東大に合格するような人は、歯磨きをするように勉強している|岡健作/スタディーハッカー代表取締役|note

英語コーチング業界をリードしてきたENGLISH COMPANYでは2018年6月より、「スタジオがない地域に住んでいるが、ぜひENGLISH COMPANYのトレーニングを受講したい」「仕事の関係で通学時間が確保できない」といったご要望にお応えするかたちで、対面型トレーニングと同内容のトレーニングをオンラインでご受講いただけるオンラインコースを提供してまいりました。

7
TESOL(英語教育の国際資格)を保持。 シャドーイングならもっと効果が出るでしょう。

「STRAIL(旧THE CONSULTANT)」を運営する株式会社スタディハッカー様にインタビューさせていただきました!

そしてその上で、『短期集中英語学習ならスタディーハッカー』というブランド力を高めていくことを忘れてはいけないと思います」と資本参加効果として基本部分の拡充が大事ということを強調する。 2020. この度、ベネッセグループに参画することにより、英語ジム事業の成長を加速することに加え、業界内でのポジション確立、さらに採用の強化を目指してまいります。

19
対面受講をご希望の方は、ぜひ上記の9スタジオの中からご選択ください。

「長居したくなるオフィス」を目指さない。 スタディーハッカーのオフィスが重視するのは“シンプルさ”

一方で、英語の先生という職業は、英語を使う仕事の中ではかなり特殊です。 ENGLISH COMPANYはいわゆる一般的な英会話スクールとは異なり、第二言語習得研究をベースとしたトレーニングによって短期間で英語力を向上させています。 それから、みなさんの英語学習をサポートさせていただくために、スタディプラス(Studyplus)というアプリ、webサービスを活用しています。

11
アセスメントテストは、語彙と文法であったり、リーディングとリスニングの課題をペーパーテストや音声テストなどを通して発見していくものです。 あなたに英語のパーソナルトレーナーをつけ、科学的なトレーニングと英語学習のコンサルティングを提供するサービスです。

スタディーハッカー、ベネッセグループに参画|株式会社スタディーハッカーのプレスリリース

PR スタディーハッカーは、2010年に難関大学受験向けの予備校「烏丸学び舎」からスタートしました。 岡:そうですね。 背景:コロナ禍でのオンライン受講ニーズの急速な高まり 2015年の開校以来、ENGLISH COMPANYならびにSTRAILは、言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見をベースにしたトレーニングやコンサルティングを提供し、多くの受講生の英語力アップをサポートしてまいりました。

17
会社概要 会社名:株式会社スタディーハッカー(StudyHacker Inc. 市販の教材は自分で選んで買う形になりますか?それともおすすめの教材を教えていただけるのでしょうか? 私たちでその方の課題にあわせて選定して、取り組んでいただきます。 専門性にこだわってやってきてよかったなと感じています。

株式会社スタディーハッカー

その部分をトレーニングするための方法も用意しています。 ——なぜモチベーションではなく習慣化が大切なのでしょうか? 私たちが習慣化を大切にしているのは、英語の習得は3ヶ月で「完成」するというものではないと思っているからです。 一方、ベネッセホールディングスは、「Benesse=よく生きる」を企業理念とし、1955年の創業以来60年以上にわたり、教育や介護の領域を中心に事業を展開しています。

17
・概要 当社は2010年に医学部・難関大受験の専門予備校(注1)として設立、創業時より「Study Smart. 京都で大学受験向けの予備校からスタートした会社ですが、これほどまでに英語学習者の心をつかむサービスの誕生の裏側には何があったのでしょうか? 同社の代表取締役である岡健作氏にインタビューを行いました。

株式会社 スタディーハッカーの採用・求人情報

効率性を高める意識は、働き方にも影響を及ぼしているのだとか。 身売りではなくポジティブな決断であるとアピールしました。

ENGLISH COMPANY公式サイト: STRAIL公式サイト:• LAVIEがK12向けに懸ける思いとは?• 岡:そうですね。 直接、答えることで、スタッフ側の不安を解消することが目的だった。

スタディーハッカー、大学入学共通テスト完全対応の新コース「ENGLISH COMPANY大学受験部」を開講/教育ニュース

その「違い」とはなにか? それは 勉強が「習慣化」しているかどうかです。 その方が、『グループに参加してよかった』と言っていたのも印象に残っていました」(岡氏) この「教育という共通言語」という感覚は、ベネッセ側にもプラスに作用したようだ。 その方のチームの監修を受けて、「英語学習を続ける技術」というものを開発しています。

13
ベネッセのオンライン教育Udemyとの連携なども検討しています」とオンライン授業拡充のスピードアップを計画する。 基本は自習学習がベースになっていると思うのですが、週1の対面セッション以外のサポートはあるのか教えていただけますか? 英語学習は、毎日コンスタントに学習することが大切です。

「STRAIL(旧THE CONSULTANT)」を運営する株式会社スタディハッカー様にインタビューさせていただきました!

個々の受講者がもつ課題によって、個別にプログラムをデザインします。

19
転機になったのは設立の2010年の夏に、「3ヶ月で英語の成績を一気にあげる」ということを目的とした短期集中プログラムリリースしたことです。

【社長インタビュー】株式会社スタディーハッカー 岡健作社長

男女比に関しては、ほぼ同じぐらいかなというイメージです。 京都で最初に作った予備校では、当初から「受験英語に第二言語習得研究の知見を取り入れて、受験勉強を効率化する」ということを目的のひとつとしてスタートしました。

7
2020. 通常よりも長い2年保証が標準、購入後のサポートまで考えられた長期運用にもオススメできる1台• 「ENGLISH COMPANY」と「STRAIL」について 「ENGLISH COMPANY」は、言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を用いたトレーニングで受講生の学習生産性を最大化し、短期間で英語力の大幅アップを可能にする「時短型」英語学習パーソナルジムです。 では、ベネッセにおいてM&Aにゴーサインがでるケースと、却下されるケースではどこが違うのか。