コロナ終息後も芸能界は大混乱!?やはり時代はYouTubeか・・│ひらきblog

今後も事務所を辞め、SNSアカウントを開設する芸能人は後を絶たないだろう。 またモーニング娘。

12
所属事務所と相談して、「発熱やのどの痛みなどの軽い症状だったら、仕事にも検査にも行かず自宅待機して、世間への公表を避けている」という芸能人がいるかもしれないというのだ。 「坂上忍やマツコ・デラックス、内村光良、有吉弘行、所ジョージ、ダウンタウン、くりぃむしちゅーなど、いわゆるバラエティー番組を中心に活動している大物と呼ばれるタレントには声が掛からなくなるでしょう。

コロナ終息後も芸能界は大混乱!?やはり時代はYouTubeか・・│ひらきblog

バラエティー番組ではソーシャルディスタンスが守られ、スカスカの状況で収録をしている。 坂上は、同番組で連日のように芸能人の感染を伝えていることに触れながら、「経済再生をアクセルとして、感染阻止がブレーキとするならば、政府はブレーキを踏む気はないようなので、僕ら商売柄、いくら必要以上に感染対策を打っているとしてもこの流れは止まらないだろうね」と理解。

Zoomなどのビデオツールを使い、オンラインで芸能人を参加させることもあるが、それなら最初からインターネット配信の方が良いのではないか。 『とくダネ!』(フジテレビ系)のMC・小倉智昭も降板することが決まりました」(ワイドショースタッフ) 小倉はギャラがかなり高いから「金額」も判断材料となるのは分かるが、近藤はかなり低いはず。

緊急事態の影は芸能界にも「ロケ減」「暇になった」

テレビメディアよりも、いつでもどこでも気軽に楽しむことが出来るYouTubeの需要は更に伸びていくことが予想されています。

9
それゆえ、 経済的に苦しく、ジョブチェンジも難しい芸能人たちは、SNSにこぞって参入し始まったのではないだろうか? ただこれは、裏を返せばそれだけ芸能界が経済的に厳しく、業界自体として制度疲労を起こしているとも言える。 どこもぜい肉をそぎ落とす必要があったのだと思います。

コロナで芸能界の仕事が減少した人が次に選んでる仕事5つ【解決策】

「2020年8月に女優の広瀬アリスとバスケットボール日本代表の田中大貴の破局が、突如報じられたことがありました。 一方、不幸中の幸いか、現場の努力によるものか、まだ収録現場でのクラスターは発生していない。 まだ売れていない芸人がアルバイトで生計を立てつつ、芸の道を目指すというのはよく聞く苦労話だが、そもそもコロナの影響で、世の仕事自体が大幅に減少している。

9
たしかに国の補償は芸能界に限らず、絶望的ではある。 しかし石原が感染したのは1月の中旬だというのに、公表はされていない(2月2日現在)。

タレントのリストラ、事務所の縮小…露呈し始めた芸能界コロナ損害

今回のように、2ヶ月近くも芸能活動が自粛となってしまいますとそれぞれの番組サイドでスケジュールの確保に困難が生じます。

9
韓国テレビ業界の苦悩がにじむ 音楽界では『ミスター・トロット』のコンサートが数回延期された末、また取り消しとなった。

タレントのリストラ、事務所の縮小…露呈し始めた芸能界コロナ損害

女優、のん(旧名・能年玲奈)さんの例が顕著だ。 何度も「絶望的」という言葉を口にした。 出演したTBS系『グッとラック!』の中で、現状について「先進国の中で、これほど文化・芸術にお金を出さないところはないと思っていました。

13
タレントのコメントは視聴者からしてみれば、説得力がないですからね。 コロナ禍でワクチン接種予約や助成金などのコールセンターが開設されていますが、DVに苦しむ一部の女性タレントが流れています。

熊田曜子も被害…衝撃!芸能界DV裏事情 感情制御できず職場でトラブルの事例も コロナ禍のストレスも一因か

大多数の無名の芸能人たちは、普通のサラリーマンよりも厳しい状況だろう。

4
コロナ禍でコンサートやイベントの仕事がキャンセルになるなど、業界からは悲鳴が聞こえてきます。

タレントのリストラ、事務所の縮小…露呈し始めた芸能界コロナ損害

客足が減少してしまい、営業を続けることが困難になってしまった店舗も数多くあります。 費用対効果が低い…と局に判断されたタレントは事務所の力(チカラ)に関係なく、切られるようになっていく。

17
本人は直撃インタビューに局側と話をしての納得の上での決定、と語っていましたが、局側には彼女でなくてもいい、あるいは彼女の置かれていたポジションはなくてもいい…との判断もあったのでは。