「恐縮」の意味と類語とは?ビジネスや目上の人への使い方も解説

「僭」は「身分不相応におごる」、「越」は「物事の範囲・程度をこえる」を意味します。 重大な謝罪や大きな賞賛へのお礼など、日常的ではないシーンで使用しましょう。

11
恐れ入りますが、〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?• また、何かを指摘するような場合には、「僭越ながら、ご忠告申し上げます」などということもあります。 ・お足元の悪い中ご足労いただき、恐縮です。

「恐縮」の意味、ビジネスにおける感謝・謝罪での使い方、類語、英語

(例文) ・大変恐縮ですが、予定が立て込んでいるため辞退させていただきます。

8
簡単にいうと、「出しゃばり」という意味の言葉です。

恐縮の意味,使い方,例文,対義語,類義語,同義語とは?

一般的に、「恐縮です」は、相手に感謝する気持ちや、相手に迷惑をかけて申し訳ないという気持ちを表現する言葉として使われています。 また、「僭越ではありますが」ということもあります。

18
書き言葉として使うのが一般的なので、会話で使ってしまうとどことなく相手に冷たい印象を与えてしまうことがあります。 「恐縮の限り」 「限り」には、「限界いっぱい」「限界まで」という意味合いがあります。

「恐縮」の意味、ビジネスにおける感謝・謝罪での使い方、類語、英語

伝わる意味はそのままに、柔らかい印象付けが可能です。 ビジネスシーンに個人的な事情を持ち込んで申し訳ないという気持ちを伝え、謙虚な姿勢をみせることで相手に失礼のないスムーズなやりとりができます。 「恐縮ながら」は恐れ多いことに使う 「僭越ながら」と似た表現には、「恐縮ながら」という言い回しもあります。

20
また、話し言葉として使う時は相手が委縮し過ぎてしまわないように、状況に合わせて「恐れ入ります」「恐れ入りますが」と言い換えるようにしましょう。

「恐縮です」の意味・正しい使い方【間違いが多いので注意!】|正しい日本語.com

恐縮至極 本来の「恐縮」の意味に、さらにこの上ないさまを加えた「恐縮至極 きょうしゅくしごく 」は、強調表現と言えます。 この2つの言葉は間違って使うと大事なビジネスに影響を与えかねないので、使う時には違いを意識しましょう。 本来の「恐縮」の意味は「おそれて身がすくむこと。

10
com 英語の「恐縮です」を知っておけば、感謝やお詫び、依頼の気持ちをていねいに伝えることができます。 自分を謙遜しながらも相手に感謝や謝辞を伝えることが目的ですから、「思います」ではなく、「です」が正しい表現です。

要注意!「恐縮です」の意味と使い方・例文

そこで今回は「恐縮」の意味や使い方、使用上の注意点、類語について解説していきます。 例文としては、「せっかくご提案をいただいたなか恐縮ではございますが、今回は見送らせていただきます」「恐縮ですが、対応しかねます」などがあります。 「大変恐縮ですが」と「申し訳ございません」を上手に使い分ける ビジネスメールの作成では、「大変恐縮ですが」と「申し訳ございません」の二つのフレーズを上手に使い分けることも大切なコツの一つです。

「僭越」とは? 「僭越」とはどのような言葉なのでしょう。 前後にシーンに応じた言葉を添えれば、その時々の気持ちをより深く相手に伝えられます。

恐縮の意味とは? 恐縮の意味や正しい使い方を紹介

あまりにも多く使うと、相手にしつこい印象を与えたり、わざとらしくなったりして、言葉の重みがなくなってしまうので、注意してください。 ビジネスシーンでは、「恐縮ですが」、「失礼ながら」という言葉を使う方が無難でしょう。

13
「if」のあとに言葉を続けることで、「恐れ入りますが~をしてもいいですか?」と伝えることができます。 ・このように栄誉ある賞をいただき、恐縮しきりでございます。