今川義元ってどんな人?年表や妻をわかりやすく解説!

1548年(29歳)「第二次小豆坂の戦い」で織田信秀を破る。

12
しかし、 単に今川義元は討ち取られたわけではなく、首を切られる際に義元は毛利良勝の指を食いちぎったとも言われており、最後まで東海一の弓取りの意地をみせた最期だったと思います。

今川義元は領土を拡げ今川家の全盛を築いた武将!桶狭間の戦いで破れた暗愚な人物?

しかしこの動きはそれまでの盟友であった北条氏との敵対を招き、駿河東部を占領される結果となってしまう(第一次河東一乱)。

1
これにより、河東付近で今川と北条による長期の戦いが続き、ようやく決着がついたのは 天文14(1545)年でした。

【入門】5分でわかる今川義元の生涯

もしかすると、天下を取ってしまうのではないかというくらいの勢いがある。 そして、「桶狭間の戦い」で史実同様の末路をたどるのだが、その際のサブタイトルは『』だったのである。

17
幼名は方菊丸です。

【今川義元と天下統一】もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?

大石泰史は尾張国内で輿に乗れる資格があるのは同じく足利氏庶流の守護の斯波氏のみで、義元が輿に乗って進軍することで織田氏との家柄・立場の違いを尾張の人々に視覚的に示そうとした政治的・軍事的なパフォーマンス・デモンストレーションであったとする。

「桶狭間の戦い」にて織田信長の奇襲により、没する。 信秀の息子・織田信広を捕らえ、人質交換で松平竹千代(徳川家康)を配下にする。

今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人

この状況を打破すべく、義元は北条氏と敵対関係にあった山内上杉氏と結んでこれに対抗。

17
特徴的な麻呂顔を残しつつ、他の兜と比べてもかなり華奢な体つきをしている。

今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人

であったが、四男は僧籍。 よく歌を詠んでいたというのも、教養の高さを誇示する目的があった。

19
しかし、武田氏と結ぶことは、北条氏との抗争を生むことになりました。