ジョセフ・ティティル最新予言!日本や世界の近未来に起こる事とは

最も有力な予言=予告説 予言というものを信じているだろうか? 過去記事では未来人の予言を、過去の心霊現象が宇宙人の超科学説から、宇宙人の仕業により未来人の予言を宇宙人が超科学により的中 させたと考えた。 【スポンサーリンク】 未来人の予言2:2020年8月に地震が起きる? 2020年に地震が起きると言う予言は、未来人のものはありませんでした。 といっても、例のあの立て看板の話ではない。

— 2016 8月 12 5:01午後 PDT 過激発言をたびたび行う、トランプ大統領。

ジョセフ・ティティル最新予言!日本や世界の近未来に起こる事とは

今ここにある現実を見据えること。 メタファー(暗喩)として、とらえることも可能だ。 イランとの関係が友好的なものになるということでしょうかね? また暗殺を企てられ、実行されるようですが、それでもプーチンは死なないそうです。

8
つまり、 東京五輪開催期間中に直下型地震が東京を襲うと言うものです。 また、戦後に日本人には「日本人手当」が支給されるという。

ジョセフ・ティティル最新予言!日本や世界の近未来に起こる事とは

しかしながら五輪の開催はともかく、地震発生についてはかなりヤバいという感覚すらありますよね…。 ですが2010年11月14日にこのような書き込みをしています。 元々は(おそらく)戦争の影響で男性が減ったと考えられるが、「10年くらい前から政策でこの男女比を維持している」旨の書き込みが見られ、2040年あたりからこの男女比が合理的な社会が成立していることが伺われる。

14
現に最初に示したように東京五輪と地震をこじ付けて中止だと言っている人もいる。

2020年代にこれから起こる出来事 怖すぎる未来人の予言【都市伝説】

しかし、予言の一文からはそれ以上の意味は見出せないので、もしかしたらボイコットした国があるのかもしれませんね・・・ とにかく、閉会式が感動的らしいので、録画の準備はしておきましょう!笑 他にも色々な予言がありますが、 未来人の声を参考にすると、2020年東京五輪の開催自体は問題なさそうです。 にも主役のマー氏の姿はありません。 あれほどの事故があっても「止まらない」のは、あれが「一発目」だったからだ。

17
往々にしてそれは、「表の意味」の奥にあるもの、つまりメタファーとして、受け手の内部で発酵していくことになる。

ババ・ヴァンガとは?2020年の予言は?2021年以降もまとめ

なぜこの記事が掲載されたのかはともかく、私はこれを師父の説法から理解しています。

2
東急文化会館は、およそ47年にわたって、あの地にあった。 「読み」の話だ。

ババ・ヴァンガとは?2020年の予言は?2021年以降もまとめ

福島第一原発放射能漏れ事故• 全部本当なわけないと思う。 詳しくは動心学を勉強する必要がありますが、2020年は地震を引き寄せるパワーのある年のようです。

ただ、師父に信頼を置くのです。 気温47度の炎天下に置かれた車の中は超高温のサウナ状態になります もちろん北極も南極も氷が融けて海面が上昇します 南極大陸は現在、どこの国にもぞくしていない唯一の大陸ですが、気温上昇し人間が定住できるようになることによって 領土争いが起こると言われています 南極の超分厚い氷の下に存在する大地にはレアメタルをはじめとした資源が豊富にあるので、皆が欲しがるのです 南極の氷は厚さ4kmと言われていますが、2050年には氷がかなり融けて大地が見えているかもしれません それによって人間が住めるようになり、南極に新しい国家が誕生しているかもしれません それか、どこかの国が占領しているかもしれません 未来人による予言は起きて欲しくない事ばかりです 私たちは予言をもとに備えたり、改善する努力が必要なのかもしれません しかし、何が起こるかわからない中では、そうならないように願うことしかできないのかもしれません オススメ書籍. もし、新型コロナウイルスが過ぎ去っても、中共が崩壊せず、さらに、2028年までに法を正すことが終わらなかったとしても、あなたはまだ熱心に修煉を続けることができますか? あなたはいつも、師父が説かれたことは何でも信じると言っています。

【予言】東京五輪は地震で中止される [February 14, 2021]|News U.S. note|note

実際に発生する4ヶ月も前に地震を予言していたことになります。 2183年火星のコロニーが核保有国になり、地球からの独立を要求する。

9
これは10年以内に理解できるだろう(「14Q」は、出生時に翻訳機能を持つチップを体内に埋め込む。

落合博満の“予言”的中率が、えげつないことになっている (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

人や企業がお金を探す時代から、お金のほうから人や企業を探す時代になる。 文字どおり、市街地の大部分がビルも人もふっ飛んで、 「復興前の」灰燼へと帰してしまう。

ノストラダムスの大予言やらマヤの暦やら、あと何回ファイナルアンサーあるんやねんと思いがちだが、最近ある福音伝道者が聖書をもとに残した終末の予言が話題になっているようだ。

2021年はどうなる?霊能力をもつ盲目の予言者、ババ・ヴァンガの予測 (2020年12月25日)

その時計台が、何か爆破のような形で破壊されています。 しかし前述のとおり、オリンピックどころか、 ネオ東京そのものが崩壊してしまう。 一発目の「新型爆弾」で、失われた30年が始まった ごく当たり前に、こうした観念が大前提として、『AKIRA』のなかには横たわっていたのだと僕は考える。

17
2170年:大きな干ばつ。