[B! 生物] 動物界では近親交配がタブーではない。あえて避けずに行われているその理由とは? : カラパイア

パルモはザイーガについて、「私も含めて、自分が持っている価値観は絶対じゃないということ。 そうした実験では、動物に血縁者と非血縁者とでどちらと交尾するか選ばせ、その選択に何らかの傾向や偏りがあるかを観察する。 これを使えば、絶対に沈むことのない船や穴があいても沈まないデバイス、あるいは長期間海上に放置されても耐えられる監視機器なんてものが作れるかもしれないそうだ。

カリフォルニア州にあるラ・ブレア・タールピット(天然アスファルトの池)からは、化石化したスミロドンがこれまでに3000体以上採集されており、これを調査する研究者らは長年の間、スミロドンはライオンのようなタイプのハンターで、広い草原でバイソンやウマを追いかけていたと考えていた。

動物界では近親交配がタブーではない。あえて避けずに行われているその理由とは?

血縁者とは多くの遺伝子が共有されているために、それだけ自分の遺伝子を子供に伝えることができるからだ。 草食動物を調べれば、その動物が好む生息地の手がかりが得られる。 photo by Pixabay 遺伝的多様性を重視するか?子孫を残すことのみを重視するか? 今日、絶滅危惧種の個体数を増やすことを目的とした保全活動は、非血縁者と交配させて遺伝的多様性を増やすことが念頭に置かれている。

19
こうして、現在私たちが知る適応力のある動物となったのです」とデサンティス氏は言う。

カラパイア

ただし、動物界全体を見たときに近親交配が忌避されるような傾向があるかどうかといった視点がこれまではなかった。

13
動物だって仲間がいなくなったら悲しいのだ。

[B! 生物] 動物界では近親交配がタブーではない。あえて避けずに行われているその理由とは? : カラパイア

photo by iStock また、英霊長類学者のジェーン・グドールは、その著書『心の窓 チンパンジーとの30年(原題:Through a Window)』のなかで、母親を亡くしたオスのチンパンジーのフリントが、悲しみのあまり徐々にうつ状態に陥り、食事を摂らなくなり、やがて衰弱して死んでいく様子を克明に記している。

そうすることで、群れや集団内の地位の入れ替えをうながしているのかもしれないという説や、残された者同士の結束を深め、集団の繁殖と存続を図っているのではないかとする説がある。

動物界では近親交配がタブーではない。あえて避けずに行われているその理由とは?

一番わかりやすいのは、ほかに子供をつくる相手がいない場合だ。 失恋をきっかけに恋愛ポエムが書きたくなり、ちょうどブログが普及し始めた時期だったため、「バナナと黄色い理由」というコラム・的な日記サイトを始めた。 悲しすぎて時にはおかしくなるほどに、切なくってどうしていいのかわからなくなっちゃう時もあるのだ。

2
「大型捕食者や、その餌となる動物が絶滅するとき、小型の捕食者のほうは体を小さくし、さらに食べるものを根本から変え、腐肉や植物をあさるようになっていきました。

パルモ (ブロガー)

森の中と開けた環境の中では、2種類の炭素の同位体が異なる速度で植物に蓄積する。 歯の調査 科学者らは、サーベルタイガーの犬歯を中心に、ラ・ブレアで採集した、アメリカライオン、ダイアウルフ、クーガー、コヨーテ、ハイイロオオカミ、草食動物の化石化した歯を700個以上調べている。 photo by iStock 深い感情を持ち合わせているのは人類だけだと考えているとしたら、それはおごりというものだ。

「サーベルタイガーといえば、バイソンを倒す典型的なイメージがありますが、実際には何の裏付けもありません」と、研究を主導した米ヴァンダービルト大学の古生物学者、ラリサ・デサンティス氏は言う。

[B! 動物] 湖で溺れそうになっていた子鹿を救った犬の元へ、母鹿と子鹿が会いに来た! : カラパイア

さらに、草食動物の体に残った同位体は、彼らを捕食した肉食動物の体内へと移る。

16
仲間の死を悼む象 野生動物のなかでも、仲間の死を悼む動物として知られるのが象である。

絶滅動物サーベルタイガー、驚きの暮らしが判明

鍵となったのは、メガテリウムやマンモス、マストドンといった、北米の大型草食動物たちが姿を消した後で、獲物の変化に柔軟に対応できたかどうかという点だった。 そのは、なことはもちろん、的にもがある。 1トン、2トンは当たり前のなので安定感のあるやつらばかりなんだ。

17
あえて避けずに行われているその理由とは? : カラパイア プレビュー 動物界では近親交配がタブーではない。