SUZUKI カタナ・フラッシュバックインプレ!! 宮城光が試乗会で感じた『伝えたいこと』

思えば初代カタナ(GSX1100S)だってベースは当時スズキのフラッグシップだったGSX1100Eである。 多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。 開発時にはセパレートハンドルも選考に上がったが、エルゴノミクスを優先してアップタイプのバーハンドルを選択したという。

9
25V19-4PR (SZ、SDの一部に設定されたスポークホイール) 後 4. フレームのパイプ肉厚は1. 15 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 2. net」からのメールが受信できるよう設定をお願いいたします。

製品概要

ブレンボキャリパー(レッド)/価格:3万7800円/標準装備のキャリパーを外して装着する。 最終的にはスズキ自らの手により1100カタナのデザインをそのまま縮小した中型クラスのGSX250Sカタナ・GSX400Sカタナまでラインナップされる事になるが、3型・4型のデザインを踏襲したものは発売されていない。 ただし媒体によっては、スズキ公式も含めて、SSではなく「S」の表記も見られる。

8
また、グリップの良いシート表皮を採用することによりライディング時のマシンホールディング性を向上させ、人車一体感を演出している。 なお現在は時の構造変更申請により合法的に改造できる。

'19スズキKATANA 試乗インプレ【圧倒的な速さ&存在感のヘリテイジスポーツ】

に生産終了、1000Sを含み再生産分を含まない総生産台数は17,643台であった。 ターゲットデザインは『モトラード』誌の「未来のモーターサイクル」プロジェクトに参加、をベースにあくまでデザインにこだわったマシンを出品、「ROSSO RAPTOR」(赤い猛禽類)と名付けられた。

4型専用装備として、メーターボックス内に燃料計を装備。 なお、予約IDのご提示が無い場合には、ご購入いただく事はできませんのでご注意願います。

オリジナル「カタナ」を振り返る『SUZUKI GSX1100S KATANA』

実際、渋滞時の低速走行やUターンの際、エンジン回転の落ち込みが感じにくく安心感が得られた。 EICMA2017ミラノショーに出展された「KATANA 3. その理由はやはり知りたいところだ。

3
スズキらしい、ちょっと癖のある存在感を放つ新型カタナ。

【仁義なき争奪戦】限定100台のスズキ『カタナ』をめぐる戦いのゴングは1月11日15時に!【SUZUKI KATANA】

そのあたりを考えてみると、KATANAは既存のジャンルに当てはまらない特異な存在で、見方よっては新境地を切り開くモデル……と言えるのかもしれない。 好評を頂いているスズキGSXシリーズの特集、その第3弾は、大きな話題となった『KATANA』の京都が開催された試乗会の模様をお届けする。 ただでさえむさくるしい男同士のタンデムだが、シートベルトを掴んでいると、まるで自分の股間に手をやっているようでますます怪しい。

1
をモチーフ とした先鋭的フォルムと基本性能の高さを両立させたデザインが反響を呼び ケルンの衝撃と呼ばれた。 ニュートラルな乗り味とオールラウンドに使えるパフォーマンスで定評ある、スズキを代表するビッグネイキッドだ。

'19スズキKATANA 試乗インプレ【圧倒的な速さ&存在感のヘリテイジスポーツ】

モト・グッツィやモトモリーニ、トライアンフ等を手掛けたロドルフォ・フラスコーニがデザインし、製作はボローニャのエンジンズ・エンジニアリングが担当した。 複数のお申込があった場合、2回目以降のお申込については無効とさせていただきます。

15
ファイナルエディションとしての発売にあたり、各種の改良がなされた。 過去にとらわれて古い時代の物に戻るのではなくて、その時代に楽しく乗れるバイク。

KATANA特別色 予約ID取得

そして実車と対面すると、想像していたよりもコンパクトで、凝縮された充実感を感じる。 。 による漫画作品。

カーボンオルタネーターカバー/価格:1万7280円/ドライカーボン製。 予約IDを金銭等と引き換えることはでません。