『IUT宇宙際タイヒミュラー理論』とは何か?|Parole

要は、世界がIUT理論を認めると、 これまでの既得権益が奪われてしまうので、 簡単に認められないだろう、と言ってるわけですね。

15
19歳で学士課程を卒業(次席)。 10 views• 10 views• INTER-UNIVERSAL TEICHMULLER THEORY II: HODGE-ARAKELOV-THEORETIC EVALUATION• 18ページのコラム。

超難解な「宇宙際タイヒミュラー理論」に感動 HONZ特選本『宇宙と宇宙をつなぐ数学』(1/3)

以下では,の証明の原論文に加え, を理解するための初歩的なわかりやすい資料を掲載する。

7
92 views• これらの一連の活動により、十数名の研究者から構成される一種の 「宇宙際タイヒミューラー理論コミュニティ」が形成されつつあるとも言える。

宇宙際(うちゅうさい)タイヒミューラー理論とは?

65 views• もし(強い)が正しければ、あの フェルマー予想の別証明が与えられたことになる。

16
Wikipedia• これでは何らかの恩恵は得られま. 21 views• 10 views• ただ、普段からいろいろな情報が 飛び交っているので、 当初はワンノブゼムに感じていたのですが、 七沢先生が「ようやくここまで来たか」 とおっしゃるんですね。

宇宙際タイヒミュラー理論

国際ワークショップは100人以上の参加者を集めた。

ABC予想とは,数論の 解析の最重要問題。 さらに、宇宙際タイヒミュラー理論において宇宙際フーリエ変換の現象が起きている。

望月新一を指導教員に志望する学生・受験生諸君へ

2012年 8月、望月新一(=本訪問滞在型研究の提案者・組織委員長)はこの絡まり具合を解明する上において重要な前進となる 「宇宙際タイヒミューラー理論」に関する連続論文をプレプリントとして発表し、理論の帰結となる「 ABC予想」の証明が世界的な注目を集めた。

16
2017年12月 - を証明したとする論文が数学の専門誌に掲載される見通しになったという報道もあった が、実際には掲載されずに望月の論文は2020年4月まで査読中という状況であった。 :… 遠アーベル幾何学とは まず、宇宙際タイヒミュラー理論につながる分野として 遠アーベル幾何学があります。

『IUT宇宙際タイヒミュラー理論』とは何か?|Parole

3月に(RIMS)が編集する論文誌PRIMSは、宇宙際タイヒミュラー理論の論文4本を特別号で掲載 した。 updated version of their• 43 views• 私の研究に関するもっと詳しい説明について は本サイトの、、またはを ご参照下さい。 [8] 楕円曲線のHodge-Arakelov理論における遠アーベル幾何、数論的微分とは何か? (名古屋大学 2001年11月). (同じ動画)• 後にそれは「未来から来た論文」 と呼ばれることになるわけですが、 「宇宙際タイヒミュラー理論」により 「ABC予想」を解決したと主張して、 数学界に大変な激震が走ったのです。

8
結局、IUT理論が言いたいことはこういうことでは ないでしょうか。 Webページとして読める資料: のすごさがなんとなく分かるように説明してみるよ。

超難解な「宇宙際タイヒミュラー理論」に感動 HONZ特選本『宇宙と宇宙をつなぐ数学』(1/3)

ただし、それらは特定の群構造と互換性があり、 ()や特定のタイプのはIUTで基本的な役割を果たす。

10
16 views• 9 views• つまり、Bという数学の新しい世界を作ろうということ。

超難解な「宇宙際タイヒミュラー理論」に感動 HONZ特選本『宇宙と宇宙をつなぐ数学』(1/3)

3 圏の幾何:これについては、私の論文 ・ ・ ・ それから、講演のレクチャーノート ・ を参照して下さい。 10 views• 11 views• 175 views• 今までの数学は、ある種の同型写像を通して、世界を行き来しつつ(どの世界も行ったり来たりできることを提唱してるのが、エルランゲンプログラム?)、片方の世界では難解なものを、違う世界で語ると少し直感的な話題で証明で. 2018年9月、望月は上記のとのレポートが公開された後に、彼の理論のどの側面が誤解されていると考えるかのレポートを公開 して反論した。 またそれをよく理解しているのが、 著者の加藤文元教授含め、 日本には数名以上いるということになります。

10
乗法演算と加法幾何学である。 19 views• このように半径1の円周に内接する正 角形の頂点を「集めた」ものがTate捻りの実現の一つの形なのです。

宇宙際(うちゅうさい)タイヒミューラー理論とは?

