げられます。

初心者マークの位置ってどこ?フロントガラスに吸盤はダメ?

それは、ボンネットがアルミなど磁石に反応しない素材でできている場合、初心者マークがボンネットにくっつかないのです。 ただ、マグネット式は跡が残ることがあるので、それだけが難点です。 高さに気を付けるようにしましょう。

11
本来なら保護義務のない相手に対して 虚偽の表示をすることにより何らかの利を得ようとする恥ずべき行為なのでは?. 貼ってあっても、後ろの車から見えなきゃ意味ないですからね。 この中には含まれていません。

【必見】初心者マークの位置って…

なお、初心者マークをつけている車両であっても、表示の義務期間が終わっている者が運転している場合には、初心運転者等保護義務の対象外です 幅寄せや割込みをされたとしても相手が違反で罰せられることはない。 正しい位置と正しい期間、初心者マークを表示して安全運転を心掛けてください!• そこで貼ってなかったりすると、「貼ってないねー」ってことになり、青キップを切られることになります。

19
違反内容は、• しかし、初心者マークはこれに含まれていません。 2m以下の位置で、なおかつ車体の前面と後方、どちらも見やすい位置となっています。

初心者マークの基礎知識まとめ|貼り付ける位置や掲示義務期間について徹底解説

初心者にありがちなのが、不安定な運転です。

9
2メートル以下の見やすい位置に表示してください」 初心者マークは交通全体の安全を確保するために開発されたものであるため、 該当する際は前後2か所へ貼り周りに知らせる義務があるのです。

初心者マークを貼る正しい位置って?フロントガラスに貼ると違反になることも!

周囲から見えやすい正しい位置に貼りつけて、安心できる状態での運転を心がけましょう。

16
生活スタイルが変わって、今年免許を取得された方も多いはず。

初心者マークの正しい位置|前後の貼り付ける場所をチェック

初心者マークは義務 まず、最初に言っておきたいのが初心者マークの表示は「義務」です。 事故に繋がる可能性を考えたら、確かにそうなんですけどね。 ごく稀に、初心者マークの形状で塗装が剥がれている車を見かけます。

11
また、 気温の高い夏場はマグネットが塗装にくっつきやすいので、運転しない時は剥がしておくなど、気を付けた方が良いですね。 ちなみに、自家用車だけではなく、タクシーなどの営業車に関しても表示義務があります。