【まとめ】種牡馬 種付け頭数 推移(2021年)

ダイワメジャーは500万円、ハーツクライは800万円でそれぞれ据え置かれた。 サトノアラジン 安田記念 2010年産• リアルインパクト産駒のG1レーティングランキング Rating 馬名 レース名 開催年 115 ラウダシオン NHKマイルC 2020 代表産駒 子供 2017年産• 地方重賞含むJpn格付けも便宜的にG1と記載。

13
あった方がいいかなと思い の2歳時の写真を そして産駒の傑作2頭の写真をどうぞ サートゥルナーリア アーモンドアイ ではさようなら. 「いつ何があってもおかしくない」年齢に達したのである。 2019年7月30日(17歳)没• ジェンティルドンナ ジャパンC2回,有馬記念,牝馬三冠,ドバイシーマC 2008年産• シンボリルドルフ以来となる史上2頭目の、無敗でのクラシック三冠(皐月賞、ダービー、菊花賞)を達成。

サヨナラ伝説名馬。ディープインパクトは引退後も凄かった……生涯種付け料400億円越え(THE PAGE)

— 120万 シュヴァルグラン 129頭 — アニマルキングダム 117頭 — エスポワールシチー 107頭 57位 ロジャーバローズ 97頭 — ウインブライト NEW! 価格が高騰を続けているにも関わらず、需要が落ちないということはまだまだ上昇の余地ありということかも? 4000万円という前代未聞の値段でもまだ安いのかもしれません。 交配頭数抑制狙い? 種付け料値上げ 今年の国内種牡馬を巡る最も注目すべきニュースは、ディープインパクトの種付け料値上げだろう。 確かに勝ち上がり率も高く、 非サンデーといううことで種付けしやすいこともあり早々に値段が上がった。

母の父 メドウレイクは希少な プリンスキロ系の種牡馬で、代表馬に メドウウスター(BCジュヴェナイルF、エイコーンSなど米G1を6勝)がいる。 ノーザンファーム生産馬の割合が低いながらの、1位は快挙と言えます。

ロードカナロア 種付料推移 これからどうなるの?

そんな、 大川慶次郎氏の 「今週の勝負レースの的中予想」を無料で受け取りたい方はこちらをクリック。 — 100万 ダノンレジェンド 143頭 116位 ビッグアーサー 135頭 — バゴ 118頭 21位 フリオーソ 107頭 65位 サトノアラジン 95頭 — ミスターメロディ NEW! 2017年 8億1000万年• コントレイル 三冠• リーディングサイアーを3年連続で獲得• 確かに勝ち上がり率も高く、 非サンデーといううことで種付けしやすいこともあり早々に値段が上がった。

「いつ何があってもおかしくない」年齢に達したのである。 その 購入金額は7,350万円。

【まとめ】種牡馬 種付け頭数 推移(2021年)

真っ先に注目を集めたダンビュライトが重賞で惜敗を繰り返し、詰めの甘い印象を与えていたが、夏から台頭したキセキが一気に菊花賞制覇まで登り詰め、暮れから年明けにかけてはダンビュライトも1600万条件戦とアメリカJCCを連勝。 年平均の種付け頭数 回数 でみると、213頭 213回 でした。 しかし、今年になると1月のシンザン記念(G3)でピクシーナイトとルークズネストがワン・ツーゴール。

12
よって、 約132億円はディープインパクトの馬主である金子真人さんに入るということです。

種付料

そうなるととの一騎打ち状態。 キングカメハメハの種付け料の推移 ------------------ 2019年 — — Private 6位 2018年 122頭 — 1200万円(Private) 2位 2017年 132頭 96頭 1000万円(Private) 2位 2016年 151頭 72頭 1000万円(Private) 2位 2015年 108頭 112頭 800万円(Private) 2位 2014年 143頭 50頭 800万円(Private) 2位 2013年 81頭 184頭 700万円(前納、不受胎時全額返還) 2位 2012年 251頭 195頭 600万円(前納、不受胎時全額返還) 2位 2011年 266頭 211頭 500万円(前納、不受胎時全額返還) 1位 2010年 266頭 114頭 400万円(前納、不受胎時全額返還) 1位 2009年 145頭 160頭 500万円(前納、不受胎時全額返還) 8位 2008年 202頭 166頭 500万円(前納、不受胎時全額返還) 44位 2007年 216頭 186頭 600万円(前納、不受胎時全額返還) — 2006年 256頭 191頭 600万円(前納、不受胎時全額返還) — 2005年 244頭 — 600万円(前納、不受胎時全額返還) — ディープより1つ年上なので、こちらもそのまま健康だったとしても2,3年で種牡馬引退だったと思います。 難点は自体のデビューが12月だったと言うことだが2歳戦でも重賞馬が出ているように問題ない。

15
フィエールマン 菊花賞,天皇賞春2回 2014年産• 2012年 産駒の ジェンティルドンナが牝馬三冠を達成、年度代表馬に選出• シンハライト オークス,桜花賞2着• 以後も活躍馬は絶えることなく、種付け料も年々高騰し、遂には4000万円までに達した。 — 80万 モーニン 190頭 — レッドファルクス 117頭 — ロゴタイプ 80頭 — ブルドッグボス NEW! ディープインパクトについて 近代日本競馬の結晶。

サヨナラ伝説名馬。ディープインパクトは引退後も凄かった……生涯種付け料400億円越え(THE PAGE)

リアルインパクトについて ディープインパクトの初年度産駒 早くからマイルに標準を定め、1600mを中心に使われた。 ワグネリアン ダービー• ダービー馬の多くが3歳夏を越えて失速していくのも特徴といえる。

17
キズナ ダービー• 今年の新種牡馬2強は偉大な先輩に続けるだろうか、現役引退後の新たなステージでも激しい戦いは続いているようだ。

【ディープインパクト】初年度からの種付け料推移と頭数情報まとめ

その後産駒がデビューしてその活躍次第で値段が上下していくのですが、ほぼ横ばいを推移。 エイシンヒカリ イスパーン賞,香港C• それにしても(モーリスを繋養する)社台スタリオンステーションは、さすがに先見の明がありますね」(競馬記者) 記者がそう語るのも、今春のモーリスの種付け料は800万円と、昨年までの400万円から倍増しているからだ。

16
鞍上の幸英明騎手が「直線で一度は差されました」と振り返った通り、一度はライバルが前に出たが、ゴール前で類稀な根性を見せつけた。 種付け料の推移 2014年 500万(受胎確認後) 2015年 500万(前納、不受胎時全額返還) 2016年 500万(前納、不受胎時全額返還) 2017年 500万(前納、不受胎時全額返還) 2018年 800万(前納、不受胎時全額返還) 2019年 1500万(前納、不受胎時全額返還) 種付頭数 産駒数 2014年 250頭 2015年 276頭 180頭 2016年 267頭 197頭 2017年 250頭 162頭 2018年 294頭 2019年 満口 金額に表すと• ラスティングソング17• これが払拭できれば 目の上のタンコブ は種付け中止しているみたいなので一気に 王国 が完成。

ディープインパクトの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】|ほどよい競馬

国内では既に、トーセンホマレボシやディープブリランテなどの後継種牡馬が重賞勝ち馬を出しているが、現状では大きな系譜になる予感が乏しいのも事実だ。

しかも賞金額も日本の重賞並みである。