日本映画専門チャンネル

BSデジタル放送 局番号 : 25• 偏愛映画放談」• プレミアムサービスの衛星一般放送事業者が、からに変更。

12
10月 - スカパー! 12月1日 - スカパー! (現・(標準画質))にて放送開始。 2002年まで8本の続編が同一キャストによって制作された国民的ドラマとして知られる。

「北の国から」スペシャル全8作品が日本映画専門チャンネルで一挙放送(映画ナタリー)

「日映Movie Walker」• Official Program Data Mark(公式番組情報マーク) このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 多くの反響に応える形で、現在、毎週日曜に連続ドラマ版をリピート放送している。 12月24日、同局、BSデジタル放送(スカパー! 近年では「日本映画」と名付けている物のテレビドラマの放映、テーマによっては洋画を取り上げる等多様な構成をしている。

6
2015年7月 - 「劇場」「劇場」を放送開始。 e2 by スカパー! このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。

日本映画専門チャンネル HD

BS255(チャンネル名称「 日本映画専門チャンネル」、ハイビジョン放送、字幕放送、2012年3月1日に東経110度CS放送のCh. 日本映画放送の代表取締役社長である杉田成道が演出を担当した。

3
e2での放送をスカパー・エンターテイメントの東経110度CSデジタル放送から日本映画衛星放送(現・日本映画放送)のBSデジタル放送に変更、「 BS日本映画専門チャンネル」放送開始。 東経110度CSデジタル放送• 「北の国から」のドラマスペシャル全8作品が5月8日、9日に日本映画専門チャンネルで一挙放送される。

「北の国から」スペシャル全8作品が日本映画専門チャンネルで一挙放送(映画ナタリー)

HD634(チャンネル名称「 日本映画専門チャンネル」、ハイビジョン放送、字幕放送、2008年10月1日放送開始)• プレミアムサービス)で「 日本映画専門チャンネルHD」放送開始(事業者は)。

3
過去に放送されていたチャンネル [ ]• 「映画祭へ行こう!」• Official Program Data Mark(公式番組情報マーク) このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。

日本映画専門チャンネル HD

詳細な放送時間は公式サイトで確認を。

10
634(HD) 放送開始 (標準画質) 放送事業者 日本映画衛星放送株式会社 チャンネル番号 Ch. さらに2012年3月1日より、東経110度CS放送からBSデジタル放送に変更されたことに伴い、チャンネル名を「 BS日本映画専門チャンネル」(ビーエスにほんえいがせんもんチャンネル)、衛星基幹放送事業者も 株式会社に変更。

「北の国から」スペシャル全8作品が日本映画専門チャンネルで一挙放送(映画ナタリー)

日本映画専門チャンネル(にほんえいがせんもんチャンネル)は、株式会社が運営するのひとつ。 でチャンネル名を「 日本映画専門チャンネルHD」と変更。 TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。

19
スカパー! 放送時間 [ ] 原則として7時を1日の基点とする24時間放送であるが、早朝(4時~6時台)に始まる作品の終了後は午前7時の基点までの間はとして番組ガイドなどを送っている(そのため、1時間以上もフィラーとなる場合も日によって生じる)。 これは東宝・大映・松竹がともにフジテレビの設立に関わっていることから実現した。

日本映画専門チャンネル

6月 - にて標準画質放送を終了。

7
7月 - スカイエンターテイメント株式会社(現・)によりスカイパーフェクTV! 3月 - スカパー! 日本映画専門チャンネル 基本情報 運営(番組供給)事業者 株式会社 放送(配信)開始 HD放送(配信)開始 ジャンル 映画 放送内容 (主に・・制作作品) 視聴可能世帯数 778万434世帯(2018年11月末時点) 衛星基幹放送(BSデジタル放送) スカパー! SD707• スカパー! しかし9月のHD化を境にこの共同企画は行われなくなった。 スカパー! 日本映画専門チャンネルガイド [ ] 2006年1月号より増刊され続け2014年4月号で創刊100号を迎えたが2014年8月より新規及び年間更新手続きを停止し、2015年3月号をもって休刊。