【七つの大罪】独断と偏見で選ぶ、可愛い女性キャラクターランキング【ベスト10】

昔から強すぎるがゆえに、殺生を禁ずる誓約を架していたが、大事なものを失わぬために誓約を破る。 五年前にバンを捕らえた聖騎士。 王都決戦ではフラウドリンからドレファスを奪還するべく奮戦した。

1
魔力を使用した攻撃等はおろか、かけられている魔力も解かれる。 合技「神喰い」 エリザベスの「聖櫃」を自らの武器に付随させた状態で放つ「神千斬り」。

【七つの大罪】310話ネタバレ!エリザベス死亡!?呪いは解けていなかった

覚醒状態では強度が桁外れに増しており、戒禁を四つ取り込んだマエルの攻撃を防ぎ切る程の強度を持つ。 マーリンに告白するエスカノール ゼルドリスとゲルダは七つの大罪に別れを告げ二人で飛び去っていきます。

4
範囲を絞ることで威力を上げることも可能。

【七つの大罪】310話ネタバレ!エリザベス死亡!?呪いは解けていなかった

元はとある王国に生を受けた王子で、幼少の頃は両親に愛されていた ものの、「 太陽」の魔力を発現してからは次第に周囲との軋轢が生まれ、母親(声 - 千菅春香)の発狂を境に侍女のローザの厚意で国外に亡命。 リオネス城に攻め込んできた魔神族に対抗するため、女神族のネロバスタを自身の命を犠牲に復活させるが、デリエリにネロバスタごと半身を消し飛ばされた。 長く幽閉されていたが、メリオダスたちの手によって救出される。

11
自身の魔力により出した矢の一斉掃射が可能。 「ゆっくり眠れ、エスカノール」とメリオダスは言います。

七つの大罪 (漫画)

トリスタン 最終話に登場したメリオダスとエリザベスの息子。 背中に〈豚の帽子〉亭が乗っており、酒場が移動するのは彼女の力のお蔭である。

グリアモールの父親。 戦いの中で女神族の魔力を行使し続けたことで封じられてた記憶が回帰し、余命3日の命となるもそれに屈することもなく、魔神王になろうとするメリオダスを止めるべく行動を起こす。

【七つの大罪】独断と偏見で選ぶ、可愛い女性キャラクターランキング【ベスト10】

エスカノールは首を横に振り、それでも十分嬉しいと言います。

「狩りの祭典(ハンターフェス)」 周囲に存在するすべての生物に対して武力中心に「身体狩り」を行う大技。 生命の泉の番人を任されていた。

【七つの大罪】キャラクター相関図!人物設定や関係についても紹介

10年前にドレファスとヘンドリクセンによって殺され、その罪が〈七つの大罪〉にかけられている。 誰かのために戦うときにこそ真の力を発揮する性格とされる。

5
本編開始より5年前に自ら捕まりバステ監獄に投獄されるが、メリオダスの監獄突入に同調して脱出し、彼らと合流する。

【七つの大罪】キャラクター相関図!人物設定や関係についても紹介

魔力「幻聴(ホロウサウンド)」 この魔力を受けた者に幻聴を聞かせる。

筋骨隆々で屈強な女戦士。

七つの大罪 (漫画)

バンには、お酒はほどほどにと。 ディアンヌ達を守りながらも戦い一度はヘルブラムに勝利するもヘンドリクセンによって三度ヘルブラムと殺し合う事になり、悲しみながらもヘルブラムの願いを聞き入れ彼を殺した。 合技「雷竜の城(ドラゴンキャッスル)」 ハウザーの「ライジングトルネード」との合わせ技。

17
神器解放することで「真・霊槍シャスティフォル」の姿を現し、キングの闘級を爆発的に向上させるとともに性能も強化されるが、消耗もそれに比例して増える。 駆けつけた騎士たちやデンゼルからはそのとおりに受け取られているが、未来を視ることができるバルトラだけは真実を知っている。