E2398

URLとパスワードを知っている人であれば誰でもアクセスできる。

3
ここでは、各機関の合計約1800万件のデータ(作品名、著者、サムネイル画像、所蔵機関、二次利用条件などのメタデータ)をデジタルアーカイブを通して検索・利用できます。 以下の埋め込み画像は、ジャパンサーチの「マイノート」機能から出力したウェブパーツだ。

ジャパンサーチ(試験版)が公開される

2021年度も,引き続き猛威を振るうコロナ禍で日本全国が意気消沈している状況の中,上記の成果を踏まえてオンラインでのジャパンサーチ・タウンを各地で開催し,地域コンテンツをキュレーションすることで,全国を大いに盛り上げていきたい。

ご不明な点等ございましたら、以下のお問合せ先まで御連絡ください。 2019年には,国立国会図書館(NDL)との共催で,地方公共団体のオープンデータや,NDLなどが公開する国内の美術館・図書館・公文書館・博物館(GLAM)分野のデータを用いたアイデアソン,ハッカソンを,けいはんな学研都市に所在するNDL関西館を会場として行った(UDC京都2019;参照)。

ジャパンサーチへのデータ提供 « 国立国会図書館サーチについて

ギャラリー/マイノート 利活用のためのキュレーション機能として、ジャパンサーチのコンテンツを解説付きで紹介する「」がある。 All units include all the comforts of home with the services of a hotel. ただし、いまは連携依頼が殺到していることもあり、実態としては原則どおり、つなぎ役機関から優先的に連携している。

ギャラリーでは、解説に加え、検索式の埋め込みも可能となっており、テーマに応じた検索結果を自動表示させることもできる。 これによりマイノートは、学芸員等の展示企画の検討用メモとしての用途はもちろん、デジタル展覧会そのものの作成にも役立つツールになったと考える。

ジャパン・サーチで日本文化を縦横無尽に検索! その使い方とは?

2020年10月4日閲覧。

4
デジタルアーカイブ産学官フォーラム(第4回) 「ジャパンサーチの挑戦~ポストコロナ社会とデジタルアーカイブ~」 (外部サイトへのリンク)• 連携にご興味がある場合、ぜひよりお問い合わせください。 個人的には、GoogleやYahoo! 日本が保有するさまざまな分野のコンテンツのメタデータをまとめて検索できるサービス「ジャパンサーチ」の正式版が8月25日に公開された。

ジャパンサーチへのデータ提供 « 国立国会図書館サーチについて

教育、研究、地域活性化等の目的で活用されることを期待している。 また、三重県など自治体の運営する地域アーカイブ経由で連携している博物館等もあり、地域の博物館・美術館との連携も少しずつではあるが、進みつつある。

ぜひご参加ください。

ジャパンサーチ正式版公開!──美術のデジタルアーカイブの利活用に向けて:デジタルアーカイブスタディ|美術館・アート情報 artscape

午前は天理大学教授の古賀崇氏によるジャパンサーチの教育・学習面への期待・要望に関する講演の後,ゼノン・リミテッド・パートナーズの神崎正英氏によるAPI(SPARQLエンドポイント)の解説と,ジャパンサーチのコンテンツをキュレーションするワークスペース機能の紹介があった。 正式版の公開後も、各種機能の改善及び拡充に努めつつ、デジタルアーカイブの構築・共有と利活用を促進するための環境づくりを推進してまいります。 ジャパンサーチ・タウンでは,地域活性化のため,ジャパンサーチが連携するGLAMデータ内の地域に関連する情報をキュレーションした作品やアプリケーション作品が,市民主体で作成された。

8
二次利用条件の整備 どのように利用できるか ジャパンサーチの目的は、日本の魅力あるコンテンツを紹介し、より活用してもらうことである。

ジャパンサーチ(試験版)が公開される

受付は8月25日まで。

9
1には,けいはんな学研都市地域の住民や全国各地からの企業・行政・図書館関係者,大学院生・大学生など約30人が集まった。 利便性を向上している。

ジャパンサーチ正式版を公開しました(付・プレスリリース)|国立国会図書館―National Diet Library

s69-s72) サムネイル画像URLと画像検索 連携をご検討中の機関の方には、ひとつお願いがある。 各ノートはエクセルなどの形式で抽出できるほか、ウェブパーツとしてhtml形式で取り出して、自らのホームページに貼り付けることができる。

12
こうしたことから、「」では、新たに国の分野横断型統合ポータルとして「ジャパンサーチ(仮称)」を国立国会図書館が中心となってNDLサーチの知見を活かして開発することとなった。 サムネイルがないテキストだけのメタデータの場合、その魅力はなかなかユーザに届きにくい。