フォード・エスコート

FORD ESCORT RS/フォード・エスコートRS 米国、フランスと続けてきたフォード、第3弾でトリは英国です。 BDAエンジンは機械式燃料噴射装置に換えられ280馬力を発生。 エスコートRSのプラモデルは、同じ 時代に活躍したフィアット131アバルトと比べると非常に少なく、このエッシー以外見たことがありません。

「リアのデザインには理想があって、もっと良くなるはずだった。 しかし、身体の一部には、エクステリアとインテリア、通常のエスコートを利用することができます。

フォード・エスコート

ランチアグループを一時停止し、あなたのデルタが良いグループAラリーことができることを非常に確信していた、と彼は正しかったです。 第二のバージョンを20に変更し、主なものは、より小さなターボチャージャ(ギャレットT25)、フォード注入と異なる排気マニホールドです。

1
FORD ESCORT RS/フォード・エスコートRS 米国、フランスと続けてきたフォード、第3弾でトリは英国です。 Mk2もMk1同様人気車種となった。

輸入中古車|RSの源流、1974 フォード エスコート Mk1 RS2000 メキシコ仕様のレストア中古車を販売

実際には、フォードエスコートコスワースはそれが両方の車軸上の負の揚力係数との最初の量産車と主張しました。 いくつかの車と後輪駆動の溶液から製造されたオフロード全輪駆動と同様。

2
後にプロドライブの創業者となる。

輸入中古車|RSの源流、1974 フォード エスコート Mk1 RS2000 メキシコ仕様のレストア中古車を販売

ところで、このキットは1994年頃に店頭で普通に購入したのですが、当時はエッシーのキットの店頭在庫が 結構見受けられ、中でもエスコートRSは活躍の割に不人気だったためか探せば見つかりました。 整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。

14
シャシーもターマックラリーにも対応できるサスペンションを採用した。

追悼のための車:フォードエスコートRSコスワース

生産は「RS1600」と同じ英国エセックス工場製でRSの兄弟モデルと称されることの多いモデルでした。 新気流への適切な分布では、エンジンのレスポンスは非常に異なっていました。 総生産台数は4501台で日本へは正規輸入が無かった為、少数が並行輸入され日本でも根強いファンの多い車両です。

なお、フォードの法人が、当時の現地法人であるとの合弁会社である「アウトラチーナ」(AutoLatina)を運営しており、同社ではマーク5のフォルクスワーゲン版である「ポインター」を生産していた。 フォードシエラコスワースは1992年に生産を停止し、次のシーズンのためになります、 フォードは世界ラリー選手権に参加し続けるために車を必要と グループAに決定は機械的にフィットし、エスコートの本体でシエラコスワースをSuspensions- - モーターでした。

フォード・エスコートRSコスワース

どちらも点火は、長期的、特にコイル非常に信頼性がありません。 インクルード フォードエスコートコスワースは1996年まで生産されました, それはまた、グループAとして、世界ラリー選手権に参加した最後の年であったと、最初はどちらもWRCとして行うことができなかったように思われました。 1も良いですが、RSの究極の姿といえるサウスゲートによるRS200も素敵です。

19
ロスマンズのスポンサーカラーで出場したアクロポリス。

オートスポーツイワセ

フォードエスコートRSコスワース:フレーム Escorthコスワースは、競争に参加している可能性があり、再構築されたコピーを見つけることは不可能ではないことを考えると、基本的予防措置があります フレーム番号と一致して確認 プレートと蓋の下のエンジンコンパートメント上の次の運転席ドアに。 フォード勢はグラベルには強かったものの、ターマックイベントにはあと一歩フィアットに及ばなかった。 ブレーキでは、あなたは着るが、制動時の振動などに注意してくださいことができ、反りだけでなく、ディスクの状態を確認する必要があります。

新型エスコートは早速75年WRC最終戦RACラリーに出場。 ランチアが抜けて日本車グループA全盛期に、唯一立ち向かった欧州勢としてもっと人気が出たって いーと思うのに、まったくもって(ミニカー的に)報われないエスコート。

未完の大器~三枚翼の実力は~(フォード エスコートRSコスワース)

試すには、伝送におけるギャップやノイズがあるかどうかを確認するために加速し、ドロップしなければなりません。 マーク2 1975—1980 [ ] MK2 Mk2モデルは先代より角ばったスタイルとなってにデビューした。 まぁ基本前しか見てないラリーなら問題ないだろうけど(笑) もしもホモロゲ生産車だけでも実際に三枚翼だったら、もっとラリーで勝ててたかなぁ。

7
1983年には燃料噴射エンジンのXR3i、ホットモデルRS1600iが、にはRSターボが追加される。

フォード・エスコートRS/ぼろは着てても心は錦、失礼、クルマはエンジンが命です【自動車型録美術館】第16回(LE VOLANT CARSMEET WEB)

フロントディファレンシャルは、右エンジンでした ケーシングを通過左ドライブシャフト。 また、並行輸入に関しては、お客様からよくご質問いただく質問をまとめた「」と、並行輸入の一連の流れをまとめた「」のページをご用意しております。

なお、この年のWRCにおいてB・ワルデガルドはサファリ、アクロポリスに次いで3勝目を挙げま したが、フォードのメイクス・タイトルはフィアットに一歩及ばず2位に終りました。