アライグマ・タヌキ・ハクビシンの見分け方!家の簡単対策方法も解説|アライグマ・イタチ捕獲・屋根裏ハクビシン駆除対策撃退|害獣駆除110番

「イマイチ、どの動物のものか分からなかったから見てほしい…」 「何でもいいから早く駆除してほしい!」 そんな方は、害獣専門家の私たちにおまかせください。 作業で使用した着衣や道具は菌に汚染されていますので、空気中に菌が拡散しないようゴミ袋などで覆ってから廃棄しましょう。

7
敷地内への侵入防止対策としてフェンスを設置されているご家庭もありますが、ハクビシンは身体能力が優れており1メートル以上ジャンプできることから容易に超えて侵入されてしまうケースもあるようです。

屋根の上にもハクビシンの糞!大事なのは後のメンテナンス

アライグマ、タヌキの、イタチの糞は、強烈な臭いを発するのに、ハクビシンの糞自体の臭いが少ないのは果実を好んで食べるからだと考えられています。

6
近くに足跡らしきものがないか確認してみましょう。

屋根裏のフンは「あの動物」だった!?糞からわかる動物とその被害

近年では都会の住宅地内の 戸建てなどでも発生しています。

また、害獣のなかには強い光や超音波を嫌う動物もいます。

たぬきの『ためふん』は危険な習性!動物のふんの特徴や対策法を紹介|生活110番ニュース

個体によっては刺激に強く、上記のような対策が効かないこともあります。 費用面が気になる方はまず見積りを取ることが大切です。

4
上の写真は我が家のトウモロコシ畑が荒らされた時の物ですが、完全に茎を倒して食い散らかしているのがわかりますよね? ハクビシンなら茎は倒れないし、アライグマならもっときれいに食べるので、この犯人は「タヌキ」です。 直接的な対策 物理的に侵入を阻止するためのグッズはあまりたくさんありません。

ハクビシンの糞の特徴

早い段階で追い出し、清掃・消毒できれば、 最小限の被害でおさえることできますよ。

16
加えて、素手で糞に触るのは大変危険ですのでやめましょう。

屋根の上にもハクビシンの糞!大事なのは後のメンテナンス

ハクビシンは夜行性であるため夜の間に農作物を食べた場所に巣を作り、そこに溜め糞をすることもあります。 糞尿を放置して深刻な被害が出る前に、はやめの対策が重要• ハクビシンは頭が入る隙間なら侵入することができるため、金網などで塞いでしまいましょう。 ほっておけば、繁殖したハクビシンがあなたの農作物を襲いますので、全滅してしまうかもしれません。

7
下水道を移動する種類や垂直移動してビルの高層階にも侵入する種類がいるため、どのような家に住んでいたとしても住みつかれるリスクはあります。 アライグマは、外国から輸入されてきた外来生物。

ハクビシンによる農作物被害の特徴と見分け方

まとめ アライグマやハクビシンによるフン害は、どこに住んでいても起こるおそれがある問題です。 業者に依頼して、動物たちを傷つけることなく追い払い、安心して生活できる環境にしましょう。 5~1センチメートルの細長い形をしており、ネズミのふんとよく似ています。

15
小さいお子さんや年配の方は重症になる可能性もあるんです。