【APEX】ダブハンを取るのは現状難しい|あらんじ|note

しかし、初動は物資集めに専念して、 中盤から終盤にかけて本格的に戦うことを意識すると良いと思います。

4
初動の戦闘で1チーム壊滅できれば200~300位のダメージは稼げるかもしれませんし、漁る時間の短縮にもなります。

Apexで2,000ハンマーを簡単に取る大事な5つのコツ

has-watery-yellow-answer-color. 中距離や遠距離での戦闘はほとんどしていません。 この記事を見てる方も、「3000ダメは出したことはある」という方も多いと思います。

16
野良だと特にダウンさせると突撃するのが普通なので、こちらも詰めにくい場所を選ぶのもアリかもしれません。

Apexで2,000ハンマーを簡単に取る大事な5つのコツ

撃ち合いがしやすそうなのは、しゃがむだけで射線が切れるような場所などが、かなりやりやすいです。 こうして 「ダブハン・爪痕を持っているようなプレイヤーにはとても見えない」 という不思議な現象が発生するのです。

20
has-deep-orange-question-color. 初心者がつまずく「立ち回り」の考え方 とりあえず覚えておくべき2点 FPSに慣れている上級者と違い、初心者を悩ますのが「立ち回り」でしょう。 久々に 『APEX LEGENDS』の話をします。

【Apex Legends】「ハンマーバッジ」を得るコツは? 脱・初心者を目指そう!

相手との間に遮蔽物を挟むように戦えば、被弾リスクが軽減され、ダウンする可能性が下がります。 PCで60fpsとかありえんやろ PS5でも買えよ ヒューズのウルトは景気付けの花火だぞ ネッシーがスタート地点に残るから 相手が翻弄されるだろ. ほかのに比べるとレートが少し低いですが、その代わりにダメージが高くなっています。

8
記事の続きの5つのコツを踏まえてから見るとわかりやすいと思います。

【Apex Legends】バッジ代行!?強力なバッジを付けているのに何故か弱い人達の正体とは?|くろせる戦記

important;background-size:10px auto! また、ゴールド帯の場合、敵もそこまで強くないので負けることも少ないです。 実況者がこぞって解説動画を上げたり、立ち回りについての解説が出回っていたり時間をかけなくとも学べるコンテンツが多いというのもあるかと思います。 important;background-color: 000! バックパックをしっかりと管理する ダメージとバックパックは関係ないと思うかもしれません。

13
ダメージを稼ごうと相手に近づきすぎてしまうと被弾のリスクが上がり、ダウンしてしまう確率が上がります。 まぁそういうゲームって比較的に日本では流行りづらい傾向にあると思います。

【Apex Legends】「ハンマーバッジ」を得るコツは? 脱・初心者を目指そう!

私の場合、 最後の5分くらいで2500ダメ稼ぎました。

20
107• 自分が爪痕を取れる腕前でもなんでもないのに爪痕バッジつけて、それで満足出来るんですかね?それで雑魚死して恥ずかしくなったりとかしないんですかね?と思ったりしました。 スナイパーはいる? スナイパーを持っていると、かなりダメージが稼ぎやすいですよね。

【Apex Legends】バッジ代行!?強力なバッジを付けているのに何故か弱い人達の正体とは?|くろせる戦記

マッチが始まる前からバックパックの中身に入れる優先順位を決めておいて、移動中にバックパックや武器のアタッチメントを確認しておくことで、 いま欲しいものは何かを先に考えておくと良いです。 近距離武器の弾は少なめに 近距離武器を使うのは、最終局面か無理やり近距離戦に持ち込まれた時のみ。 あっという間に枯渇してしまうので、スナイパーの場合は90以上、ライト・ヘビィの場合は360発ほど持っておくと安心。

9
これらの条件がいい感じに揃ったときに、高ダメージを出すことができます。

【Apex Legends】「ハンマーバッジ」を得るコツは? 脱・初心者を目指そう!

最後に とにかく生存率を上げれば敵と出会う回数を増やしてダメージを出しやすく、より簡単に2000ハンマーを取りやすくなると思います。 ランクマッチでしのぎを削り、カジュアルマッチで「あと1試合」と粘るうちに、いつの間にか長時間プレーしてしまった……なんてプレーヤーも少なくないでしょう。

20
しかし、「できるだけ生き延びる」ことを前提にした場合、戦闘から瞬時に離脱できるレジェンドがおすすめです。 wp-block-cover-image h2,section. 必要な武器を拾ったらあるかわからないアイテムを いろいろと探す時間を省いて戦闘や移動の時間を増やすのを心がけていきましょう。