東京都における都市再生特別地区の運用について

今まで再開発といっても、既存建築物や空き地が散らばっているため簡単にはいかず、既存建築物を残しながら再開発事業を実施するためには、関係権利者全員の同意を得る必要がありましたが、個別利用区制度により、関係者全員の同意によることなく、有用な既存建物を残しつつ、散らばっている低未利用地を集約して有効活用することが可能となりました。 )を有する者の三分の二以上の同意 (同意した者が所有するその区域内の土地の地積と同意した者が有する借地権の目的となっているその区域内の土地の地積の合計が、その区域内の土地の総地積と借地権の目的となっている土地の総地積との合計の三分の二以上となる場合に限る。

11
)の代表者に対して、資料の提出、意見の開陳、説明その他必要な協力を求めることができる。 以下同じ。

東京都における都市再生特別地区決定一覧

)に記載された同条第2項第2号に掲げる事項の内容に即して」と、「駐車場整備地区内又は商業地域内若しくは近隣商業地域内の」とあるのは「計画区域の区域内の」と、同条第2項中「地区内」とあるのは「地区内の計画区域の区域内」と、同項及び同法第20条の2第1項中「その建築物又はその建築物の敷地内に」とあるのは「都市再生駐車施設配置計画に記載された都市再生特別措置法第19条の13第2項第2号に掲げる事項の内容に即して」と、同項中「前条第1項の地区若しくは地域内又は同条第2項の地区内」とあるのは「前条第1項又は第2項の計画区域の区域内」と、「地区又は地域内の」とあり、及び「地区内の」とあるのは「計画区域の区域内の」とする。 ただし、次の各号のいずれかに該当する建築物につ いては、この限りでない。

16
)の区域」を加え、「第二条の二第一項」を 「第二条の二第一項第三号」に改める。

都市の魅力向上と防災の2本立て、都市再生特別措置法等改正案|新・公民連携最前線|PPPまちづくり

以下この節において同じ。 ・地区外における関連公共施設等整備• 以下この号において同じ。 4 都市再生特別地区内の建築物については、当該都市再生特別地区に関する都市計画に おいて定められた建築物の容積率の最高限度を第五十二条第一項各号に掲げる数値とみ なして、同条の規定を適用する。

17
国土交通省は、2025年度までに100市町村以上が「滞在快適性等向上区域」を設定することを目標としている。 )に係る経理とその他の業務に係る経理とを区分して整理しなけ ればならない。

都市再生特別措置法|条文|法令リード

施設の休廃止• (地域整備方針) 第十五条 本部は、都市再生緊急整備地域ごとに、都市再生基本方針に即して、当該都市 再生緊急整備地域の整備に関する方針(以下「地域整備方針」という。

11
一 都市再開発法第七条の九第一項、第七条の十六第一項、第十一条第一項から第三項 まで、第三十八条第一項、第五十条の二第一項、第五十条の九第一項、第五十一条第 一項後段(同法第五十六条において準用する場合を含む。

令和3年4月1日から、都市再生特別措置法に基づく届出(立地適正化計画関係)が必要です/大津市

第48条 前条第2項の規定による交付金を充てて建設された住宅地区改良法(昭和35年法律第84号)第2条第6項に規定する改良住宅についての同法第29条の規定の適用については、同条第1項中「第27条第2項の規定により国の補助を受けて」とあるのは「都市再生特別措置法第47条第2項の規定による交付金を充てて」と、同条第3項中「第13条第3項」とあるのは「第12条第1項中「の補助」とあるのは「の補助(都市再生特別措置法第47条第2項の規定による交付金(以下この項において「都市再生交付金」という。 に入社し、国内リテール業務を経て、その後()にて不動産売買仲介を行う。 以下同じ。

2
国土交通省 都市局 街路交通施設課• )に通知するとともに、計画の認定を 受けた者(以下「認定事業者」という。 建築物のの最低限度• 2 政府は、予算の範囲内において、民間都市機構に対し、基金に充てる資金を補助する ことができる。

令和3年4月1日から、都市再生特別措置法に基づく届出(立地適正化計画関係)が必要です/大津市

H30. 6 都市再生特別地区内の建築物については、第五十六条の二第一項に規定する対象区域 外にある建築物とみなして、同条の規定を適用する。 )」と、「から補助」とあるのは「から補助(都市再生交付金を含む。 誘導施設を有する建築物で仮設のものの建築の用に供する目的で行う開発行為• )が記載されたものに限る。

12
国土交通省 都市局 都市計画課 公布日: 平成十四年四月五日 改正法令名: 都市再生特別措置法等の一部を改正する法律 (令和二年法律第四十三号) 改正法令公布日: 令和二年六月十日 よみがな: としさいせいとくべつそちほう 目次・沿革 ダウンロード. (平成二十八年法律第七十二号)• 国土交通省 都市局 まちづくり推進課• 第4節 都市再生安全確保計画の作成等 第19条の17 協議会は、都市再生安全確保計画に第19条の15第2項第2号又は第4号に掲げる事項として建築物の建築等 (建築基準法 (昭和25年法律第201号)第2条第13号に規定する建築、同条第14号に規定する大規模の修繕、同条第15号に規定する大規模の模様替又は用途の変更をいう。

東京都における都市再生特別地区の運用について

国土交通省 都市局 公園緑地・景観課• ) イ 都市計画法第十二条の五第二項に規定する地区整備計画、第七条の八の二第二 項第三号に規定する再開発地区整備計画、密集市街地における防災街区の整備の 促進に関する法律第三十二条第二項第二号に規定する特定建築物地区整備計画若 しくは同項第三号に規定する防災街区整備地区整備計画又は幹線道路の沿道の整 備に関する法律第九条第二項に規定する沿道地区整備計画(ロにおいて「地区整 備計画等」という。

15
R02. 15 前項の規定により立地適正化計画に低未利用土地利用等指針に関する事項を記載するときは、併せて、居住誘導区域又は都市機能誘導区域のうち、低未利用土地が相当程度存在する区域で、当該低未利用土地利用等指針に即した住宅又は誘導施設の立地又は立地の誘導を図るための土地 (国又は地方公共団体が所有する土地で公共施設の用に供されているもの、農地その他の国土交通省令で定める土地を除く。 建築物のの最高限度• )第三条第一項に規定する民間都 市開発推進機構(以下「民間都市機構」という。

都市再生特別措置法施行令

(計画提案を行った場合における認可等に関する処理期間) 第四十四条 前条第一項の規定による申請を受けた行政庁は、当該申請が法令に基づく認 可等の基準のうち計画提案関連基準以外の基準に適合しないことを理由に認可等を拒否 する処分を行う場合を除き、第四十二条の規定にかかわらず、当該計画提案を踏まえた 都市計画決定告示等が行われた日から一月を経過する日(その日が当該申請を受理した 日から同条に規定する政令で定める期間を経過する日前である場合にあっては、当該政 令で定める期間を経過する日)までに速やかに当該認可等に関する処分を行うものとす る。 以下「民間都市開発法」という。

7
)をいう。 R02. (建築基準法の一部改正) 第三条 建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)の一部を次のように改正する。