チェット・ベイカー晩年の安息

3枚目のソロアルバム『球体の奏でる音楽』に収録されていた曲です。

1950年代のジャズシーンにおいて、トランペットの清冽な音色と中性的な歌声によって人気を博したチェット・ベイカーは、のちに薬物に溺れ、58歳時にオランダ・アムステルダムのホテルから謎の転落死を遂げた。

チェット・ベイカーの栄枯盛衰:素晴らしいキャリアと悲劇的な最後

けれども、出だしはなるほど抑え気味にドラムを演奏し、デスモンドのサックスが入るあたりから徐々に盛り上げていき、チェットのソロ・パートが再び出てくる部分では抑え気味に戻り、また盛り上げていくという展開は、曲全体の展開を考えた見事なドラミングだと感じる。 そこで後にアルバム『Chet Baker Sings』に収められる数曲のレコーディングを行い、彼の人生とキャリアは極めて重大な転換期を迎えることになる。 その「My Funny Valentine」も収録されているのが、1956年に発表され、全曲で歌声を披露しているチェット・ベイカーの名盤「Sings」です。

6
生涯トランペットと麻薬しか愛せなかったこの破滅的ダンディの壮絶な晩年をこのドキュメンタリーでぜひ見ていただきたい。

チェット・ベイカーの栄枯盛衰:素晴らしいキャリアと悲劇的な最後

何年にも及ぶドラッグとアルコール摂取の影響により、亡くなった時、58歳になっていたチェットは、1950年代初期の身なりが綺麗で彫りが深く、西海岸のクール・ジャズを代表する若かりし頃とはほど遠い姿になっていた。 写真写りが良く、マチネのアイドルのようなルックスだったチェットは憧れの存在となり、ハリウッドがそこに目をつけた。

20
すると16歳の頃には米軍の楽隊に入隊しトランペットを演奏するようになります。 。

チェット・ベイカー最期の数日 映画『マイ・フーリッシュ・ハート』予告編

続くハリー・ウォーレンとマック・ゴードン作曲の「There Will Be Another You」は、ベイカーの冴え渡るトランペット演奏に引っ張られ、アルバム全体のテンポが加速する。

7
赴任地はベルリンであった。

チェット・ベイカーを偲んで〜悲劇の終焉を迎えた色男が歩んだ音楽人生とは?|TAP the DAY|TAP the POP

しかしこの時代のジャズミュージシャンの例に漏れず、麻薬に溺れてしまい・・・。

13
1970年代後半から80年代にかけてはヨーロッパのレーベルに多くの作品を残しながら、日本での人気も高まり1986年3月に初来日、翌1987年にも再来日公演を大成功に収めた。 【高橋芳朗】 続いてはアレックス・チルトン、2010年に59歳で亡くなっているカルト的な人気を誇るロックミュージシャンです。

チェット・ベイカーは結婚を自ら破綻!自伝的映画のラストが美談すぎる?!

予告編とポスタービジュアルが公開された。 ウェスト・コースト・ジャズの立役者としても有名なチェット・ベイカーですが、この作品はよりビバップ的で東海岸的な要素が混ざり、より多様な文脈を味わうことができるアルバムです。 実際に、ジャズの帝王マイルス・デイビスから「白人だから簡単に人気者になれた」と言われ、ひどく打ちひしがれてしまったこともありました。

の作品に参加, アランフェス協奏曲 - Concierto CTI, 1975年 評伝 [ ]• 、、のホテルの窓から転落死、原因は定かではない。 本作では、チェット・ベイカー特有の天性の歌声を堪能することができます。

チェット・ベイカーを偲んで〜悲劇の終焉を迎えた色男が歩んだ音楽人生とは?|TAP the DAY|TAP the POP

薬物との戦い チェット・ベイカーは、生涯薬物と戦っていました。

19
同年、両親の支配から逃れたいという思いが強くなっていたベイカーは実家を出て、友人のボブ・ホワイトロックとともにレドンド・ビーチの豪邸のゲストハウスを借りて住むようになった。

チェット・ベイカー

翌年には、カーネギーホールでマリガンとおよそ15年ぶりの再会セッションを果たし、1975年には11年ぶりにヨーロッパで演奏を行うなどジャズシーンへの復帰をファンに印象づける。 監督は本作が長編デビューとなるロルフ・バン・アイク。 Smokin' with the Chet Baker Quintet(1965年)• この頃からファッツ・ナバロ、マイルス・デイヴィスらビバップ・トランペッターを聴き漁るようになる。

11
それでも若い頃には醸し出せなかった哀愁を帯びた演奏で再評価されますが、完全復活とまではいかず・・・。 【高橋芳朗】 その平井堅さんをはじめとして、結構J-POでもチェット・ベイカーの影響を受けたアーティストは多いんです。

破滅的ダンディ「チェット・ベイカー」の生き様

Candy 1985年• ジェイムズ・ギャヴィンが執筆し、全てをさらけ出した伝記『終わりなき闇:チェット・ベイカーのすべて』もその一冊だ。

6
や公演先のなど複数の国で逮捕され、短期間であるが服役もしている。 それはチャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーらが君臨するニューヨーク中心のイーストコーストのジャズに対する一種のアンチテーゼであり、黒人ジャズに対する白人ジャズという対立軸としても絶大な客寄せ効果があった。