プーチン氏の娘が莫大な資産を築いていた

プーチン政権に良いイメージをまだ持っている人も、この本を読んだら考えが変わるかもしれない。 。 海外でプーチン・シンパを育てる ベルトン氏は著書の最後で、プーチンが率いる新しいエリートたちがロシアから奪ったお金を使ってどのように外国の政治に影響を与えたかを説明する。

このいわゆる「秘密経済」により、ロシアの諜報(ちょうほう)集団は、1991年にソ連が崩壊した後も、財源と大規模な影響力を維持することができた。

プーチンの影武者・替え玉はいつから?若い頃の写真から真相を探る

今後もロシア、アメリカ、日本の動向を注意深く見ていきたい。 しかし、現在でもまだ暗殺が多いと言われる。 しかし、プーチンが生まれたのは1952年とされている。

カテリーナ氏の身元をめぐりメディアで憶測が飛び交う中、ロシア国有銀行「ガスプロムバンク」のアンドレイ・アキモフ副会長はロイターに対し、カテリーナ氏が「チホノワ」という姓を名乗っていると明かした。 プーチン氏の個人的な富に関するベルトン氏の主張も、いわゆる「パナマ文書」によって裏付けられている。

「プーチン大統領の娘、コロナワクチン接種で死亡」根拠不明の情報が世界に拡散(BuzzFeed Japan)

その秋田犬がプーチンに懐いている時と懐いていない時があるのだ。 また、今年に入ってカテリーナ氏が、プーチン大統領の長年の友人であるニコライ・シャマロフ氏の息子であるキリル氏(33)の「配偶者」と自身を称していることが分かった。

7
もちろんマスコミもそのようなことは知っているため、暗黙の了承で裏の存在は明かすことができない。

「プーチン大統領の娘、コロナワクチン接種で死亡」根拠不明の情報が世界に拡散(BuzzFeed Japan)

この情報は8月15日、「Toronto Today」と称するサイトに掲載された。 ワシントン・ポストは、ロシアではクレムリンに反することを恐れて、プーチンの子どもを公に認めない人が多いと報じている。

8
その後、麻薬は西欧に輸出され、タンボフグループとプーチン氏や彼の取り巻きたちとの双方に膨大なお金が流れたといわれている。

ロシア大統領プーチンは既に亡くなっている。影武者は5人、不老不死の謎

ベルトン氏は、1999年の一連の爆撃と2002年のモスクワ劇場占拠事件の両方で、前述のニコライ・パトルシェフ氏が主要な役割を果たしたと主張している。 さらに、2010年に、ロシア政府と犯罪組織との関係に関する米国務省の報告書は、プーチン氏のロシアを「事実上のマフィア国」と記述した。 ホントかどうか分かりませんが。

7
ロシアのプーチン大統領の娘が新型コロナワクチン接種をして亡くなったというニュースがTwitterで出回っています。 また、記事上での情報源は「ロシアの内部の情報筋」とされている。

プーチン氏の娘が莫大な資産を築いていた

出所の分からない元夫人の暴露話に関しては、ホントのところは分からない。

それについての公式な発表もされていないことから、この件はフェイクニュースと捉えるのが妥当だろう。 カテリーナ氏を幼少のころから知っているというアキモフ氏は、チホノワはプーチン氏の娘だと語った。

プーチン氏の娘が莫大な資産を築いていた

この集団は資本主義を破壊すべく、1970~80年代に欧州で複数の暗殺と、企業や庁舎に対する爆弾攻撃を実行した。

8
このテロ事件が起こる1カ月前に、プーチン氏はロシアの首相に任命されている。