青山学院大学陸上競技部

東海大学や青山学院大学はエースクラスの選手を補欠選手にしています。

さらに新入生にも力のある選手が揃っており、また2年連続で5区を務めた竹石尚人もチームに残るということで、また これから 第2次黄金時代 が作られていくでしょう。 沢山の応援ありがとうございました。

[史上最速世代が語る箱根路 vol.1]吉田祐也「人生を変えた最初で最後の夢舞台」

5:28:48 早稲田大• 東海大• さらに全日本大学駅伝では区間賞を獲得しています。 88 3組8位 予選敗退 3000mSC 小原 響 1年 9:06. 東京国際大学• 5:21:16 青山学院大 往路新• 東京国際大と同様に予選会を勝ち抜いた明治大が5位、創価大が7位、早稲田大が9位と健闘しています。

10
明治大学は、注目選手のの走りに結果が変わってくると思います。 中央学院大学• 復路でも8区岩見秀哉が昨年の4区でのリベンジを果たすと9区で新キャプテンの神太が賞の走りで優勝を果たしました。

【箱根駅伝2020振り返り】〜青山学院大学〜

2区:相沢晃(東洋大)1時間5分57秒 3区:イエゴン・ヴィンセント(東京国際大)59分25秒 4区:吉田祐也(青学大)1時間0分30秒 5区:宮下隼人(東洋大)1時間10分25秒 6区:館澤亨次(東海大学)57時間17秒 7区:阿部弘輝(明治大学)1時間1分40秒 10区:嶋津雄大(創価大学)1時間8分40秒 2区の相沢晃選手は、モグス選手の1時間6分4秒のすごい記録を2区でははじめての1時間5分台をたたき出しています。

18
個人としても区間賞と秒差での区間3位だったので、箱根では区間賞の走りをしたいです。

【箱根駅伝2020振り返り】〜青山学院大学〜

2020年の大学生の実力トップのと山下りのスペシャリスト今西駿介選手、2年連続箱根1区区間賞の西山和弥選手がいます。 1区区間賞の創価大・米満選手もインタビューで「ヴェイパーフライとかシューズの効果もあると思うんですけど・・・」とNIKEのシューズの事を言ってたので相当すごいシューズなんだな。 来年は伊藤が抜けますが、ヴィンセントもいますし期待できそうです。

7
これからも応援よろしくお願い致します。 美穂夫人の発破に、主将も「これはヤバいな. 出雲駅伝と全日本駅伝では、1年生のが好成績を残してチームを上位に進出させています。

2020箱根駅伝 “厚底”に履き替えた青山学院大が優勝奪還/ナイキ着用率はナント84.3%に急増!(山口一臣)

東京国際大• 5:37:53 筑波大• 往路に力がある選手を配置して優勝することで、復路も制覇して総合優勝を狙うことができます。

17
平成の常勝軍団は、令和の常勝軍団と言われるか期待が高まります。

「第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」復路優勝、総合第4位

総合優勝には手が届きませんでしたが、往路、復路、総合と全ての優勝校が異なる混迷のなか、復路優勝、12年連続10位以内(シード権獲得)という結果を残しました。 着実に実力は上がっていたが、それを支えたのは豊富な練習量だった。 10:48:25 東海大 復路新• 帝京大学• 11:13:33 国士舘大• 帝京、明治、東京国際との大接戦に競り勝ちました。

19
そして、今大会の出場権がかかる予選会では33年連続で出場していた山梨学院大が敗退する波乱もあった。

【2022 箱根駅伝】青山学院は復権なるか?

3区では遠藤 大地が区間賞レベルの走りをするなど毎年着実に力強さを増しています。 11:10:32 日本体育大• 往路では3位と健闘したので、総合5位以内となると予想しています。 5:31:52 順天堂大• 11:07:26 神奈川大• 青山学院大学とは3分22秒差なので、往路での逆転は厳しくなりました。

2
2区でエース相澤晃が区間記録を塗り替えた 東洋大ですが、3区・4区で続くことができず。 往路2位でスタートした国学院大。

2020箱根駅伝 “厚底”に履き替えた青山学院大が優勝奪還/ナイキ着用率はナント84.3%に急増!(山口一臣)

復路も早い段階で順位を上げないとシード権争いにも絡めなくなってしまいそうです。 5:22:49 國學院大 往路新• 素晴らしいですね。 原監督は吉田について、こんな評価をしていた。

2
だが、トップで大手町のゴールに飛び込んだのは東海大だった。

2020箱根駅伝 “厚底”に履き替えた青山学院大が優勝奪還/ナイキ着用率はナント84.3%に急増!(山口一臣)

しかも、2位国学院大学、3位東京国際大学、4位東海大学までの4チームが往路新記録です。 薄いブルーとオレンジのコンビネーションで左右のカラーが微妙に違ってカッコイイ。 昨秋のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では男子30人中16人が「ピンクの靴」だったことも指摘している。

8
阿部弘輝選手は10000m27分でチームのエース。