ドラクエ4コマデータ集

へ 謝 辞 このページを作成するにあたっては、以下に掲げるエニックス出版局発行「ドラゴンクエスト4コママンガ劇場」シリーズ各巻を、大いに参考にさせていただきました。

20
【真の「4コマキング」は誰か!?】 ドラクエ4コマの世界で大きな位置を占めるものに、読者投稿である「番外編」があります。 彼には敵はないというオチだったように思いますが、かなり地味な男戦士だからこそ漫画のネタになると作家さんは思ったのでしょうね。

ドラクエ4コマデータ集

入選するとコーナー内、および番外編に作品が掲載されるほか、賞金として賞は5000円、キングスライム賞は10000円の賞金と、副賞として特製4コマ原稿用紙が進呈された。

4コマキング以外にも漫画家デビューした投稿者は多く、そのほとんどが4コママンガ劇場の他、『月刊少年ガンガン』・『』等で活躍していった。 毎年行われる「4コマクラブカーニバル」で、読者投票により「4コマキング」が選ばれ、プロデビューを果たせるという新人漫画家の登竜門でもあるわけですが、ここでは、すべての作品を作者ごとに集計し、掲載回数の多い順に並べてみました。

ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場とは (ドラゴンクエストヨンコママンガゲキジョウとは) [単語記事]

ぶっちゃけそれだけです。 0203 -• の出版と同時に好評を博して化、1年半後の末までですでに販売された累計は万冊に迫り、には各巻部前後も売れていたほどの相当なだった。 『4コママンガ劇場』の刊行は2006年の『 4コママンガ劇場 3 』が最後となり、同年9月以降は『』編集部が担当していたアンソロジー集「」(まで刊行)の路線と統合される形で『』(後に)編集部が担当する「」へ移行した。

14
ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場は4以降もゲームドラクエシリーズに合わせ出ていたようですが僕が読んだのはこの4まで。

【漫画】ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場感想 ドラクエⅠ〜Ⅳのネタ

pixivでは、公式4コマ作品のキャラクターや場面などを描いた作品も存在するが、大部分は投稿者が自筆で描いた漫画作品である。 タイトルは、ドラゴンクエストシリーズのゲーム外エピソードを書いた書籍「知られざる伝説」になぞらえたものと思われる。

13
その元は、(DQ3)巻末に見開き2ページだけ収録された4コママンガが好評だったことから、企画がスタートしたと言われている。

ドラゴンクエスト4コマクラブ

と思われるネタは1つだけ存在するが、名前は明かされない。 でも独特の下手ウマな感じがありました。 以降しばらくは『ドラゴンクエストシリーズ』が中心であったが、後に『』や『』などの他社のゲーム作品の4コママンガ劇場も刊行されるようになった。

11
0414 - (藤井昴)• 0890 -• このはのでもあり、でとなった者はとしてすることができた。

ドラゴンクエスト4コママンガ劇場を振り返る:問わず語り

順不同です。 会員ナンバーが付いた投稿者には、編集部より「4コマクラブ会員証」(カードサイズの紙製。

12
ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場の作家、すずや那智氏がネタにしていたクリフトがアリーナに片思いをしているという設定はリメイク版ドラクエ4に逆輸入され公式設定になったようです。 例えば仲間キャラクターは加入時に一言二言喋る程度で以降は黙々と戦ってくれるだけでしたが、冒険中にこんな会話をしながら冒険したのだろう……という体で描かれ、それを4コママンガという起承転結の展開の中に留めて表現することでゲームとはまた違った楽しみ方が出来ます。

ドラゴンクエスト4コママンガ劇場を振り返る:問わず語り

『ドラゴンクエスト』は後に「ドラゴンクエスト4コマクラブ」が発足され、『ドラゴンクエスト 番外編』に移行する。 シンプルな絵柄なんですが、サマルトリアの王子の目が細く、ローレシアの王子の目がしっかりと黒く丸いという描き方は特に理由もなく「なるほど」と思わせられました。

9
ネタの取り扱い 初期には「モンスターを食べる」「DQ3の主人公が『ロト』と呼ばれる(本来ならばゲーム版では名付けられない。 『ドラゴンクエストシリーズ』に関しては、『4コマ漫画劇場』の中で「定番ネタ」として用いられたキャラクター造形や設定が、後に制作されたリメイク版で逆輸入する形で公式設定になった例もある。

ドラゴンクエスト4コママンガ劇場を振り返る:問わず語り

当初は4コママンガ劇場単行本内(5巻まで)の巻末に収録されていた(同様の事は4コママンガ劇場でも行われた)。 《ナンバーが付けられる以前に投稿》• 上記の一連の流れで言えばベラが。 には各巻売り上げが部前後にものぶりだったが、時代と共にの登場で個人の発表や交流の場がに移ったこと、新人発掘の役も新人賞に取って代わられたことなどから徐々にが衰えていった。

18
以外にも、5巻から楽屋裏というそれぞれのが最後の1を使って、となったや、からのに対する返事、のあった、、近況報告など、色々な事をるあとーナーもがあった。