東急ストア

跡地はオオゼキ(2015年(平成27年)3月開店) [ ] 2003年(平成15年)6月12日開業のパルム武蔵小山店 と2010年(平成22年)9月17日開業の武蔵小山駅ビル店 は存続。 2代目 溝の口店(高津区、1970年(昭和45年)10月31日開店 - 1979年(昭和54年)7月閉店 ) 長崎屋サンショッビングセンターへ出店していたが、長崎屋が食品売り場の直営化のため返還を求められたため閉店した。

11
武蔵小山店(3丁目22-3 、1980年(昭和55年)8月開店 - 2014年(平成26年)閉店 [ ]) 売場面積は929m 2。

東急ストア 中山店 【パート】スーパーのお魚加工・品出し/未経験、主婦(夫)歓迎(神奈川県横浜市緑区)の求人詳細

閉店) 売場面積は719m 2。 また、1999年(平成11年)12月に南口再開発ビルへの出店に関する覚書を締結し、建設中のの核店舗テナントとして出店を予定していたが、2008年(平成20年)4月に東急側の都合により白紙撤回(理由は不明)。 2012年7月5日• 店舗跡はにとなり、後に三越サンプラザとなる。

17
草加松原店(草加3丁目9-13 、? 店舗跡はオリンピック [ ]。

東急ストア

開店 - 2003年(平成15年)1月31日閉店 )• 東急ストアの主力業態。

9
として営業 [ ]。 2000年10月6日• 2020年5月22日閲覧。

東急ストアネットスーパー

大谷口店(? こま川店(、1972年(昭和47年)10月31日開店 -? 売場面積は699m 2。 矢口店(1987年(昭和62年)10月開店 - 閉店) 1988年(昭和63年)6月に当社から株式会社マインズへ営業譲渡。

2
武蔵境店(、1959年(昭和34年)3月27日開店 -? 近隣に1997年(平成9年)5月1日に大型商業施設(知多店)が開業した 影響などで閉店。 閉店後は1階小金原店・2階松戸小金原店 [ ]。

東急ストア 中山とうきゅう店のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

7月14日 - トップシューズを設立。

15
板倉千春 2015年6月3日. 鶴見栄町店(栄町通 2丁目、2004年(平成16年)2月26日開店 - 2009年4月閉店) 鶴見駅・京急鶴見駅から約1. 初代 祐天寺店(目黒区2-13-6 、1970年(昭和45年)11月開店 -? 元石川店(1967年(昭和42年)5月19日開店 - 1979年(昭和54年)3月閉店 ) 開設時から鮮魚や青果の直営での販売が行われた。 東光食品 - 食品の製造ならびに仕入販売(2012年3月に旧「東光食糧」と旧「東光食品」が合併。

東急ストア

4月1日 - (株)定鉄商事が(株)札幌東急ストアに社名変更。 2008年(平成20年)に上場廃止し、同年7月1日付で簡易株式交換により東京急行電鉄の完全となっている。 (平成21年)• 東急ストア 中山店 勤務曜日・時間 8:00~16:30 週3日~、1日4時間~OK 高校生不可 資格 未経験OK フリーター歓迎 主婦・主夫歓迎 中高年活躍中 採用予定人数 2人 詳細相談下さい 勤務時間、曜日、休憩時間などは、 働き方やご希望によりご相談ください! 幅広い方からのご応募をお待ちしております 交通費 交通費実費全額支給 待遇・福利厚生 有給休暇、社会保険完備、 契約社員登用制度あり 社員買物ポイント優遇特典有 【制服】 エプロン、シャツ等を貸与します。

5
運営のボウリング場やカルチャーセンターが併設されていた。 また、1975年(昭和50年)11月1日に生活情報誌『ファミリー109』を創刊している。

東急ストアネットスーパー

2013年1月23日• 閉店) 売場面積は1,579m 2。 出店エリアの拡大 [ ] 母体となった東急沿線の他に、東急電鉄や東急不動産が進めている地域開発型の不動産事業展開の一環として出店したほか、比較的高所得者層が多いとされる地区や神奈川県中央部など首都圏の人口急増が生じていた地区に出店を集中的に行うとする出店戦略を採った。 三越移転後、建物は解体され、跡地に再開発ビル「」が建設された [ ]。

2005年4月20日• 2011年6月1日• 売場面積は369m 2。 跡地には我孫子店が営業 [ ]。

東急ストア 中山とうきゅう店のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

売場面積は1,462m 2。

1
売場面積は1,173m 2。 1998年3月30日• 店舗跡は 株式会社丸北が生鮮西立川として営業(中規模チェーンのスーパー) [ ]となり、現在はあっぱれ食品館西立川店 が入居。

東急ストア

調布店は、都心に流出している購買力を地元に引き付ける狙いから有力な店舗をとして導入する戦略をとったため、テナント比率が高まったものの、土地・建物ともに自社所有であることから高い収益力を持つ店舗となった。 初代 大森店(大田区、1929年(昭和4年)開店 - 1984年(昭和59年)8月31日閉店 ) 元大森分店として開店した店舗で、1956年(昭和31年)6月施行の第2次百貨店法による規制を避けるため白木興業として分離独立した後、1957年(昭和32年)4月1日に合併により当社の店舗となった。

2
店の前には東急鯱バスの乗り場がある。