「是とする」とは?意味や使い方をご紹介

上記以外の「是非」を使った言葉として、「是非も無い」「是非も知らず」があります。

20
「是が非でも」の意味 「是が非でも」とは 「是が非でも」とは、 善悪に関わらずを意味しています。 「是々非々」と「是非」と「是が非でも」の違い 「是々非々」と「是非」と「是が非でも」の意味の違い 「是々非々」と「是非」と「是が非でも」の違いを分かりやすく言うと、 「是々非々」は善悪の判断に使い、「是非」は善悪自体に使い、「是が非でも」は善悪に関わらないことに使うという違いです。

是々非々とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

日常生活で使うことはあまり無いかもしれませんが、覚えておけば少ない言葉で多くの情報を相手に伝えることができます。 「是非も知らず」の意味 二つ目の「是非も知らず」とは、何もわきまえないことや、我を忘れて夢中になることを意味する言葉です。 (出典:大辞林 第三版) ・ 善悪(ぜんあく) 意味:善と悪。

2
つまり「々」という文字は中国語にはありません。

是々非々とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「専断」は勝手な解釈で正しいと思い込むことを意味し、「偏頗」は考えが偏っていることを表しています。 是々非々の討論が活発に展開する。

1
「新入社員の採用面接にあたっては、公平無私な態度で臨む」といった使い方をします。 また、「是々非々」や「是が非でも」は前者が四字熟語、後者が慣用句であるため意味が限られてきますが、「是非」という言葉は善悪を意味するだけでなく、どんな困難があったとしても、何とぞといった意味も持ち、副詞として使われる言葉でもあります。

是々非々の意味とは? 例文や類語を紹介

このように、意味は全く異なります。 荀子は、自身の著作で以下の言葉を残しています。 「是々非々」の類語 公平無私<こうへいむし> (意味:公平で、私的な感情や利益を交えないこと) 「公平無私な態度で物事に臨む」 公明正大<こうめいせいだい> (意味:私心をさしはさまず、公正に事を行うこと) 「公明正大な彼に大役を任せる」 無私無偏<むしむへん> (意味:個人的な利益や名誉を優先せず、公平に判断・行動するさま) 「ついつい感情が動いて、無私無偏ではいられなくなった」 理非曲直<りひきょくちょく> (意味:道徳的に正しいことと間違っていること) 「理非曲直を正す」 厳正中立<げんせいちゅうりつ> (意味:厳しく公正を守り、どちらにも偏らない立場を守ること) 「いかなる時も厳正中立を維持する」 唯々諾々<いいだくだく> (意味:事の良し悪しにかかわらず、何事でもはいはいと従うさま) 「唯々諾々として人の命令に従う」 是非曲直<ぜひきょくちょく> (意味:物事の善悪・正不正のこと) 「是非曲直をわきまえる」 中立 (意味:対立するどちらの側にも味方しないこと) 「中立的な立場をとる」. この是々非々は、普段からそれほど使われる言葉ではない為、意味を知らなかったり、間違った意味で覚えている人も多いと思います。

12
環境問題に関しては、経済大国におもねることなく「是々非々」の外交を求めたいものです。 日本よりも「個人」を大切にする英語圏らしいですね。

「是々非々」の使い方と意味を教えてください。「是非」とは何か違う...

「こうめいせいだい」と読みます。 以下、それぞれの言葉の意味を紹介します。 「是々非々」と「是是非非」は同じ 「是々非々」は「是是非非」という表記がなされることもありますが、読み方は「ぜぜひひ」と同じで、意味も変わりません。

また、物事の善悪を判断することも意味します。

政治家がよく使う是々非々ってどんな意味?

是々非々で臨む• 同じ言い方ですが、意味は少し違います。 使われている漢字は同じでも意味はまったく違いますので、注意して使い分けましょう。 物事のよしあしを議論し判断すること。

9
「是々非々」と「是が非でも」の違い 「是が非でも」は 「正邪にかかわらず。 もう少し是々非々な雰囲気が必要だろう。

「是々非々」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

「厳正」は厳しく公正を守ることを意味し、「中立」は両者の間に立って、どちらにも偏らないことを言います。 悪いものは悪いと言う姿勢は、今の世の中ではとても勇気の要る行為です。

2
本当はやりたくないが是が非でもしばらくはやらなくてはならない」などと言います。