浅貝 もっ ちぬ

その行動はダートシューティングと呼ばれる。

1
(陸に生息する)のうち、殻のないものを大雑把に「」、殻を持つものを「カタツムリ」「 デンデンムシ」などと呼ぶ。

浅貝 もっ ちぬ

ただし晩年の柳田は方言周圏論の問題点を認識するようになっていた。 外国のものではオニグチマイマイやサカダチマイマイなどが殻口内部に複雑な突起を発達させた種としてよく知られている。

10
また伊豆諸島に分布するシモダマイマイでは殻の色彩が同地域に住むヘビの模様と呼応して変化しており、鳥などのに対する(Batesian mimics)ではないかという説もある。

浅貝 もっ ちぬ

紅白の軟体をもつ Indrella ampulla (マラッカベッコウマイマイ科:産)。 殻 [ ] 殻の巻き方 [ ] カタツムリには(右旋:dextral)と(左旋:sinistral)があり、上から見て、渦の中心からどちら回りに殻が成長するかで決められる。

3
葉から葉へ移動する様子 「カタツムリ」という語は日常語であって特定のを指してはおらず、生物学的な分類では多くの科にまたがるため厳密な定義はない。

アニヲタWiki(仮)

これらの天敵に対し、殻のある種では殻の中にじっと潜んで天敵から身を守るのが一般的であるが、など腹足の筋肉が大きく進化した一部の種ではやなどの天敵に対し殻を振り回して撃退していることが実証研究で明らかになっている ()。 全てのカタツムリは軟体部が湿った状態でなければ生きていけない。

2
またや、なども殻口や殻内に多数の歯状突起や襞(ひだ)をもつ。 このサイトで買っても、本屋さんで買っても、共通のが使えます。

honto:書店、通販、電子書籍のハイブリッド総合書店【共通hontoポイント貯まる】

精莢は雄部生殖器の一部を鋳型として形成されるため分類群によって違った形をしているが、概ね半透明で細長いのが一般的で、受け取った側の雌部生殖器内で分解される。 フランス領のなどでは、現地に産するの 属のものが大量に消費されてきた。

、『貝』保育社〈エコロン自然シリーズ〉、1996年4月(原著1978年)、改訂版。

浅貝 もっ ちぬ

日本産ではやなどが多数の毛に覆われた殻をもつ。 横一列に数回舐めると "一歩" 前進し、手前の列が終わった地点から再び横一列に舐め始めるため、食痕はS字状の連続となる。

1
- 動物行動の映像データベース。 これらはの『』にもの好例として多く採録され、でんでんむしなどその語源なども考察されている。