簡単ケアプラン:記入例・文例【第2表:長期目標・短期目標】居宅介護支援

傾くことなく、座位を保って食事ができる• 排泄の環境整備を行い、安全に排泄できるようになる 排尿• インシュリン自己注射が確実に行われる• 家族:また転倒しないか心配です、安全に歩行できるようになってもらいたいです• 家族の水分摂取介助の負担を軽減する• 生活援助 単純な家事代行にならないように 『出来ることは少しでもやってもらう』『やれることを増やす』という視点が重要です! 買い物援助 長期目標 短期目標 自分で日用品の調達が出来るようになる 近所のスーパーまで、歩いていけるようになる 買物の心配を無くして、おいしく栄養のある食事を摂ることが出来る 食べたいものや献立を自分で考えてみる 自分でできることが増える 定期的に買い物ができる 近くのスーパーまで自分一人で買い物に行くことが出来る 介助を受けながらスーパーへ買い物に行くことが出来る 安心して、買い物・外出が出来る様になりたい 購入する物をヘルパーと相談して買い物したい バランスの摂れた食事を摂ることができる 病状の悪化を防ぐことができる 調理援助 長期目標 短期目標 おいしく、栄養のある食事を作り、活動的な日常生活を送ることが出来る 栄養のある食事を摂ることが出来る 意欲的に食事ができる様になり、栄養状態が維持される。 変形性膝関節症で歩行時に痛みが強い 整形外科的治療で鎮痛を図る。 薬を使わずに排便できるようになる• 排泄パターンに合った排泄の介助ができる• 福祉用具を利用して、起居動作が行える。

4
言語障害があるが、意思疎通ができるようになる• とても人見知りな性格ですが、声をかけてもらったり慣れると少しずつ話に加わることができます。

ケアプランの作り方,短期目標のヒント

口腔衛生を改善する• 安定した歩き方ができる• 衣服の準備、 声かけ 着衣順番の確認 ボタンかけ訓練など家族を含めて指導 着衣失行があればプログラムにより訓練 手段的日常生活能力 ・治療可能、または可逆的な状態の把握:疾病・薬剤の副作用・ADL障害・健康状態・生活習慣・転倒に対する不安・感覚機能障害・認知障害・気分病など。 パーキンソン病があり、歩行が不安定である ADL訓練を行うとともに、環境改善により転倒の危険をへらす。 介助を受けずに買い物に行ける。

おむつを使用せず、声掛けによりトイレで排泄することが出来る• 不足する栄養を適切に補うことができる。

【短期目標】そのまま使えるケアプラン文例~居宅サービス計画書_第2表

自宅内をつまずくこと無く、安全に移動する• 毎月のモニタリング・各事業所からの報告書で次の目標をつくることでよいと思うのですが・・・。 自助具を使いながら、なんとか自力で食事ができる• 皮膚トラブルを起こさず、毎日気持ちよく過ごせる• 生活全般の解決すべき課題(ニーズ) 生活全般の解決すべき課題と記載されていますが、ここに記入すべきことは、かっこ書きにあるニーズになります。 ICF「心身機能」ケアプランの長期目標の文例 精神機能• おむつかぶれを予防する• 状態に合わせて、臨機応変な対応ができる• 糖尿病があるので、医学的な管理を受けて病状を安定させる• 〇 長男(キーパーソン)の意向…部屋にこもっていると、足腰が弱く認知症も進むのではと心配。

本人:また骨折しないか心配。 週〇回、外に出る機会を持つ。

認知症の方のケアプラン作成の事例~ケース別対処のポイントと注意点~|介護の転職知恵広場【介護・医療業界専門 ケア転職ナビ】

転倒・転落を防止する• 自宅での生活を継続する事ができる• 福祉用具を使って自分で排泄できるようになる• 体重を減らす。 人と話すことが楽しみになる 交流• 日中横になっている時間を減らす。

