機動戦士ガンダムSEEDとは (キドウセンシガンダムシードとは) [単語記事]

敵のを防いだときは「ッ」と嘲笑する悪癖がある。 2021-06-14• 73 STARGAZER SPECIAL STAGE 2006年12月号に掲載されたエピソード。

19
関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• プロデューサーである池谷浩臣と設定制作の服部正臣はインタビューに際し、もともとは店頭プロモーションビデオとして企画されていたものが配信作品になったと語っている。

『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ新PROJECT「GUNDAM SEED PROJECT ignited」始動!

Dのテストパイロットに誘われるが、多くのコーディネイターの命を奪った罪悪感から、自分には夢を追う資格がないと断った。 彼らがに赴く際の「(:)」は、軽快でありながらどこか刺々しい旋が印的な、種の間でもが高いである。 国内:ガンダムエース 9月号(7月26日発売)より連載開始• テーマ曲 - 「STARGAZER 〜星の扉」 歌 - 根岸さとり(ビクター) 映像ソフト [ ] 2006年11月24日に3話全てを収録したDVDが発売された。

10
さらに、ららぽーと壁面の大型LEDビジョンに映し出される福田己津央監督の演出による新作アニメーションと連動したドラマティックな演出を楽しむことができる。

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER

セレーネのことも実の姉のように慕っている。

7
(:) 「の虎」と恐れられるZAFT軍コーディネイター。

BGM

「の」と称される乗り。 音楽 -• 登場兵器 [ ] (深宇宙探査開発機構)• リニアガン・タンクの搭乗員。 GAT-X103AP• 登場人物 [ ] D. 性格は感情が無いに等しいほど寡黙でクールであり、命令とあらばどんな非人道的な任務でも淡々とこなす。

14
それは、で成果を出せないことへの制裁として物の供給を頻繁に止められ苦にのたうち回る様や、「殺されるより殺すほうが」「やらなきゃやられる、そんだけだろうが!」という諦念と思しき発言などから、 彼らもまた連合の駒として消耗される「の者」であり、そのを受け入れる手段として行為を前向きに捉えているとも解釈できる姿が、ただのと一線を画しているからかもしれない。

機動戦士ガンダムSEEDとは (キドウセンシガンダムシードとは) [単語記事]

20歳のナチュラル。 ファントムペイン [ ] スウェン・カル・バヤン(Sven Cal Bayang) 声 - 、(幼少期) 本作のもう1人の主人公。

15
MS戦では特に近接戦闘を得意とし、白兵戦型MS、その改修機であるに搭乗した。 死の直前には皮肉めいた笑みを浮かべていた。

BGM

73 STARGAZER PHANTOM PAIN REPORT 電撃ホビーマガジン2007年7月号から9月号まで掲載されたエピソード。

12
(DS)• 「ナチュラルとコーディネイターの戦争」に対し、諦観の念を抱いている。 さらに「ミラージュコロイド」機能も搭載し、隠密作戦を得意とする「ODR」の運用に特化した機能性を備えた機体。

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER

非時はを嗜むだが、に乗ると「ァ!」「うぜえええええええ!」などと喚き散らして手当たり次第に撃をばら撒くチンピラとなる。

シャニ・アンドラス(:-現・) の三名の総称(称)である。 音楽プロデューサー - ()、佐保歌名世(サンライズ音楽出版)• 1度決めた目標は最後までやり通さなければ気が済まない性格で、そのためならばいかなる努力も惜しまない。

『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ新PROJECT「GUNDAM SEED PROJECT ignited」始動!

由来は多分、敵役でありながらもどこか憎めないだから。

漫画版ではミューディーに仲間以上の感情を抱いていた模様で、それゆえか自身が死を迎えることになった際にもコーディネイターへの憎悪は消えず、散った。 その際、スウェンをD. スターゲイザー奪取任務において、母艦の艦長としてトロヤステーションへと赴くが、アポロンAより照射されたプロパルジョンビームの直撃を受け、艦もろとも消滅した。

三馬鹿(機動戦士ガンダムSEED)とは (サンバカとは) [単語記事]

(アーケード)• 」と氏のと共に。 「種」。 両親をで失い、母方の叔父であるエドモンドに引き取られる。

17
オルガ・サブナック(:-現・)• 『機動戦士ガンダムSEED』シリーズのMSV(モビルスーツバリエーション)新企画として、7月より「機動戦士ガンダムSEED ECLIPSE(エクリプス)」がコミックにて国内外で展開スタート。 スウェン同様、ブルーコスモス運営の養護施設出身の孤児。