ワード差し込み印刷 開始位置

名前や住所などの情報を含む住所ブロック• 今回は、部、課、、氏名3箇所差し込みます。

16
」のメッセージが表示されるので、Tab キーを押して「はい」に移動してEnter キーを押します。 この差し込み印刷、ワードのみで行う方法もありますが、今回は多くの方がお使いの Microsoft Excel(以下、エクセル)の名簿データを使った基本的な設定方法を解説していきます。

Wordの差込印刷でExcelデータファイルを指定し直す

印刷ボタンをクリックすれば、通常通りに印刷のダイアログボックスが出てOKすれば、次々と差し込まれた印刷ができます。 データ ファイルからメイン文書に簡単にフィールドを追加するには、「 差し込みフィールドの挿入」 の横にある矢印をクリックし、フィールド名をクリックします。 注3 この文書の場合、全体は3ページになります。

Excelなどでデータのフォーマットを作成し、それに合わせてオリジナルのラベルテンプレートを作っておけば、データを入れ替えるだけで何度も利用できます。 [開く]ボタンをクリックすると、 このようなダイアログボックスが表示されます。

Wordの差し込み印刷の方法をご紹介!ExcelのデータをWordで活用しよう!

文書ごとに異なったコメントなどを入力する場合、あらかじめExcelなどの住所録にコメントを入力してそれを利用する方法もありますが、差し込み文書で作成した文書を編集して入力する方法もあります。

11
《すべて》を選択し、《OK》ボタンをクリックします。 『青田様、お嬢様のご結婚、心よりお喜び申し上げます。

差し込み文書、入力、フィールド挿入

ただし、このままだと宛名に使うにしては文字が小さすぎます。 ここで[はい]ボタンをクリックすると関連付けが有効になり、Excelのデータを差し込めるようになります。

16
この時点では、Excelのファイル「成績処理表」は閉じておきます。 すべてのデータが印刷されるのが確認できました。

ワード差し込み印刷 開始位置

これらを保存するかどうかは、完全にお好みです。 ですが、私のおすすめは、[各ラベルの編集]をクリックして、一旦、住所録データを完全に流し込み終わった「差し込み済みラベル」を作ること。 一人目の名前が差し込まれました。

14
印刷する宛先を指定する場合は、Tab キーを押して「最初のレコード」に移動して、印刷を始めるレコードの番号を入力します。 フィールドコードについては からご覧ください。

【第25回】差し込み印刷を使えるようにしておこう(1)

データを流し込み終わった「差し込み済みラベル」が、新しいウィンドウに表示されました。 挨拶文• スポンサーリンク 先頭のラベルだけ、きっちり見栄えを整える ここまでの操作で、先頭のラベルにだけ、データを差し込む領域を作ったものの、見栄えは整えていません。 [次へ:差し込み印刷の完了]をクリック。

11
宛先および挨拶文の要素は左側に表示されます。