教場

学校における教場については「」を、人物については「」をご覧ください。 楠本 しのぶ(くすもと しのぶ) 三班 班長。

2
楠本といつも行動を共にし、また些細なことでも頼りにしている。

伊藤健太郎、憧れの木村拓哉との初共演「本当に夢のようでした」『教場』後編新キャスト発表

厳しいルールを守り、行動は常時監視されている。 志願者が減少している機動隊への入隊候補者を見定めるために警察学校を訪れ、フル装備の須賀を突き倒した元レスリング選手の枝元を特に気に入り、手作りのポスターを手渡して直々にスカウトする。 皆様がもう既に作り上げられた世界観の中に、飛び込む緊張感はとてもリアルで面白かったです。

2
学科の成績が芳しくない。 警察官となったのは母の強い希望に逆らえなかったからであり、本人は母を憎んで辞めたがっている。

日本最大の“教場”に6カ月密着 卒業直前の生徒にまさかの事態

些細なことで学生に手を上げる教官。 ください。 四方田(よもた) 校長。

15
- フジテレビ• 手元に常に退校届を持ち、適性のない生徒達に突きつける。

フジとの蜜月関係が復活!? 木村拓哉『教場』高視聴率で、まさかの『HERO』続編が実現か|日刊サイゾー

<嘉島陸 コメント> 『教場』の撮影現場は、木村拓哉さんをはじめ大先輩ばかりなので、貴重な現場に少しでも参加できたことがとてもうれしかったです。 紀野 理人(きの まさと) 卒業時25歳。

2
同期生が皆強い思いを抱いて警察学校に入ったのに対し、ただの憧れで警察官になった自分の立場に悩むが、様々な経験の中で「警察官に甘えは通用しない」と自覚するようになり、無事に卒業式を迎える。 そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。

教場:今夜、前編スペシャル編集版が放送 木村拓哉“白髪&義眼の教官”帰還 生徒たちをふるい落とす警察ミステリー

卒業式では、課題をクリアし人としても警察官としても成長した訓練生を褒め、激励の言葉を贈る。

第198期生だった宮坂定は警察官として第一線に立ち、仮入校中の第200期の指導員を務めていた。 2014年7月27日閲覧。

フジ「教場Ⅱ」にガッカリ感! ネット感想さんざん「女優みんな同じよう」「おかしな生徒多すぎ」の声: J

「警察学校は、警察官として適性のない者をにかける場」という信念を持ち、適性の無い者には容赦なく退校届用紙を突き付ける冷徹な人物である。 対照的でありながらもいつも仲の良かった2人だが、目立つ羽津希の陰にいた佑奈が徐々に頭角を現していく。 これも風間には見抜かれていたが、「しっかり想いは伝えたか」との問いには涙を浮かべながら「いいえ」と答え学校を去る。

堂本が備品を盗んでた理由も分からない」 「こんな人達が警察官になるって大丈夫か?てな内容でしたね。