オンライン展示場へようこそ|太陽工業株式会社

エアー式昇降装置 搬送機の多岐にわたる荷重条件、環境条件にも、バラエティ豊かな機種と充実したオプションラインナップで対応。 気になる製品があれば営業担当者よりオンライン商談にて詳しくご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。 1993(平成5)年 能村龍太郎、勲三等瑞宝章を受章。

お客様のためにとことん考え、そして泥臭く行動する。 枚方工場「ISO9002」品質システムの認証 審査登録 取得• 日本万国博覧会でテントの花を咲かせる [ ] 膜構造の研究会設立やテントの設計コンペを企画することで、技術やアイデアを蓄積、その結果1970年(昭和45年)、にて開催されたでは、大空間構造の手段としてさまざまなテント構造物(膜構造建築物)が実現することとなった。

太陽工業(株)の新卒採用・会社概要

通常の防護服にはない機能として、スーツ内のエアーコントロールによる快適性の向上と、 再利用を前提としたハード・ソフト面による体制づくりを構築しています。 2010年• 1988(昭和63)年 東京ドーム完成(弊社にて屋根膜製造・現場取付け、元請は竹中工務店)。 1983(昭和58)年 本社事務所ビル完成。

9
米国に「TAIYO BIRDAIR CORPORATION」を設立。

メディコン(Medicon) 医療用防護服 太陽工業特設サイト

「メディコン」の開発は未知の領域への挑戦でもあります。

当社は大型膜構造物製造において世界トップシェア、業界のリーディングカンパニーとして「膜の可能性」に挑戦し続けています。

太陽工業の評判|システム建築メーカー・業者の一覧|システム建築Online

1922年• その年のうちに能村博正(能村龍太郎の実弟)も事業に参加し、室内装飾、劇場・映画館の幕やカーテンの製造施工へと事業を拡大させ、やがて新しい合成繊維の誕生に伴い大型テントの製造を目指すようになる。

13
1993(平成5)年 能村龍太郎、勲三等瑞宝章を受章。

太陽工業の評判|システム建築メーカー・業者の一覧|システム建築Online

白色の膜素材を使えば空の明るさを利用することができるので、照明コストが削減可能。 一方で当社は単なるモノを作って納めるメーカーではありません。

1
概要:膜構造建築物• 1967年• 最長 25 年保証• しかしながら、第二次世界大戦の激化に伴う企業整備法の公布により1943年(昭和18年)に廃業を余儀なくされた。 太陽工業グループの説明会で、製品が出来上がっていく過程を学び興味を持ち、小さくて複雑な形状の製品を大量生産するという技術と、温度管理を徹底した地下工場の生産環境に魅力を感じ、入社を決意しました。

太陽工業(株)の新卒採用・会社概要

ここでしかできない仕事に一緒に挑戦していきませんか? グループ企業 国 内/ 株 太陽テント北陸、 株 太陽テント関東、福井太陽 株 、名阪鉄構 株 、 株 TDS、東日本コンテナーサービス 株 、中日本コンテナーサービス 株 、 大阪コンテナーサービス 株 、水島コンテナーサービス 株 、 北九州コンテナーサービス 株 、太陽工業ジオテクノサービス 株 、 株 太陽エネシス、 株 デポレント、道央建鉄 株 、道央建機サービス 株 、エント設計 株 海 外/ Shanghai Taiyo Kogyo Co. (21年)- 能村金茂の息子、龍太郎が能村縫工所として父の事業を再建。

20
, LTD」設立。 お待ちしております。

テント倉庫・テントハウスの太陽工業株式会社

(昭和39年)- 太陽工業・東京太陽・太陽化学の3社が合併、新太陽工業を設立。 」を設立。

1
2010年• (平成18年)- に「MakMax HD, LLC」を設立。 特に中国では上海国際サーキット場のサブスタンドを皮切りに積極的なビジネスを展開、中国国内での設計・製造・施工体制を確立する。

会社概要・沿革|太陽工業株式会社-太陽工業グループ

」設立。 最長 25 年保証• に「TAIYO EUROPE GmbH 」設立。 認定工法の有無:要問合せ• (メキシコ) 公益財団法人 能村膜構造技術振興財団 採用実績校 青山学院大学、学習院大学、神戸大学、慶應義塾大学、京都大学、関西学院大学、関西大学、神奈川大学、大阪府立大学、大阪大学、大阪市立大学、上智大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東京大学、東京理科大学、同志社大学、名古屋大学、一橋大学、法政大学、明治大学、横浜国立大学、立命館大学、早稲田大学、 等 沿革• (平成9年)- バードエアー社が大手のテントメーカー、ストロマイヤー・アンド・ワーグナー社の株式を取得。

3
」設立。 日本万国博覧会でテントの花を咲かせる [ ] 膜構造の研究会設立やテントの設計コンペを企画することで、技術やアイデアを蓄積、その結果1970年(昭和45年)、にて開催されたでは、大空間構造の手段としてさまざまなテント構造物(膜構造建築物)が実現することとなった。