の解決にもが使われています• Ivan Fesenko. 以上のまとめからも推測されるように、修士課程への入学を希望する学生に対しては次のような予備知識を 要求しております: 1 代数位相幾何の基礎的な知識(=基本群や特異コホモロジー) 2 リーマン面の基礎的な知識(=line bundleやRiemann-Rochの定理) 3 可換環論やスキーム論の基礎的な知識(「松村」、「Hartshorne」を参照) ただし、特に 3 については完全な理解を要求するのではなく、内容に対して一定の「親しみ」さえあれば、 入学してからセミナーなどで復習することは可能です。 に2年間在学し、16歳でへ進学。 ただし、複素数体の上でしか 意味を成さないリーマン面の理論と違って、代数的な対応物を扱うことによっ て、数体やp進局所体といった「数論的な体」の上で定義されたものの様々な 興味深い性質を考察することが可能になります。

14
辻村 昇太 (つじむら しょうた) 略歴: 2015年03月 京都大学 理学部 数学科 卒業 2015年04月 京都大学大学院 理学研究科 修士課程 数学・数理解析専攻 入学 2017年03月 京都大学大学院 理学研究科 修士課程 数学・数理解析専攻 修了 修士論文: Geometric Version of the Grothendieck Conjecture for Universal Curves over Hurwitz Stacks 2017年04月 京都大学大学院 理学研究科 博士課程 数学・数理解析専攻 進学 2018年04月~2020年03月 日本学術振興会 特別研究員(DC2) 若林 泰央 (わかばやし やすひろ) 略歴: 2009年03月 京都大学 理学部 数学科 卒業 2009年04月 京都大学大学院 理学研究科 修士課程 数学・数理解析専攻 入学 2011年03月 京都大学大学院 理学研究科 修士課程 数学・数理解析専攻 修了 修士論文: On the cuspidalization problem for hyperbolic curves over finite fields 2011年04月 京都大学大学院 理学研究科 博士課程 数学・数理解析専攻 進学 2012年04月~2014年03月 日本学術振興会 特別研究員(DC2) 2014年03月 京都大学大学院 理学研究科 博士課程 数学・数理解析専攻 修了 学位論文: An explicit formula for the generic number of dormant indigenous bundles 2014年04月~07月 京都大学数理解析研究所 研究員 2014年04月~2015年03月 大阪市立大学数学研究所 研究所員(兼任) 2014年08月~2015年03月 京都大学学際融合教育研究推進センター 特定研究員 2015年04月~05月 日本学術振興会 特別研究員(PD) 2015年06月~2018年03月 東京大学大学院数理科学研究科 特任助教 2018年04月~ 東京工業大学理学院数学系 助教 望月研究室の大学院生 (ほし ゆういちろう) 略歴: 2004年03月 東京工業大学 理学部 数学科 卒業 2004年04月 京都大学大学院 理学研究科 修士課程 数学・数理解析専攻 入学 2006年03月 京都大学大学院 理学研究科 修士課程 数学・数理解析専攻 修了 修士論文: Fundamental groups of log configuration spaces and the cuspidalization problem 2006年04月 京都大学大学院 理学研究科 博士課程 数学・数理解析専攻 進学 2006年04月~2007年03月 日本学術振興会 特別研究員(DC1) 2007年04月 京都大学 数理解析研究所 基礎数理研究部門 助教 2009年07月 京都大学 数理解析研究所 博士学位 論文博士 取得 学位論文: Absolute anabelian cuspidalizations of configuration spaces of proper hyperbolic curves over finite fields 2011年12月 京都大学 数理解析研究所 無限解析研究部門 講師 2011年12月 2011年度井上研究奨励賞受賞 2017年12月 京都大学 数理解析研究所 無限解析研究部門 准教授 なお、仮に修士課程に入学し、私の学生になった場合の、少なくとも最初の一年間の 「カリキュラム」は 大体次のとおりになります: a 「松村」、「Hartshorne」の復習 b 複素多様体や微分多様体の理論の復習 c エタール・トポス、エタール・コホモロジー、エタール基本群 d 曲線やアーベル多様体のstable reduction e log scheme の幾何 f エタール基本群のweightの理論 また、これらの基本的なテーマの勉強が済んだら、 i crystalやcrystalline site, crystalline cohomology ii Fontaine氏が定義した様々な「p進周期環」 iii p-divisible groupsとfiltered Frobenius moduleの関係 iv Faltingsのp進Hodge理論 v p進遠アーベル幾何 vi p進Teichmuller理論 のようなp進的なテーマに進むことなどが考えられます。 10 views• In the present paper, estimates arising from these multiradial algorithms for splitting monoids of LGP-monoids are applied to verify various diophantine results which imply, for instance, the so-called Vojta Conjecture for hyperbolic curves, the ABC Conjecture, and the Szpiro Conjecture for elliptic curves. 質問一覧• 20 views• 8月 - 京都大学数理解析研究所に就任(27歳)• ちょうど「正方形」の頂点になっていますね。