【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

ユミルの民に関しては86話で登場しましたが、特別編「ユミルの手帳」でも語られています。 そんなとき、エレンはミカサの誘拐犯の潜伏先に乗り込み、3人のうち2人の命を奪いました。

10
エルディア復権派メンバーでありながらマーレ政府に潜り込み、エルディア復権派に情報や物資を流して裏で支援をしていた。

進撃の巨人 謎 考察 クルーガーの名前はエレン?ミカサ アルミンを知っている?ループ確定か?

ただ自分の生い立ちだけなら手紙を出すまでもないと思われますが、ヒストリアとユミルに通じる暗号のようなものがあるかもしれませんね。 その時、一緒に放逐された巨人の中に、あのイルゼを捕食した巨人もいます。

すべてはエルディア復権のため…。

【進撃の巨人】エレン・クルーガーとは【フクロウの正体でかつての進撃の巨人の継承者】|サブかる

記事の目次• エレン・クルーガー「妻でも子供でも街の人でもいい」「壁の中で人を愛せ」「それができなければ繰り返すだけだ同じ歴史を同じ過ちを何度も」「ミカサやアルミンみんなを救いたいなら使命を全うしろ」 やはまだ生まれておらず、エレン・クルーガーが知っているはずがありません。 important; border-color: 0ad8c4! その後はクリスタを守るためにライナーたちにつくが、エレンが発動させた「座標」の力を見て「壁の中にも未来がある」と判断すると、クリスタに別れを告げ、ライナーたちとともにウォール・マリアのシガンシナ区まで撤退した。 エルディア人は人間ではないのだと。

19
ループ説にも繋がる情報なので、今後の伏線回収に期待したいところです。 ユミルの手紙 ライナーが持っていたユミルの手紙の内容も判明しました。

【進撃の巨人】クルーガーがミカサとアルミンを知っていたのはなぜ?進撃の巨人の能力?

もしクルーガーがイェレナの父親だったとすると、エレンと呼ぶと父と被ってしまうからという線は十分にあります。

14
。 クルーガーが提供した資料やダイナの情報により、グリシャらエルディア復権派はパラディ島に逃げ込んだフリッツ王(レイス王)から『始祖の巨人』を取り戻し、マーレへの反逆を計画することになりました。

進撃の巨人のループの構造を妄想!クルーガーは赤子!?【完全妄想】

圧力のある表情に、アルミンの涙と、まだまだ考察が出来ることが残っています! イェレナとは イェレナとは、進撃の巨人の中でも一人だけ見た目が明らかに違う人物です。 つまり、エレンは生まれたときから、はっきりとした未来の記憶を見ているわけではないですが、影響を受けていた可能性はあると思います。

11
この部分は別記事で考察し、その記事内で 敵は世界であると考察していたのですが、的中してちょっと嬉しかったりします。

【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

そして、イルゼを捕食した巨人がイルゼを ユミル様と呼び、一瞬でも服従の意思を示した理由も判明しました。 「マーレの戦士」になるべく遣わされたジークは、七つになった頃、両親をマーレ政府に密告。 YouTubeもやってます ブログだけでなくYouTubeもやってまして、今回の記事の動画版もあるのでそちらもご視聴ください。

7
同期の友人であるマルコからは「強い人ではないから弱い人の気持ちがよく理解できる」と指揮役としての適性があると評されていた。