【ボクシング】あのファイトをもう一度 元WBCフライ級王者・比嘉大吾の復帰第2戦

大相撲 [7月15日 21:54]• 地元沖縄からも、たくさんの応援団が駆けつけ比嘉のファンの多さがうかがえる。 元世界チャンピオンとはいえ、堤選手にとって比嘉選手は、「雲の上の人」ではなかっただろう。 が、少しミスブローが目立つ。

19
からの体調不良で、またメンタルも芳しくなく、精彩を欠いた末に9RTKO敗け。

比嘉大吾の復帰戦の観戦記!CC日本ライト級タイトルマッチも。【結果有】

。 ロープに追い詰めて見せ場を作った。 熊本の実家には、母親と体の不自由な姉が暮らしている。

ライセンス無期限停止処分が解けたボクシング元WBC世界フライ級王者比嘉大吾(24=白井・具志堅スポーツ)が来年2月13日、東京・後楽園ホールで復帰戦に臨むことが19日、発表された。 8R また勝負の行方がわからなくなってきたこのラウンド、 吉野の左が富岡を捉えます。

元WBC王者・比嘉大吾、復帰。2年ぶりの白星をTKOで飾る

プロレス [7月13日 9:33]• 大相撲 [7月15日 19:51]• 日時が決まり次第追記していきます。 互角だと評価が保てない。 応援してくださっている方、お世話になった方のためにも、今自分にできるすべてを出して頑張ります!」とコメントした。

8
これまで世界戦では負ける怖さや緊張感があった。 公式サイトによると今後の放送予定は未定となっていますが、恐らく 録画などの形での放送が有力とみられます。

比嘉大吾、復帰戦でTKO勝ちも「内容は最悪でした。体力がきつかった」/BOX

最終ラウンドには、両者ヘッドギアを外し、試合に近い状態で戦った。 比嘉選手のボクシングスタイルは「 典型的なファイター」だ。 対照的な道のりを歩んできた両者がどのようなスパーリングを見せるのか注目が集まった。

堤選手のプロでの戦績は5勝(4KO)1分、日本バンタム級13位。

比嘉大吾が2月13日復帰戦「できるすべてを出す」

スタミナでは三瓶の方が上か、乱れない。

9
そして1年5か月がたった昨年10月にようやく処分解除。

【ボクシング】あのファイトをもう一度 元WBCフライ級王者・比嘉大吾の復帰第2戦

びっくりしました」 地元沖縄からは約250人が駆け付け、立ち見も出るなど、2005人の大観衆となった。 ファンが熱狂的に応援してくれても、本人がやる気なかったら全く意味ないし申し訳ない。

16
リングでの衝撃発言 2年ぶりの試合をKO勝利で飾り、ホッとしたような顔付きでアナウンサーからのヒーローインタビューに答えた。

比嘉大吾が戦った復帰戦 1年10カ月ぶりのリングまでを振り返る

14戦7勝(3KO)4敗3分の戦績が示すとおりのボクサー、という感じです。 その才能は本物です。

2
2月13日後楽園ホールで比嘉大吾(24=白井・具志堅)とジェイソン・ブエナオブラ(25=フィリピン)との試合が行われた。 その後、ボクサーライセンス無期限停止処分を受け、復帰の場合は1階級以上階級を上げることを義務とする異例の条件を課された。

元王者の比嘉大吾、復帰戦で6回TKO勝ち 無期限停止処分から復活

比嘉はそれを失ってしまったのだろうか。 しかし、この日は比嘉の距離に合わせて戦うように近い距離で打ち合った。

ファイター型の比嘉に対して、井上は中間距離で戦うボクサーファイターだ。 比嘉、ちょっとやりづらそうですが、ちゃんとパンチには反応しているし、素早く頭の位置を変える、いつものリズムのとり方。

比嘉大吾が戦った復帰戦 1年10カ月ぶりのリングまでを振り返る

まだ23歳、これからの飛躍に期待です。 デビュー以来、ピンチを迎えることなく、今や 超安定的な王者として君臨しています。 大相撲 [7月15日 19:18]• 選手を指導していくか。

8
ボクシング界もそういうのを勉強しなくちゃいけない」と比嘉をサポートしていくことを誓った。