「沈思黙考」の意味とは?使い方の例文、英語と四字熟語の類語をご紹介

もともと話すことが苦手というのもあるが、大学で 沈思黙考してレポートを書くことが身についた分、それが癖になって、日常のたわいないことでも 沈思黙考するようになってしまい、コミュニケーションをとる際に受け答えをスムーズに行うことができなくなってしまったからである。 スポンサーリンク 沈思黙考の使い方・例文 では、最後に「沈思黙考」の使い方を例文で確認しておきましょう。 沈思黙考の由来 ・言葉の背景・語源 出典: 四字熟語には何らかの逸話から生じた言葉も多くありますが、沈思黙考の場合、そういった由来は特に明らかになっていません。

3
鼻先思案 はなさきじあん :浅はかな思いつき• 「沈思黙考」の語源 「沈思黙考」という四字熟語ではありますが、その語源は「沈思」「黙考」のそれぞれの独立した意味を組み合わせたものということになります。 また「思慮」は法曹を含め、職種や立場に関係なく、さまざまな人が普段の生活や仕事などで使う言葉です。

「沈思黙考(ちんしもっこう)」の意味や由来|例文も紹介

今月のおこづかいがほとんど残っていないじゃないの。 しばらくしてその同僚が口を開き、思いつかなかった素晴らしいアイデアを出したならば、それまで同僚は「沈思黙考」していたということができます(外見だけでは何も考えていないと受け取られる可能性もありますが)。

15
meditate on〜 〜について瞑想する。 deep meditation(深く瞑想する)• ああ、どうすればいいのかしら。

沈思黙考【ちんしもっこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

「sit」という単語は「座る」という意味が一般的ではありますが、「思考」という単語と一緒に使われているので「ふける」という風に意訳することがポイントとなります。 「沈思黙考」の英語と解釈• 「沈思黙考」の言葉の使い方• 「沈思黙考」の英語と解釈• (まずいわ・・・。

「 対義語」=「軽率短慮・軽慮浅謀・皮相浅薄・軽挙妄動」など。

「沈思黙考」の意味とは?使い方の例文、英語と四字熟語の類語をご紹介

なお、「皮相浅薄」は、考えが足りていないことだけでなく、知識が十分に深まっていないことも表しますから、注意しましょう。 「沈思黙考」の使い方 それでは最後に、「沈思黙考」の使い方について例文とともに紹介していきます。 思惟に徹しながら、浄土の世界が立派であることを改めて知る。

7
「スピーディな回答ももちろん必要だが、時には立ち止まって沈思黙考する時間が欲しいものだ」 例文からもわかるように、大体「沈思黙考する」というように単体で使われることがほとんどです。 一般的なビジネスシーンでは「思料」ではなく「思慮」の方を用いるのがほとんどとなります。

「沈思黙考」の意味とは?使い方の例文、英語と四字熟語の類語をご紹介

一言で「考える・思う」と言っても様々なタイプの人間がいます。

12
なお、「皮相浅薄」は、考えが足りていないことだけでなく、知識が十分に深まっていないことも表しますから、注意しましょう。

「沈思黙考」の意味とは?使い方の例文、英語と四字熟語の類語をご紹介

be in a brown study(沈思黙考する)• 彼は恋人について沈思黙考していた。

そして、この受験生が問題を解くために黙ってじっくりと考えていたその状況、それこそが、「沈思黙考」だったのです。 その際、周囲の人々や環境が静かであるかどうかは関係ありません。