実践女子学園

実践女子学園中学校・高等学校の総合運営を学校別に分立。 実践女子学園短期大学を設立、家政科を設置。

6
大学国文科書道講座を開設。

学校法人実践女子学園

(昭和55年) - 創立80周年を記念して「実践女子大学文芸資料研究所」を設立。 創立70周年を記念して桜同窓会が下田歌子の胸像を寄贈。

17
東京市牛込区中里町出身。

学園の沿革

(昭和25年) - 、理事長に就任。

20
専門学校技芸科卒業生に対して、既得の裁縫科のほかに、新たに手芸科中等教員無試験の特典認可。 (平成8年) - 大学生活科学部生活文化学科に教職課程認可。

簡潔に言えば、よくない。:実践女子学園中学(東京都渋谷区)の口コミ

(平成30年) - 6月1日に渋谷区とシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結。

7

学校法人実践女子学園

(昭和 08年) - 付属幼稚園を実践幼稚園と改称。 新たに生活文化学科を設置。

渋谷校地の第8館、旧大学図書館棟を老朽化のため解体。 その後、大学および短期大学は1986年(昭和61年)に日野キャンパスに全面移転したが、今回の整備事業により、渋谷キャンパスに地下1階、地上17階の実践女子大学・実践女子短期大学の新校舎を建設(竣工:2014年1月予定)。

簡潔に言えば、よくない。:実践女子学園中学(東京都渋谷区)の口コミ

持って来る際は許可証が必要。 教養科を教養学科とし、それぞれ学科名、専攻名を改称 49年4月 鹿児島女子短期大学附属なでしこ幼稚園開設 50年4月 鹿児島女子短期大学家政学科の専攻を被服学専攻、家政学専攻、食物栄養学専攻に分離変更 54年4月 鹿児島女子大学 国文学科・英文学科・人間関係学科 開設 58年4月 鹿児島実践女子高等学校を鹿児島女子大学附属高等学校と改称 61年4月 鹿児島女子短期大学附属すみれ幼稚園開設 62年4月 志學館中等部開設 63年4月 鹿児島女子短期大学専攻科 児童教育専攻・家政専攻・食物栄養専攻・教養専攻 開設 平成 元年4月 鹿児島女子短期大学家政学科を生活科学科に改称 2年4月 志學館高等部開設 4年4月 鹿児島女子大学文学部英文学科を英語英文学科に改称 7年4月 鹿児島女子短期大学専攻科家政専攻を生活科学専攻に改称 11年4月 学校法人実践学園を学校法人志學館学園と改称 鹿児島女子大学を志學館大学と改称し、法学部法律学科を開設 鹿児島女子短期大学生活科学科に生活福祉専攻の開設 鹿児島女子大学附属高等学校を鹿児島学芸高等学校と改称、普通科・家政科・食物科・商業科を統合し総合学科を開設 15年4月 志學館大学文学部 国文学科・英語英文学科・人間関係学科 を人間関係学部 心理臨床学科、人間文化学科 に改称 17年4月 志學館大学大学院心理臨床学研究科 修士課程 設置 18年3月 鹿児島学芸高等学校廃止 19年4月 なでしこ保育園開設 19年11月 創立100周年記念式典挙行 20年4月 志學館大学法学部 法ビジネス学科 開設 21年4月 鹿児島女子短期大学 高麗町キャンパスへ移転 紫原キャンパスより 23年4月 志學館大学 鹿児島市紫原へキャンパス移転 創設者・歴代理事長. (明治35年) - 「清国女子速成科」を設置し、各省よりの受け入れを開始。

6
(昭和49年) - 、理事長に就任。 伊藤允久、中学校・高等学校校長に就任。

実践女子学園渋谷キャンパスに大学・短大の新校舎を建設――学園創立120周年記念整備事業が本格的にスタート、2014年4月から渋谷と日野の2キャンパスに

内田洋行はシステム構築からサポート業務までを受託。

4
(大正12年) - 高等師範部裁縫科卒業生に対し、裁縫科の中等教員無試験検定の特典認可。

学校法人実践女子学園

(昭和14年) - 専門学校に選科として家政研究生(修業年限1年)・選科各科(修業年限6ヵ月以上)を正式に設置。 新教育制度により修業年限3年の実践女子学園中学部及び同第二中学部を設置。

8
( 02年) - 実践女学校専門学部に研究科(修業年限1年)を設置。