常温核融合(Cold Fusion)の世界へ

過去の「確かと考えられる」データに向き合い、各事象を説明できる一貫した理論を構成します。 日本では周囲を海に囲まれており、核融合の有力な燃料と目されているが海水から幾らでも回収ができ、エネルギー自給自足が悲願である日本の核融合開発研究は(の開発を除けば)世界でもトップクラスである。 本書では、当分野の第一人者が、「常温核融合」とその発展系である「凝集系核科学」の最新の研究状況を報告するとともに、著者らの理論を詳しく解説します。

多くの疑問が投げかけられ、信憑性がないという結論に しかしここで論文の弱点があぶり出されることになる。 日本の悲願 一方、日本では1960年代~1970年代の高度経済成長期より、電力需要の増大に伴う海外へのエネルギー依存度は高まる一方で、1960年代にほぼ成長の止まった水力発電に替わり、1970年代以降にはへと切り替えられていった。

2/26 BSプレミアム

ジョーンズの研究室を見て、 明らかに自分達のアイディアが盗まれたと感じたのだという。

これらの成果を含め、常温核融合は、研究者によって理論が異なっており、まだまだ研究の発展段階にあります。 核分裂反応からエネルギーを抽出する方法が確立して約半世紀が経っていた当時、まだ世の中では「核融合反応など夢のまた夢」と語られていた時代に、核融合が、しかも室温で起きたとされる事件のことだ。

大山パワー

しかも、ユタ大学の常温核融合に対して、低温での核融合「ミューオン触媒核融合」を研究していた米ブリガムヤング大学のジョーンズ教授との間で、先取り権争いや研究資金の争奪戦などが勃発。

19
彼が実験を命じた大学院生のナイジェル・パッカムが1分間に100万個のトリチウムを観測したという。 そして 3月23日、ポンズ達は記者会見を行う。

大山パワー

と言うのは、これだけ画期的な技術の場合、世界中で追試がなされるのは明らかであり、意図的な捏造だったらその過程でバレるのは間違いないからである。 電極反応での常温核融合への挑戦 1943年、ポンズはノースカロライナ州で生まれた内気な科学実験好きの少年だった。 The Science of the Cold Fusion phenomenon, Elsevier Science, 2006. そもそも核融合とは重水素の原子核を核融合反応させることで膨大なエネルギーを取り出すという技術である。

8
ポンズは名の知られた科学者になりたいという大きな野望を持っていたという。

常温核融合の研究の現状と今後について

たしか岩手大の山田先生らの熱心な努力もあって発足した。 錬金術の概念と連続するからだ。

10
極めて微細な空間で起きるとされる「凝集核融合」が高橋名誉教授によって提案されている。 これはまさに常温核融合の世界の構図を示している。

自動車メーカーの常温核融合研究

この核融合を常温で簡単な設備で実現できればというのは科学者の夢でもあった。 唯一の期待は、後述するように三菱重工業が精力的に研究を進めていること、常温核融合の研究発表会にトヨタやホンダの 研究者も毎年参加しており、これらの自動車メーカーの研究室の奥深くで秘密の研究が行われていることを窺わせることである。

なぜ自動車メーカーばかり常温核融合に興味を示すのか。

ついに常温核融合を成功させた科学者は日本人

また、起こっている物理現象のカテゴリーも、当初考えられた「低温」核融合とは異なる物理メカニズムであることが認識されるようになりました。

17
今回はを巡るスキャンダルの話 前回のが研究不正ギリギリだったのですが今回は一線を超えてしまった科学者の話です。

常温核融合の研究の現状と今後について

重水を電気分解するとマイナスの電極からは重水素が発生するが、この時に電極にパラジウムを使用するとパラジウムの水素貯蔵性によってパラジウムの中に重水素が蓄積する。 まあ 現実には後で「間違ってましたごめんなさい」で撤回される論文ってのは決して少なくないし、そのことから新たな発見につながる事例もあるんですが。 常温核融合の真実」、1997年、工学社 ISBN-13: 978-4875932147• 後者の場合もリカバリーはかなりしんどい思いをすることになります。

しかし1997年、わずかな異常発熱現象は認められるが、実用的なエネルギー取り出しは不可能との見解をもって幕を閉じ た。