時候の挨拶 2月(如月:きさらぎ)

(ご壮健にてお過ごしのことと存じます)。 雨上がりに見る青空がすがすがしい昨今、貴社におかれましてはご発展のことと存じます。 寒さの中にも、ようやく春の気配が感じられる季節となりました。

17
春寒の候、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 立春とは名ばかりで寒い日が続きますが、皆様お変わりはありませんでしょうか• 相手をよく考える ・手紙を出す相手とあなたとの関係を考えます。

2月手紙書き出し(書き始め)例文:時候の挨拶やビジネス向け案内状の書き方

上旬~中旬• 2月の半ばとなり、春の訪れを感じられるようになってまいりましたが• まずは、自分より目上の人に向けた手紙やビジネス文書などに、2月下旬の時候の挨拶を使った手紙の結びをいくつかご紹介します。 こちらも、いくつかパターンを用意しておくと良いでしょう。

8
梅雨明けが待たれる今日この頃ですが、• 東風(こち・ひがしかぜ):東から吹く風。 保護者への手紙は、1年を通すとその種類はたくさんあります。

PTAの案内・手紙の例文~これひとつで何でも作れるテンプレート~

これを「時候の挨拶」と言います。 相手の心に響く書き出し文にする方法 二月の手紙の書き出しは「立春とは名ばかり。

4
暦の上では春とは言いつつ、寒い日が続く2月にはこのような季語であらわされます。 管理が慣例化している学校はそれぞれのデータに固有の番号を与える「採番簿」を持っているはず。

2月(如月)の書き出しと結びの言葉

きびしい寒気の中で、梅のつぼみがほころび始めたようですが、…。

15
~様におかれましては、まずますご清栄のこととお慶び申し上げます。

時候の挨拶 2月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

・皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。 みなさん体調は万全ですか• 立春とは名ばかり。 土用(どよう):立春・立夏・立秋・立冬の前の各18日間を土用というが、一般に立秋の前の18日間(夏の土用)を指すことが多い。

尚、 立春は2月4日頃なので2月上旬、2月19日頃の雨水は2月下旬の手紙の書き出しに使う事ができますね。 コロナの話題を交えた手紙の書き出し例• (主文・本文・用件) 時節柄、皆様のご健勝とご活躍をお祈り申しあげます。

7月の書き出し例文

春寒の候• 「鬼は外!福は内!」今月は節分があり、園でも行事を予定しています。 早いものであっという間に一学期が終わり、夏休みに入りました。 7月下旬のカジュアルな書き出し• 本格的な夏を前に、ダイエットにいそしむこの頃でございます。

5
保護者宛ですと、PTA会員各位,保護者の皆様とすることが多いです。 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、ますますお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます• 晩秋の候• 来年は皆さんが送り出される番です。

2月の学級通信書き出し文例 | 学級通信の書き出し文例 | 公益財団法人 理想教育財団

さて、このたび下記日程で春の感謝祭を催すことになりました」など。

1
寒い冬の終わりも、もうすぐです。