自分でできる歯石除去!その手順4つ!歯石取りをするためには?【歯科医師監修】

虫歯になりやすくなる• 1-2 自分で行う歯石除去の手順4つ 歯石を除去するには、「スケーラー」と呼ばれる特殊な器具を使って行います。

5
歯石の種類やケアをまとめました。 しかし、スケーラーを使いこなすには、専門的な知識や技術研修も必要です。

今さら聞けない!歯石の取り方 [歯周病] All About

3ヶ月に1回程度のペースで通うのがおすすめです。

3
ですが歯石ができてしまっては、歯科医院でないと綺麗に取り除くことはできません。

歯石取りの理想的な頻度は?定期的に歯科医院へ行き歯周病を予防しよう

歯周病の治療の流れの詳細は、別記事でまとめているので参考にしてください。 歯ブラシ交換の頻度は月1回程度 どんなに丁寧に歯磨きをしても、歯ブラシが古いと効果が発揮できないかもしれません。 歯石は細菌の歯垢が固まったものです。

6
上図のように歯周ポケット内によごれがたまっていても、それが歯垢(プラーク)なら歯磨きで取ることができます。

自分で歯石取りはできるのか!?歯科医師が自分で歯石取りをしてみた話

つまり黒い歯石は歯周病の人にできている可能性が高いのです。 歯石を放置すると歯茎への負担や歯周病のもとになる 歯石があっても日常生活に支障はないかもしれません。

14
この歯石は歯茎の上についている歯石の為、私たちでも気付くことができます。 【影響1】歯周病になりやすくなる 歯石取りを怠ると、歯周病になりやすくなります。

自分でできる歯石除去!その手順4つ!歯石取りをするためには?【歯科医師監修】

歯科ではスケーラー(超音波)を使って除去している 歯石は歯科医院でのクリーニングによって除去することができます。

また、歯石除去の際に麻酔するかどうかは歯医者さんの方針により異なります。

歯石取りの3つのデメリットとは?やるべきメリットも合わせて解説

歯石を自分で取ることに対して、歯医者さんの回答を見たい方は下記をクリックしてください。

2
歯石取りを怠ると体に起こる影響3選 歯石取りを怠ると体に起こる影響は以下の3つです。