【艦これ・曙】提督「あー、今日限りで霞の遠征艦隊旗艦の役割は終了だ」霞「は?」SS

35 ID:Kn6fyIOy0 加賀「今日はもうお休みになってください」 提督「で、でも仕事は」 加賀「書類の方は艦娘達に任せても問題ありません。 ヤンこれ、まとめました 「提督…! 半年もの間、本当にすみませんでした! 今まで貴方に散々ひどい仕打ちをしたこと、心から反省しています!」 「司令官さん…! 電も、司令官さんに意地悪してごめんなさいなのです! 他の皆さんも、司令官さんにちゃんと謝りたいって言ってます。 そして、俺は最後にドックの横を通り過ぎてこの鎮守府の端の方にあるその場所へ途中で積んだ花を片手に向かった。

6
だが、以前彼が運営する鎮守府に所属し、現在は普通の少女として一般市民となっているある艦娘が手紙で彼にそのことを相談したことでそのことを彼は知っていたのだった。 俺はマイクをオンにして鎮守府全域に通じる放送で呼び掛ける。

[B!] 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報

ただ、その妖精さんたちも工廠の隅で宴会を開いていた。

11 ID:Kn6fyIOy0 加賀「…もう大丈夫そうですね」 提督「お陰様でな」 加賀「では行きましょう。 「日没までには十分な時間があります」. だから鎮守府に帰っても今一つ他の艦娘に脱走した事を信用してもらえない。

提督「…辞めて欲しい?」

どうせ悲しい中身なんでしょ」ペラ 幼馴染「いちじゅうひゃくせんまんじゅうまんひゃくまんせ……」 幼馴染「……な、なにこれ。 明日の夜は間宮さんの所で打ち上げをする。 だから、彼はこれから自分がしたことがばれる前に英雄としてではなく、ただの一般人として 鎮守府 ここ を出ていく。

郵便局員の格好に伊達メガネをかけ、目の前を堂々と脱走された事もある。

【艦これ・曙】提督「あー、今日限りで霞の遠征艦隊旗艦の役割は終了だ」霞「は?」SS

食堂の玄関脇で一部始終を聞いていた不知火は表情を曇らせると、そっとその場を離れた。 172• 「諸君!聞いてくれ!また提督が脱走した!昼前の事だ!」 秘書艦達は緊急招集に何事かといった面持ちで集まったが、長門の言葉でやれやれという顔になり、 「どうせまた行き先メモがあるんでしょ?迎えに行ってくれば良いじゃない」 「妻は夫を支配しつつ、趣味に付き合ってやるのも大切だぞ」 「この前は提督室に旅行プランがぽろっと落ちてましたね」 「長門さん頑張ってください!そろそろお姉様のマフィンが焼けますから帰りたいです!」 「行く前からお土産リサーチしてたり、提督も我々に気を配ってますよね」 「今度のお土産は何でしょう、久しぶりですから楽しみです」 と、口々に言った。 29 ID:yIWCxz4L0 ーー男家ーー 男「ただいまー」 ……… 男「あれ?親父?」 ウガーー! 男「またか…」 ガラッ 男「親父ただいま」 父「うおぉ!出ん!!ネタが出ないのよおぉ!!」 男「…ただいま」 父「男~俺はもうダメだスランプだ才能が枯渇してしまった~」メソメソ 男「あーわかったわかった。

その後、酔いつぶれてしまったものが目を覚ますまでみんなでだらだら喋っているなか、俺は一人食堂を誰にも見つからないように出た。

[B! SS] 提督「急に皆に嫌われた?」

57 ID:WKQymzTE0 幼馴染「うわっ、あいつまだ枕下に通帳隠してたんだ」 幼馴染「くふふ、見ちゃる。

18
そして戦艦たちもだんだん消えて行って、最後に残ったのは大和だった。

【加賀・金剛】提督「女性だらけの縦社会」SS

他にも枚挙にいとまがない。 長門はニッと笑った。 ただし、これを行うということは今まで提督自身がつむいできた艦娘たちとの絆を自ら断ち切ることと同意であることを自覚しておかなければならないというデメリットが妖精さんたちが人類にこの技術を教えようとしない理由だった。

10
最近の投稿• 彼が今までの提督より勤勉だったのは、仕事に没頭することで少しでも嫌いな艦娘と接する機会を減らすためで、艦娘たちをこまめに気遣っていたのは、ヘタな采配をして彼女たちから恨みを買いたくなかったからだった。