助けてください…!事故物件サイト大島てる について皆さんに相談したいことがあります。

何の情報を掲載しているサイトなのかというと「事故物件」の情報を掲載してくれている情報サイトで、事故物件を避けたい人や、やばい物件の周辺に住みたくない人などに使われる機会が多いです。 そこで開かれたイベントに講師として呼ばれた著名なブロガーが、講演後にトイレに入ったところ、ネット上でトラブルになっていた面識のない男からナイフで刺され、殺害されたのです。 現在も情報は『大島てる』に掲載されています」 もしかしたら、この経緯を読んでも「それのどこが怖いの?」と思う方もいるかもしれません。

2
これもテレビで特集されちゃったんですね。 それにしても、今まで私は『同じ部屋で複数回あった物件なんてそれはさすがに. 即ち 「大島てる」というサイトはあくまで参考程度にした方がよいという事です。

同じ部屋でまた自殺…! 大島てるが語る「これまでで最悪の事故物件」 (2016年4月12日)

12
本当に残酷なところでは、不動産会社の社員がその立場を利用して、合い鍵で女性の部屋に侵入し、暴行した上で殺人を犯すといったケースも過去にあったそうです。 また投稿へのコメントで投稿者に対し、投稿内容の根拠をメールで送るようコメントを残してあります。

昭和62年9月4日 東京都板橋区高島平八丁目22

大島てるに載っている9Fの部屋です。 しかし、その怖さは事故そのものというより、大家の行動です。

14
それよりここで皆さんに伺いたいのは削除依頼や法的手段以外にもとれる行動や相談できる公的機関を知りたいのです。

板橋区公式ホームページ

家賃を下げたり、ペット可にしたりと、これまでよりも入居審査が緩くなり、今まで禁止していたことを許可しなければならなくなる場合があります。 だから余計に気持ち悪く感じるわけです。 こういった話を聞いた、お客さんがホレきた!とばかりに、大島てるに書き込む訳ですね。

5
間違った情報の削除、若しくは投稿内容の根拠を示してくれればいいんです。 担当の不動産屋と打ち合わせの上、満足のいく部屋探しをしてもらいましょう。

(4ページ目)事故物件跡地に建った“30軒の戸建て”の謎 大島てるが教える「かつて豪邸で起きた殺人と、もう一つの悲劇」

いわゆるワケあり物件のこと。 昭和62年9月4日 東京都板橋区高島平八丁目22-11 殺人事件 佐々木つとむは昭和50年代に渥美清、高倉健、森進一、田中角栄などの物真似で人気を博したものまね芸人。

16
住んだ部屋が事故物件だった!どうしたらいい? 部屋探しをしていると、「告知事項有り」という記載を見かけることがあります。 また削除依頼や投稿者に対して証拠を掲示するようコメントを残したそうです。

同じ部屋でまた自殺…! 大島てるが語る「これまでで最悪の事故物件」 (2016年4月12日)

父は契約が破綻し経済的損失が発生した場合は大島てる管理人に対し、情報の真偽の確認を怠り、適切な管理を怠った善良なる管理者の注意義務違反として損害賠償請求をすることも検討しているようです。 なお、注意しなければいけないのは、この告知義務には明確なルールがないということ。 松原: 1977年に団地で親子三人が飛び降り自殺をして、その事件をマスコミが報じちゃったんですね。

6
店長の二階堂さんにお話を聞けました。