東九州自動車道

:清武JCT - 清武南IC間開通。 5か所のインターチェンジ(ハーフ含む)の設置が検討されている。 に間接接続。

18
- - - - - - - - -• (平成12年)• 2016年4月4日• (日南東郷IC、志布志ICで直通(予定))• 「3か年緊急対策区間」については、2020年12月ごろより順次着工した。 「優先整備区間案」は3年 - 5年ごとに見直しが行われる予定のため、今後、整備区間に変更が起こる可能性がある。

リアルタイム交通情報

大分IC - 佐伯IC間は20時に通行止めが解除されるが 、安心院IC - 大分IC間が引き続き通行止め。 :大分農業文化公園IC供用開始。 ドコモ・au・ソフトバンクの各種携帯電話やインターネットに接続したパソコンでご覧になれます。

8
北九州高速道路事務所 : 北九州JCT - 中津IC• 別府IC - 大分IC間 高崎橋 310 m 上下線一体。 清武南IC以南については進捗がかなり遅れており、清武南ICと日南北郷IC間(延長17. :今川PAの・が営業開始し、北九州JCT - 日出JCT間にガスステーションが初めて設置された。

リアルタイム交通情報

(北川IC、延岡南ICで直通)• :津久見IC - 佐伯IC間開通。 高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)は、北九州JCT - 清武JCT間が「E10」、清武JCT - 加治木JCT間は「E78」となっている。 特にに大分 - 宮崎間が全通したことで、 - 川南PA間で 約150 kmもの間隔が空くことになった。

:国道220号日南・志布志道路 日南IC - 油津IC間、同 夏井IC - 志布志IC間が事業化。 7 km)が(東九州自動車道に)として事業化されることになったが、県境部分の油津IC - 夏井IC間の事業化は持ち越された。

東九州自動車道・九州中央自動車道 夜間通行止めのお知らせ

(平成21年)• 道路施設 [ ] 休憩施設 [ ] 2020年5月現在では以下のようになっている。 地理 [ ] 通過する自治体 [ ] 括弧内は九州自動車道として通過する自治体。 :東九州道内最長となる猪八重トンネル貫通。

2
- - - 曽於郡大崎町 - - - ( - ) 接続する道路 [ ]• ・に間接接続。

東九州自動車道

2019年8月27日閲覧。 (西日本高速道路 2014年9月24日)• プレスリリース , 西日本高速道路株式会社, 2016年4月17日 , 2018年8月6日閲覧。 これにより、清武南IC以北の宮崎県内すべての区間が暫定2車線で開通。

10
- 川南町(2020年4月23日)• E3 (北九州JCTで接続)• 2015年1月29日閲覧。 詳細は参照。

リアルタイム交通情報

A'路線としてはのである(みやこ町 - 築上町)、(宇佐市 - 日出町)、(延岡市)、(延岡市 - 門川町)、(霧島市 - 姶良市)、のバイパスである(日南市 - 志布志市)が該当する。

(平成6年):国道10号宇佐別府道路 宇佐IC - 院内IC間、大分自動車道として速見IC - 日出JCT間開通。

東九州自動車道・九州中央自動車道 夜間通行止めのお知らせ

:西日本高速道路は椎田南IC - 豊前IC間の開通式典について、熊本地震の被災者への配慮や被災地の高速道路復旧に全力で取り組む必要があることなどから開通式典の中止を発表。 大野川橋 480 m 480 m 津久見IC - 佐伯IC 550 m 佐伯IC - 佐伯堅田IC 橋 540 m 佐伯堅田IC - 蒲江IC 青山橋 450 m 須美江IC - 北川IC きたがわ大橋 660 m の案内表示あり。 これにより区間は全線開通となり、との県都間が東九州道で結ばれる。

:中津IC - 速見IC間で積雪時の冬用タイヤ規制を導入。