6
医学的な管理を受けて病状を安定させる• 本人:大腿骨を骨折してしまったが、やっぱり住み慣れて自宅での生活を続けたいです• 心臓に負担がかからないようにする• 【文例】• しばらくして、料理好きで手順などもしっかりしていたはずのCさんが調理の際の手順に戸惑うところをたまたま姉が見て、脳神経内科を受診させたところ、アルツハイマー型認知症と診断されました。

ケアプランの作り方,短期目標のヒント

尿意便意はないが、排尿コントロールにより排泄する• <講師実績> ・介護職員初任者研修講師(医療と介護の連携・リハビリテーション) ・介護報酬改定のポイントセミナー講師(介護事業者向け) ご興味持っていただけましたら、お気軽にご相談下さい。

11
気持よく入浴する事が出来る 身体の清潔を保持し皮膚疾患を予防する 定期的に体を清潔にして爽快感が持てる 身体の清潔保持が出来る 定期的に安全に入浴できる 身体をきれいにできる 皮膚の清潔が保てる 清潔を保持することができる 定期的に入浴することができる 体を清潔にし、感染症を予防する 定期的に身体を清潔にし、爽快感が持てる 体を清潔にし、感染症を予防する 皮膚の保清により、気持ちよく過ごせる 定期的な入浴で身体の清潔が保持できる 入浴に慣れることが出来る 定期的に入浴ができ、衣類の交換をし、清潔が保てる 週2回以上は入浴することができ、清潔を保てる 定期的に入浴ができる 介助により、安全な入浴ができ、清潔が保てる 定期的に入浴することができる 介助により、不安なく入浴することができる 入浴してリラックスしたい 自宅の浴槽に入って入浴することができる 入浴することで皮膚疾患を予防でき心身ともにリフレッシュできる 定期的に入浴の機会を持つことができる 皮膚の状態を観察し、褥瘡にならずに生活が出来る 身体の清潔が保て、褥瘡予防が出来る 皮膚疾患を防ぐことができる 身体の清潔が保持できる シャワーチェアの2表文例はこちらに詳しく載せています。

介護支援net: ケアプラン文例集

拘縮の進行、筋力低下が最小限に抑えられる• 精神安定剤・鎮痛剤・抗痙攣剤などを服用している場合は、医師・看護婦から指導してもらう。 食事量や栄養が管理された食事を摂り、便秘を改善する• 糖尿病の悪化を防止し、血糖値が安定する• ゴミの分別・整理ができる。

2
姉が生活を手伝いながら生活していたおり、連絡がとれなくなったことを心配したCさんの友人が度々訪ねてくるようになり、事情を話したところ、趣味仲間に広がりたくさんの人が訪ねてきてくれるようになったそうです。

短期目標期間終了と照会について|ケアマネジャーの悩み相談・質問・雑談掲示板|ケアマネドットコム

体調を安定させ在宅での生活を継続していく事ができる• 少しでも自分で歩けるようになる• 定期的な医学的管理を受け、膝の痛みを軽減させる• 外出の機会を持ち、メリハリのある生活を送る• 具体的な重要事項は以下の通りです。 夜間でも安心してトイレに行けるようになる 整容 清潔 その他• 人生の彩りとなるケアプランを作成しよう いかがでしたでしょうか? ケアプランの書き方について詳しくご紹介させていただきました。

15
定期的に受診して病状をコントロールできる• ストレスや負担を解消できるような介護サービスの提案を行っていく 結論 ・今回のサービス担当者会議で提示したケアプラン原案内容について、利用者及び家族、ケアチームで協議した結果、原案通りに実施していくことで合意を得た。 ペットの餌やり、糞尿の始末ができる• 会話をすることでいきいき生活できる• 【文例】• 安全に外出できるようになる• 安全な歩行ができるようになる• 外出の機会を確保して、閉じこもりや廃用症候群を予防する• 家族の衣服着脱介助の負担を軽減する• 服薬を確実に行う• 状態に合わせた義歯をつける。