スブラマニアン・チャンドラセカール

1933年、学位を取得する。 ではなぜ、そんなインド人たちが西葛西を好んで住んだのか。 倉庫だ。

8
日本人にとってのお茶みたいな感じですね」。 日本とインドの関係は、これからますます面白くなっていきます。

スブラマニアン・チャンドラセカール

そこでIT大国として頭角を現しつつあったインドから、技術者がどんどん派遣されてきたというわけだった。 1972年から着手された葛西沖開発事業によって、海の埋め立てが進んだ。 例えば挨拶する時のマナーや、年長者を敬う心、祭事の時の作法などです。

日本に来日して感じたのは「新しさと古さの同居」です。

西葛西にインド人が集中する歴史的な理由 「紅茶倉庫」の後に、鉄道ができた

またの論文誌の編集長も務めた。 生産された茶葉はイギリスに持ち去られ、インド人が味わうことはなかったという。 インド料理の屋台が並んでいます。

15
一方で私たちインド人は、ここでは孤独を感じています。

松尾由美子

高収入のITエンジニアも多く、インド式教育のインターナショナルスクールには日本人も数多く通う。 揚げたパンをカレーに添える料理もありました。 「で、あるなら、うちの紅茶をどう差別化して売り込むか。

18
そう、チャンドラニさんの本業は、紅茶の貿易商だ。

インド紅茶のパイオニア ジャグモハン・S・チャンドラニさん

お寺に行ってお祈りする時に、お賽銭やお供物を備えるでしょう?インドも同じです。

15
私が生まれ育った環境とは、全く違った世界がそこにはありました。 こうやって、日本で多くの共通点を見つけたのです。

「荒川は日本のガンジス、ここには故郷の風が…」 “リトルインディア”開拓者、ジャグモハン・S・チャンドラニさん (1/2ページ)

「ようやく日本にも輸入できる時代が来ていました。 じゃあ、そもそも最初に西葛西に降り立ったインド人は誰!? 「私たちにとって、ゴッドファーザーのような存在ならいるよ。

西葛西駅から北西に歩いて5分ほどの場所にあった和食の店が店じまいすることになったと聞いて、居抜きで借り上げた。

インド紅茶のパイオニア ジャグモハン・S・チャンドラニさん

そう言われても、来日したばかりのインド人に日本での身分を証する人などいるわけもない。 都内各地を見て回った。

いまや日本人にも大人気となっている『スパイスマジック・カルカッタ本店』の前身となった店である。